1888(明治21)年12月31日時点の 人口ピラミッド 1920(大正9)年10月1日 (第1回国勢調査) 1940(昭和15)年10月1日 (第5回 … 令和元年(2019)人口動態統計の年間推計 . B.R. 添付ファイル. コロナ禍の今こそオススメのリビング&寝室用加湿器シャープHV-L55. 日本の成人の糖尿病有病者数は739万人。日本は2015年の調査では世界ランキングの9位だったが、2017年の調査では上位10位から外れた。 日本は65歳以上の糖尿病人口が多く、2019年のランキングでは世界第6位の490万人となっている。 8秒に1人が糖尿病のために亡くなっている 適切な糖尿病の治療 … 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 今後、人口爆発が予想されている74億人の2019年の全世界の人口ピラミッドは下図のとおりです。 出典:PopulationPyramid.net. ホーム; 人口ピラミッド; ページの先頭へ戻る↑ サイトマップ; リンク集; サイトご利用にあたって 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル6F アクセスマップ 電話:(03)3595 … 日本・全都道府県市区町村・政令指定都市・人口推移・変化・変遷・増減率・人口ピラミッド(年齢別・男女別人口)・高齢化率等各種人口統計・ランキング, Copyright © 人口・面積・人口密度・ All Rights Reserved.Powered by FC2ブログ, http://demography.blog.fc2.com/blog-entry-1163.html, 【2019年】平成最後の人口推計1月報。日本の総人口、人口ピラミッド、年齢3区分別人口。+人口推移, 総務省統計局ホームページ/人口推計(平成30年(2018年)8月確定値,平成31年(2019年)1月概算値) (2019年1月21日公表), ➡日本の人口動態~出生数・死亡数・自然増減数・死産数・婚姻件数・離婚件数~の推移 1947年~2014年(昭和22年~平成26年), ➡日本の出生数(総数・男女別)・出生率・出生性比・合計特殊出生率の推移 1872年~2013年(明治5年~平成25年), ➡日本の出生数・死亡数・自然増減数・出生率・死亡率・自然増減率の推移 1872年~2014年(明治5年~平成26年), ➡日本の年齢3区分別人口及び割合の推移~老年人口・生産年齢人口・年少人口, 高齢化率~ 1920年~2015年(大正9年~平成27年), こどもの数及び総人口に占める割合の推移 1950年~2015年(昭和25年~平成27年), 【長寿大国】15年で372%増!50年で400倍!日本の百歳以上高齢者人口【地図&グラフ】, 【富谷市誕生】わかりやすい富谷市人口統計!宮城県黒川郡富谷町市制施行記念【2016】, ダライ・ラマの大学卒業式招待に反発。カリフォルニア大学サンディエゴ校の中国人留学生の団体。, 2018 FIFAワールドカップ ロシア 出場32ヵ国地図 & 最新FIFAランキング(2018年6月7日現在)& 開催都市地図, 欧米先進国と日本の合計特殊出生率の推移比較 1950~2013年(昭和25~平成25年)日本・アメリカ・フランス・ドイツ・イタリア・スウェーデン・イギリス, 2018年最初の人口推計。日本の総人口、人口ピラミッド、年齢3区分別人口。+人口推移1920年~2015年, 中華人民共和国・地域・直轄市・省・自治区別人口分布・人口比率 出典:中国統計年鑑2019 (08/22), グレートブリテン及び北アイルランド連合王国4ヵ国の人口推移 1971~2018年【イギリス】 (04/13), イギリス・グレートブリテン及び北アイルランド連合王国の人口推移一覧 (04/13), イギリス[グレートブリテン及び北アイルランド連合王国]の人口推移 1871年~2018年 (04/12), 【2020年】令和2年最初の人口推計報。日本の総人口、人口ピラミッド、年齢区分別人口。+人口推移 (01/31), 【2019年】令和最初の人口推計報。日本の総人口、人口ピラミッド、年齢区分別人口。+人口推移【令和元年】 (06/03), 旧一志郡美杉村【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (06/03), 旧一志郡白山町【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (06/02), 旧一志郡一志町【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (06/01), 旧一志郡香良洲町【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (05/31), 旧安芸郡安濃町【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (05/30), 旧安芸郡美里村【津市】の国勢調査人口統計推移 1960年~2005年(昭和35年~平成17年) (05/29). 令和元年(2019) 人口動態統計の年間推計 この資料は、厚生労働省のホームページに掲載しています。 掲載場所:「統計情報・白書」→「各種統計調査」→「最近公表の統計資料」 人口ピラミッドのデータ(1965~2065年) 人口ピラミッド画像の元データはこちら. 見たところ、 ピラミッド型とつりがね型の中間 のような形をしています。 まあ、世界全体で見れば、 人口安定期と言うよりも、まだまだ人口増加期 といえると思い … 日本人人口は1億2421万8千人で、前年に比べ43万人(0.35%)の減少と8年連続で減少しています。 15~64歳人口の割合は59.7%で、1950年以降過去最低 15歳未満人口は1541万5千人で、前年に比べ17万8千人の減少となり、割合は12.2%で過去最低となっています。 2020.11.25. 平成27(2015)年 国勢調査人口等基本集計結果 結果の概要 第1部 結果の解説, http://www.stat.go.jp/english/data/jinsui/tsuki/index.html, https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/index-w.html, 日本は今、史上4度目の人口減少・減退期を迎えています | 2030年の「働く」を考える, http://jp.reuters.com/article/idJP2016122101001874, 日本人の深刻すぎる「セックスレス」をデータで検証する(吉村 泰典) | 現代ビジネス | 講談社(1/4), http://www.stat.go.jp/data/nenkan/index1.html, http://www.stat.go.jp/data/nihon/pdf/16nikkatu.pdf#page=7, 平成21年(2009)人口動態統計(確定数)の概況 第2表-2 人口動態総覧(率)の年次推移, 『女の幸せ』はやはり出産か 「結婚」「子供は3人」がいい…浮かび上がる現代女性の幸福度、地域別は“西高東低”, http://www.japantoday.com/search?q=japan+fertility+2010, Japan's birthdate drops to 1.03 million, number of deaths keep increasing, “Japanese women have world's longest life expectancy at 86.41 years”, http://www.nydailynews.com/life-style/health/japanese-women-icelandic-men-live-longest-article-1.1408778, 人口推計(平成29年10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐, 人口推計 - 平成21(2009)年10月1日現在 ‐ 全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐, 図1 人口/早わかり グラフでみる長期労働統計|労働政策研究・研修機構(JILPT), 図2 都道府県別/早わかり グラフでみる長期労働統計|労働政策研究・研修機構(JILPT), 図3 地域間移動/早わかり グラフでみる長期労働統計|労働政策研究・研修機構(JILPT), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本の人口統計&oldid=80550200. 実は2015年~2020年頃までの日本は人口ピラミッド的には非常に良い時期となっています。団塊ジュニアと呼ばれる第2次ベビーブーム(1971年~1974年)に誕生した世代が40歳前後となり、消費が活発な時期が続いているからです。 Other indicators visualized on maps: (In English only, for now) Adolescent fertility rate (births per 1,000 women ages 15-19) 推計項目. 続いて日本人口ピラミッド(2015年) 人口関連指標による日中比較(2015) ※高齢化率 全人口に占める65歳以上人口比率 ※生産年齢人口比率 中国では15~59歳とされていますが、日本との比較のため全人口に占める15~64歳人口比率としています. 中学生からの質問(社会)に進研ゼミが回答します。【世界と比べてみた日本の特色】人口ピラミッドの見分け方について。進研ゼミ中学講座は、中学生に必要な力をより効果的・効率的に伸ばすために一人ひとりにぴったりの学習教材を用意しています。 年間推計の全体版を見たい場合は、印刷用資料のpdfファイルをご覧ください。 調査の概要. そこで、今回は「日本の人口ピラミッド ... 尚志高校サッカー部選手の出身チームは?(2019年版) 2019.04.13 2020.11.25. これが日本の人口ピラミッドが抱える問題です。 G7の人口ピラミッド. 日本の人口ピラミッド(2019年) 「日本の人口統計」も参照. 100歳以上:  9千人 0.0% 0~19歳 :1,075.4万人 17.5%(前年より少ない) 20~64歳:3,513.0万人 57.1%(前年よりやや少) 65歳以上:1,561.7万人 25.4%(前年より多い) 日本の出生数・死亡数(2019年の年間・月次データ)を紹介します。毎月75,000人くらいの赤ちゃんが産まれ、毎月115,000人くらいの方が亡くなっています。地域の火葬場では、毎日2~3名くらいの方が火葬されています。厚生労働省の人口動態統計速報(令和元年12月分)のデータより。 ホームへ戻る. では、G7の他の国ではどうでしょうか? アメリカ合衆国. 総人口は1億2616万7千人で,前年に比べ27万6千人(0.22%)の減少と9年連続で減少しています。 日本の人口統計(Demographics of Japan)は、総務省統計局がまとめる国勢調査(国調)または各都道府県による人口統計値を表したもの。日本はOECD諸国の中で最も少子高齢化が進んでおり、世界のどの国も経験したことのない速度で人口の少子化・高齢化が進行している[9]。, 日本の人口統計は、明治5年(1872年)に壬申戸籍を編纂した際、総人口は3311万人と集計されたが、役所の戸籍簿の集計で直接の人口調査ではない。また1919年(大正8年)までの人口統計は、壬申戸籍に対する増減をもとに算出したものであるため正確性に疑問があり、1920年(大正9年)の第1回国勢調査で初めて直接調査が行われた。, 明治の初めまでは、約3,000万人程度で推移していた。貧しい農民たちが間引き(子殺し)を行っていたことが人口抑制の原因とみられる[11]。, 開国後に日本の人口の急増が始まった。1872年(明治5年)の段階では3480万人だった日本の人口は1912年(明治45年)に5000万人を突破し、1936年(昭和11年)には6925万人に達していた。これは間引きが罰せられるようになったことで大家族の家庭が多くなったのに加え、明治以降の保健・医療など公衆衛生水準の向上、農業生産力の増大、工業化による経済発展に伴う国民の所得水準の向上と生活の安定などの要因により発生した人口爆発だった[12]。, 日本の出生率低下は戦前から始まっていたが、戦時中の出産先送り現象のため終戦直後の1940年代後半にはベビーブームが起き、出生数は年間約270万人に達した。ちなみに、1947年(昭和22年)の合計特殊出生率は4.54。1948年(昭和23年)に人口8000万人だったのが、1956年(昭和31年)には9000万人、1967年(昭和42年)に1億人を超えた。当時において日本は中国、インド、アメリカ、ソ連、インドネシア、パキスタンに次ぐ第7位の人口を有する国となった。100年の間に総人口が3倍に増えた計算となる。その後も人口増加を続け、2008年に1億2808万人でピークを迎えている[12][13]。, しかし、この間の出生数でみると、1950年代には希望子供数が減少し、1948年(昭和23年)に合法化された人工妊娠中絶の急速な普及をバネに出生数は減少し、1961年(昭和36年)には、出生数159万人(合計特殊出生率1.96)にまで減少した[14]。, その後、出生数が若干回復傾向を示し、1960年代から1970年代前半にかけて高度成長を背景に出生率は2.13前後で安定する[* 1]。このとき、合計特殊出生率はほぼ横ばいであったが、出生数は増加し、200万人以上となったため第二次ベビーブームと呼ばれた。, 1973年(昭和48年)がピーク(出生数約209万人、合計特殊出生率 2.14)で。1974年(昭和49年)には人口問題研究会が主催し、厚生省(現:厚生労働省)と外務省が後援して世界人口会議に先駆けた第1回日本人口会議では、人口爆発により発生する問題への懸念から「子どもは2人まで」という趣旨の大会宣言を採択するなど人口抑制政策を進めた。国際連合総会では1974年(昭和49年)を「世界人口年」とする決議をし、ルーマニアのブカレストで開催された世界人口会議では主として発展途上国の開発との関連において人口対策を論議し、先進国、発展途上国共に人口増加の抑制目標を定めて人口対策を実施する旨の「世界人口行動計画」を満場一致で採択した。第一次オイルショック後の1975年(昭和50年)には出生率が2を下回り、出生数は200万人を割り込んだ。以降、人口置換水準を回復せず、少子化状態となった。[15][16][17][18], その後さらに出生率減少傾向が進み、1987年(昭和62年)には一年間の出生数が丙午のため出産抑制が生じた1966年(昭和41年)の出生数約138万人を初めて割り込み、出生数は約135万人であった。1989年(昭和64年・平成元年)の人口動態統計では合計特殊出生率が1.57となり、1966年(昭和41年)の1.58をも下回ったため「1.57ショック」として社会的関心を集めた[19]。同年、民間調査機関の未来予測研究所は『出生数異常低下の影響と対策』と題する研究報告で2000年(平成12年)の出生数が110万人台に半減すると予想し日本経済が破局的事態に陥ると警告した[20]。一方、厚生省(現・厚生労働省)の将来人口推計は出生率が回復するという予測を出し続けた[21]。1992年度(平成4年度)の国民生活白書で「少子化」という言葉が使われ、一般に広まった。さらに、1995年(平成7年)に生産年齢人口(15-64歳)が最高値(8,717万人)、1998年(平成10年)に労働力人口が最高値(6,793万人)を迎え、1999年(平成11年)以降、減少過程に入った。, その後も出生率の減少傾向は続き、2005年(平成17年)には、出生数が約106万人、合計特殊出生率は1.26と1947年(昭和22年)以降の統計史上過去最低となり[14]、総人口の減少も始まった。2005年(平成17年)には同年の労働力人口は6,650万人、ピークは1998年(平成10年)の6,793万人であったが、少子化が続いた場合、2030年には06年と比較して1,070万人の労働力が減少すると予想される[22]。, その後、若干の回復傾向を示し、2010年(平成22年)には出生数が約107万人、合計特殊出生率が1.39となった[23]。なお、2011年(平成23年)の概数値は、出生数が約105万人、合計特殊出生率が1.39であった[24][25]。, しかし15歳から49歳までの女性の数が減少しており、そのため合計特殊出生率が上昇しても出生数はあまり増加せず、2005年(平成17年)に出生数が110万人を切って以降、出生数は110万人を切り続けていた[14]が2016年(平成28年)の出生数は推計で98万人で、1899年(明治32年)の統計開始以降初めて、100万人を割り込み2017年(平成29年)の出生数が94万人、2018年(平成30年)の出生数が91万人と100万人の割り込みが続いている[26][27][28][29]。, 2019年10月時点の総務省の推計で、元号別の日本人人口は以下のようになっている。, 厚生労働省の人口動態統計によると、1980年(昭和55年)以降20代の出生率は低下し、30代の出生率は上昇しているが、全体の出生率は下がり続けている。また、1980年(昭和55年)ごろまでは、20代後半で産む割合が5割以上であったが、それ以降減少し、2003年(平成15年)には30代前半よりも低くなり、2009年(平成21年)には、約3割にまで減少している。さらに、30代後半で産む割合が増加傾向であり、2009年(平成21年)には約2割にまで上昇している。1980年(昭和55年)以降、未婚率、平均初婚年齢、初産時平均年齢は上昇している。1972年(昭和47年)から2002年(平成14年)までの調査では、完結出生児数は2.2人前後と安定した水準を維持しており、合計特殊出生率は低下しても、結婚した女性に限れば産む子供の平均の数は変わらなかったが、2005年(平成17年)の調査から出生児数の低下がみられ、2015年(平成27年)の完結出生児数は1.94人まで低下した[38]。, 2002年(平成14年)の第12回出生動向基本調査によると、結婚持続期間が0-4年の夫婦の平均理想子供数と平均予定子供数は上の世代より減少しており、少子化の加速が懸念される。, 2017年の人口推計では、沖縄県以外のすべての都道府県で死亡者数が出生数を上回り、自然増減率がマイナスに転落した。2018年の推計では、沖縄県は自然増減、社会増減ともプラス、南関東4県、愛知県、福岡県は自然減少を社会増加で補ってプラスを維持しているが、大阪府や島根県など8県は社会増加よりも自然減少の方が大きい。それ以外の32道県は自然増減、社会増減ともマイナスとなっている。, 1971年(昭和46年)-1974年(昭和49年)のベビーブームを含め、ほぼ2.1台で推移していたが、1975年(昭和50年)に2.00を下回ってから低下傾向となり、2005年(平成17年)には1.26にまで落ち込んだ。その後、2006年(平成18年)には6年ぶりに上昇し、2002年(平成14年)と同率となり、2017年(平成29年)現在では1.43となっている[27][40]。, ただし、厚生労働省は、2000年代後半に30代後半であった人口の多い団塊ジュニア世代の駆け込み出産や、景気回復などを上昇の要因に挙げており、景気の悪化による影響に注意したいと述べている[41]。, 厚生労働省の1998年(平成10年)から2002年(平成14年)までの人口動態統計によると、市区町村別の合計特殊出生率は東京都渋谷区が最低の 0.75 であり、最高は沖縄県多良間村の 3.14 であった。少子化傾向は都市部に顕著で、2004年(平成16年)7月の「平成15年人口動態統計(概数)」によれば、最も合計特殊出生率が低い東京都は全国で初めて 1.00 を下回った(発表された数字は 0.9987 で、切り上げると1.00となる)。一方、出生率の上位10町村はいずれも島(島嶼部)であった。, 首都圏(1都3県、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)については、20-39歳の女性の約3割が集中しているにもかかわらず、出生率は低く次の世代の再生産に失敗している。そのため、「都市圏の出生率が低くても地方から人を集めればいいという安易な発想は、日本全体の少子化を加速させ、経済を縮小させる。」との指摘がある[要出典]。, 2005年以降[42]は、都市部で低い傾向に加え、西日本を中心に合計特殊出生率が大幅に改善したことを受けて、西日本で高く東日本で低い傾向が新たに表れている[43]。2018年の都道府県別合計特殊出生率では、上位10県のうち6県を九州沖縄地方が占め、残りも島根、鳥取、香川と西日本に集中した[44]。これらを受けて、九州各県は人口予測を上方修正している[45]。, 一方で、出生率下位の都道府県を見ると、北海道がワースト2位、宮城県がワースト4位に入ったほか、決して都市部とは言えない秋田県ですらワースト6位の1.33で、埼玉県や千葉県、大阪府を下回る神奈川県並の水準となった[44]。他の東北地方も総じて低水準となっている。西日本で特に高い水準にある島しょ部の出生率も、北日本では低くなっている。このような傾向がみられる要因として、西日本の方が東日本よりも女性の社会進出率[46]や女性の幸福度が高いことなどが挙げられている[47][48][49]、が明確なことはわかっていない。, 2018年の都道府県別合計特殊出生率が最も高かったのは沖縄県で1.89、次いで島根県1.74であり、上位県でも人口置換水準を下回っている[50][51]。一方、最下位の東京都が1.20、次いで北海道1.27であった。, なお、戦前の1925年の統計では、合計特殊出生率上位5県が東北北海道で占められ、沖縄県が全国最低水準、その他下位も三府を除けば、兵庫県、岡山県、福岡県、高知県、山口県であり、現在とは逆の傾向であった。, 2019年(令和元年)5月1日時点の日本人の数は123,900,068人である[10]。日本は人口減少社会に突入している。, 2018年末時点での外国籍者数は2,731,093人となっている[61][62]。, 年齢3区分別の人口は、年少人口(0-14歳)は1743万5千人で前年に比べ15万人の減少、生産年齢人口(15-64歳)は8373万1千人で69万1千人の減少となっているのに対し、老年人口(65歳以上)は2660万4千人で84万3千人の増加となった。, 総人口に占める割合は、年少人口が13.6%、生産年齢人口が65.5%、老年人口が20.8%となり、前年に比べ、年少人口が0.2ポイント、生産年齢人口が0.6ポイントそれぞれ低下し、老年人口が0.6ポイント上昇している。, 総人口に占める割合の推移は、年少人口は、1975年(昭和50年)(24.3%)から低下を続け、2006年(平成18年)(13.6%)は過去最低となっている。生産年齢人口は、1982年(昭和57年)(67.5%)から上昇を続けていたが、1992年(平成4年)(69.8%)をピークに低下している。一方、老年人口は、1950年(昭和25年)(4.9%)以降上昇が続いており、2006年(平成18年)(20.8%)は過去最高となっている。, 最新の生命表である「平成27(2015)年完全生命表」によると、平均寿命(0歳における平均余命)は、男性:80.75年、女性:86.99年で、前回2010(平成22)年の完全生命表と比較して、男性は1.20年、女性は0.69年上回った。, 平均寿命の年次推移をみると、第二次世界大戦前は50年を下回っていたが、戦後初の1947年(昭和22年)の第8回生命表の平均寿命は男性:50.06年、女性:53.96年と50年を上回った。その後、約60年経過し、男は28.50年、女は31.56年延びている。65歳における平均余命は、男性:19.41年、女性:24.24年となっており、平均余命の年次推移をみると各年齢とも回を追うごとに延びている。, 日本の総人口は今後長期的に減少していくが高齢者人口は増加を続け、2042年に3878万人でピークを迎え、その後は減少に転じると推計されている[71]。, 「2005年(平成17年)10月1日の国勢調査」に基づく「2055年までの将来の人口推計」が、2006年(平成18年)12月に公表されたが[72]、近年の出生率低下や寿命の延びを反映して、前回の2002年(平成14年)推計よりも少子高齢化が一層進行し、本格的な人口減少社会になるとの見通しが示された。, 日本初の戸口調査は紀元前の崇神天皇時代に行われたとされる。7世紀には全国戸籍「庚午年籍」や「庚寅年籍」が作成され、この制度は平安時代初期まで続いていた。, 江戸時代に入ると宗門人別改帳制度が成立した。しかし本格的な全国人口調査が始まったのは18世紀の江戸幕府・徳川吉宗時代からである。, 日本における国勢調査は、1920年(大正9年)に第1回国勢調査が実施された。2010年(平成22年)に実施された平成22年国勢調査で第19回目の調査となる。, 国勢調査開始以前の日本の明治・大正期の人口調査と推定人口に関しては国勢調査以前の日本の人口統計を参照。, 現代の歴史人口学研究者の推定では、日本の人口は8世紀には450〜650万人。1000万人を越えたのは中世後期、早くとも15世紀以降と考えられている。江戸時代前半の17世紀に急増し、18世紀から19世紀は3000万人前後で安定化した。. 令和元年12月24日. 人口ピラミッド: フィリピン - 2019. 人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)結果の要約 全国人口 総人口は27万6千人の減少 総人口,日本人人口ともに9年連続の減少. International historical statistics: Africa. 日本国籍. 2019年12月末現在人口統計ピラミッド(日本人と外国人)(pdf形式38kb) 2019年12月末現在人口統計ピラミッド(日本人のみ)(pdf形式37kb) まずは、アメリカから見ていきましょう。 画像:PopulationPyramid.net 世界の人口ピラミッド. 2019年(令和元年)5月1日時点の日本人の数は123,900,068 人で ... 2050年の日本の 人口ピラミッド 国連推計値) 2100年の日本の 人口ピラミッド(国連推計値) 歴史的人口統計. 令和元年の出生数、死亡数、婚姻件数、離婚件数及び死産数. ベビーブームにより人口が前後よりも多い世代. 4 日本の人口ピラミッド の ... 世界の姿 2019.2.19 白夜の反対の言葉は?どういった理由で起こる現象なの?? 世界の姿 2018.8.11 【中学地理】時差の計算やり方はこれでバッチリ!徹底的に問題解説! 世界の姿 2018.8.11 【中学地理】世界の気候区分!覚え方と練習問題に挑戦! 世界の姿 … 今週の人気記事 Top20. 調査の概要 [78kb] 対象 日本における日本人. つづいて、高齢化とは反対に、日本の年少人口 (0~14歳)の推移を、10年ごとの人口ピラミッドグラフから読み取り 少子化が進んでいるかどうか を推移表を用いて見ていきます。 2019年の日本の年少人口 … 日本の年齢3区分別人口比率 2019年/平成31年1月1日現在 (概算値) 男:6146万人 女:6486万人 総人口:1億2632万人 0~14歳 1539万人 15~64歳 7581万人 65歳以上 3562万人 男 788万人: 6.24% 女 751万人: 5.95% 男 3811万人: 30.17% 女 3720万人: 29.45% 男 1548万人: 12.25% 女 2015万人: 15.95% 0~14歳 1539万人 15~64歳 7581万人 65歳以上 3562万人 男 788万人 女 751万人 男 3811万人 女 3720万人 … Asia & Oceania 1750–2000. Mitchell. 1947年-1949年生まれ 第一次ベビーブームで出生数は250万人を超える。 1971年-1974年生まれ 第二次ベビーブームで出生数は200万人を超える。 前後の年と比べて極端に人口が落ち込 … 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 日本の社会は、人口の高齢化が世界に類を見ない速度で進行し、「超高齢社会」と言われるようになりました。 このような中で、総務省統計局では、毎年9月の「敬老の日」に際し、高齢者の人口や就業状況、家計収支などについて、「統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)」(統計トピックス)として取りまとめ、公表しています。この公表に当たっては、公益財団法人フォーリン・プレスセンターから、外国メディアに対す …