18年は東アジアが28.0%と最も多い旅行先となり、東南アジアも21.9%と伸び、ヨーロッパ・ロシアは13.7%と大きく減少しました。 この背景には、日本とアジア各都市を結ぶLCCの普及したこと、韓流“ブーム”の始まりと“日常”への定着、ウエブによる予約の簡便化などが考えられます。 他方、多くの東アジア諸国を含む「低開発国を除く途上地域」の人口は、1950 年の 15 億2,495 万人から1980 年に29 億7,815 万人、2010 年には48 億2,766 万人に増加 雑誌・フリーマガジンの購読| データを活用することやデータに基づいた迅速な意思決定・アクションが、 あなたも「Data Empowerment」を実現してみませんか?, Data Empowermentは、働くひとのパフォーマンスを最大化するもの」とわれわれは考えています。 WAF2019では、そんな未来へのワクワクを感じるセッションや展示をお届けします。. PRESENTED by WingArc1st Inc. アジア : データ表─ 人口増加率(%) お好みの情報を調べるために次へ進み“検索”をクリックして下さい。 指標「人口増加率(%) 」右隣のリンクをクリックで、表のデータをCSVでダウンロードする事ができます。 東アジアの急激な人口減 日本の少子高齢化と出生率の低さは世界的に有名で、子供用おむつより大人用おむつが多く売れる国として紹介された。 ところが東アジアの国は皆、出生率の低下に悩んでいて、比較すると日本はマシな方だった。 28 表-2 1950~2050年における年平均人口増加率の推移(%) 年次 東アジア 東南アジア 中国 香港 マカオ 北朝鮮 日本 モンゴル 韓国 台湾 ブルネイカンボジア東ティモールインドネシア ラオス マレーシアミャンマーフィリピンシンガポール 1950-55 1.87 4.64 -0.97 -0.89 … 情報掲載について| 採用情報| 近年の日本社会では、在日外国人、特にベトナム人の増加が目立ちます。法務省の発表によれば、2019年末の時点で在留外国人の数は293万3,137人で,前年末に比べ20万2,044人(7.4%)増加となり、過去最高となりました。その中でもベトナム人数は41万1,968人で、2018年末時点と比べて8万1133人 … 広告掲載について| なぜか理由はわからないが、東アジア諸国では感染者数の爆発が抑制されており、また人口あたりの死亡者も欧米ほど増えていない事実 14日の テレビ朝日 のワイドショーで、玉川徹氏が「このままでは2週間後に東京はNYのようになってしまうかもしれない」と警鐘を鳴らしていました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); FQ JAPAN 男の育児onlineについて| 南と東には太平洋、西と北は山地に囲まれています。 関東地方には、日本の政治・経済の中心である首都東京があります。 その東京を中心に、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県にかけて広がる東京大都市圏には、日本の人口のおよそ4分の1が集中しています。 日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介さんにお話を聞く人気連載「里山資本主義的子育てのすすめ」。世界各地で少子化の波が来ているのに、なぜ世界全体では人口が増えているのか?, 以上みたように、東・南・東南アジアと、欧米では、大なり小なり少子化が進んでいる。それでは、なぜ世界の人口は爆発に向かっていると言われているのか。それは、中央アジア、西アジア、アフリカの3地域にはまだ少子化が及んでいないからだ。いずれも、ムスリムが多数を占める地域である。, ムスリムの聖典コーランは、避妊を禁じている。日本でいえば飛鳥時代に書かれたものなので、医療水準の向上した現代にその通りにすれば、人口増加は免れない。ということで、同じムスリム国家でも中流層の形成が進んだマレーシアやイランなどでは少子化傾向が観察される。しかし貿易センタービルテロ以降、ムスリム原理主義が世界に広まる傾向にあり、教え通りに避妊を避ける家庭が増えることで、他の多くのムスリム国家では子供が増え続ける結果となっている。, ウズベキスタンなど中央アジア5ヶ国は旧ソ連圏だが、10%増・133と人口急増の趨勢が続く。ソ連解体はロシアの敗退のように言われるが、このような中央アジアと国を分かったことは、人口急増の中央アジアから少子化するロシアへの人口流入を防ぎ、宗教対立を未然に避けた、賢い選択だったと筆者は思っている。, パキスタンからアラブ諸国、トルコまでを含む西アジアでも、7%増・124と同様の傾向が続く。そしてアフリカでは、13%増・211と、驚異的なペースで「多子化」が進展している。現在12億人弱のアフリカの人口は、10年〜15年後には中国を逆転するとみられる。, だが、この傾向がいつまでも続くとは筆者には思えない。中央アジア・西アジア・アフリカは乾燥地帯が多く、人口支持力には限界がある。貧富の差が激しく中流層の形成が進んでいないので出生率がなかなか下がらないわけだが、長期的な趨勢としては、経済発展に成功して出生率が下がって行く国々と、出生率は高いが経済発展が遅れ死亡率が高くて人口が伸び止まる国に二極分化していくのではないかと思われる。. 年平均人口増加率は1950-1955年に1.79%にはねあがり、そのまま上昇を 続けて1965-1970年にはおそらく人類史上最大の2.04%に達した。世界人口の増加率は、(世界 人口の5分の1を占める中国の人口増加率が低下したことにより)その後低下に転じたが、1987年 Copyright © WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 個人情報保護方針| 貧富の差が激しく中流層の形成が進んでいないので出生率がなかなか下がらないわけだが、長期的な趨勢としては、経済発展に成功して出生率が下がって行く国々と、出生率は高いが経済発展が遅れ死亡率が高くて人口が伸び止まる国に二極分化していくのではないかと思われる。 東南アジア諸国連合・ASEAN Association of South‐East Asian Nations 「ASEAN」とは、東南アジア10か国の経済・社会・政治・安全保障・文化に関する地域協力機構。 本部所在地はインドネシアのジャカルタ。 東南アジア10か国から成るASEAN(東南アジア諸国連合)は,1967年の「バンコク宣言」によって設立されました。 原加盟国はタイ,インドネシア,シンガポール,フィリピン,マレーシアの5か国で,1984年にブルネイが加盟後,加盟国が順次増加し,現在は10か国で構成されています。 201… 高い人口増加率を維持する大きな理由となってい る。 途上地域の人口増加率の低下は各地域で例外な く起こっている。1950年-1960年代に年率2.5% 前後の増加を記録したアジア、ラテン・アメリカ (カリブ海を含む)の人口増加率はその後低下を続 近視人口は世界中で増え続け、2050年には世界人口の約半数が近視になるという予測があります。この状況に危機感を抱く国々はすでに対策をスタート。学校のカリキュラムに、近視対策を取り入れている国もあるのです。いま、世界中で近視の人が増えています。 東アジア(ひがしアジア)は、ユーラシア大陸の東部にあたるアジア地域の一部を指す地理学的な名称である。 北西からモンゴル高原、中国大陸、朝鮮半島、台湾列島、日本列島などを含む 。 北東アジア(東北アジア)、極東、東亜などと呼ぶ場合もある。 データを活用することやデータに基づいた迅速な意思決定・アクションが、 採用情報| インドの人口、10年以内に中国を抜き世界一に 国連推計 CNN.co.jp - www.cnn.co.jpインドの人口、10年以内に中国を抜き世界一に 国連推計 - CNN.co.jp インド、1日で7.8万人が新型ウイルスに感染 世界最多を更新 BBCニュース - www.bbc.com インド、1日で7.8万人が新型ウイルスに感染 世界最多を更新 - … 導入実績10万社「ジョブカン」が見据える未来のHR, 濃い霧のかかったゴルフコースのような時代をどう生き抜くか?DXインフルエンサー内田氏が提唱する3つの変革, 《図解》いまさら聞けないクラウド用語: SaaS、PaaS、IaaSってどういう意味?そしてその違いとは?, いまさら聞けないIT用語:「マクロ」とは? VBAとの違い、できること、Excelマクロの初歩など基本を解説, 【意外と知らない】GDP(国内総生産)について徹底解説!日本はこれからも経済大国の地位を守れるのか?, 《図解》 PDCAとの違いは?現場に強いビジネスメソッド「OODA(ウーダ)ループ」とは?, 図で理解すれば早い!BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)とは? 事例から見るBIツールのメリット, 「世界人口が今後30年で減少に転じる」という、常識を覆す「未来予測」の真意 Wired, 日本のプラスチックごみ対策は遅れている! リサイクル率86%のカラクリや直面中の課題とは?, 【「小さな政府」「大きな政府」】日本の公務員の数を起点に考える、日本の政府のあり方. 世界の半分以上がアジア圏に住んでるらしいですが、なぜアジアはそんなに人口が多いのでしょうか?中国・インドと世界最多人口1位・2位を始めとして、日本・インドネシア・フィリピン・バングラデシュ・パキスタンなど億の人口を抱える国 人口が多い国といえば誰もが思い浮かべるのが中国とインドでしょう。事実この両国を合わせると人口は27億人にもなります。 他国と比べると、次に人口が多い20ヶ国をすべて合わせても26億人しかいませんし、残りの170ヶ国には20億人しかいません。圧倒的な人口の多さです。 ”人口は力(ちから)”という言葉もありますが、多すぎる人口を どうやって食べさせるかという課題があります。 インドの人口が多い理由は? インドの人口が多い理由は ・社会的インフラが整って寿命が伸び、新生児の死亡率が減少した お問い合わせ, FQ JAPAN 男の育児onlineについて | 情報掲載について| .st0{fill:#FFFFFF;} 時間を節約し効率化する、クリエイティビティの求められる業務にフォーカスするための力になるからです。 個人情報保護方針| アジアの人口増加や中間層の増加、これらが世界経済を安定させる理由の1つであることが分かりました。 次回は、貧困層から中間層に対してのビジネス(BOPビジネス)についてお伝えします! 希望出生率の低下の背景には、女性が男性と同様に教育を受けられるようになり、自分の進路やキャリアを選択できる女性が増えたことで、, さらに、国際連合は、現時点での出生率や死亡率を参考に、2100年までの世界人口の推移を推計しています。, 最新版となる2018年度に発表された推計では、人口の推移を下記の図のように予測しています。, 異なる国の間での比較に便利なのが、一人の女性が生涯に何人の子供を持つかという指標である合計特殊出生率, 合計特殊出生率の低下の背景には、女性たちが自分の人生の選択権を持てるようになったことが挙げられる, SI産業構造のゆがみは、受発注間の「主従関係」が生み出している?——沢渡あまね氏が提示する「いびつなビジネス関係」の正し方, 「立場や役割を超えられない人」はDXをリードできない——伝説のITアーキテクト、中山嘉之氏が語る「越境」の重要性, afterコロナのバックオフィスは「100名規模を“1人”が支える」!? アジア 人材戦略 ... 人口増加とともに急増しているのが、「中間層」そして「富裕層」です。人口増加による市場拡大を見込んだ外資企業の投資が集まっています。それとともに、未整備であったインフラが整い、国内経済が成長しています。 時間を節約し効率化する、クリエイティビティの求められる業務にフォーカスするための力になるからです。 人口分布の中心の位置、つまり日本を大きなシーソーと考えて一点で支えた場合、日本を平衝に保てる「重心(へそ)」がどこかを示したものが「人口重心」。 変遷を見ると、縄文時代は東日本にあったものの、水田稲作が始まった弥生時代以降は西日本に移動する。 明治以降は、北海道への移民や首都圏への人口集中により、東南方向に移動している。 広告掲載について| ヒト自身が、ビジネスを、世の中をアップデートし、“次代”をつくる。 東アジア〜東南アジアの国々が欧米地域のように感染爆発がおこらない原因。covid-19の型が東アジアと欧米では異なるという説もあります。が、東アジア〜東南アジアの地域は ・肥満が少ない ・発酵食品を多くとる習慣がある ・社会が高齢化していない 急増するベトナムからの在留外国人 日本で生活している在留外国人といえば、最近は欧米人も見かけるようになりましたが、やはり東アジア人が多いですよね。特に現在、急増しているのがベトナム人です … 新しい価値を見出せるデータ活用を武器に データのじかん > 新着記事一覧 > 社会 > 人口増加の加速度は落ちてきている?アジアで広がりつつある少子化と地球の人口の未来, しかし、そんな認識に反するように、人口の増加に大きく寄与しているアジア地域では、日本と同様に出生率が低下していることはご存知でしょうか?, 出生率は一定人口に対する年間の出生数で測られる指標。そのなかでも、ニュースなどでよく取り上げられるのが、合計特殊出生率です。この指標は、一人の女性が生涯に何人の子供を持つか、を計測しています。計測方法として、一人の女性が出産可能である期間とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示しています。, 合計特殊出生率を算出することで、異なる母集団であっても出生による人口の自然増減を比較できるようになるため、世界各国で合計特殊出生率が計測されています。, 近年では、乳幼児の死亡率が低下したことで、合計特殊出生率が2.1以上の値を取っていれば、人口は増加傾向にあると考えてよく、逆に合計特殊出生率が2.1以下であれば、人口は減少傾向にあるということになります。, 他にも、人口1,000人当たりにおける出生数を計測する普通出生率なども各国で計測されています。, 日本の合計特殊出生率は1.44(一人の女性が生涯に持つ子供の数の平均は1.44人)、普通出生率は 7.4(1000人あたりの出生数は7.4人)と非常に低い値となっています。, では、今回の記事の主題である東アジア、南アジア地域の合計特殊出生率はどのくらいなのでしょうか?世界平均も参照しながら見てみましょう。, 下の図は、1960年以降の世界と東アジア、南アジア地域の合計特殊出生率をグラフ化したものです。, 1960年頃には5だった世界の合計特殊出生率は、2016年には2.44まで低下しています。, さらに、日本や韓国など、少子化が加速する国を多数含む東アジア地域の合計特殊出生率は、2016年時点で1.8と少子化が進んでいることがわかります。つまり人口増加の加速度は徐々に緩やかになっていきているといえるでしょう。, また、人口増加が加速している印象のインドを含む南アジア地域においても合計特殊出生率は2.46と世界平均を若干上回る程度になっています。, さらに、アジアの中でも日本と関わりの大きい国の合計特殊出生率について詳しく見ていくと、韓国と日本の合計特殊出生率がおしなべて低いことがわかります。また、ほとんどの国の出生率が60年代以降に減少する中で、日本は、60年代にはすでに出生率が2を割る値をとっており、少子化先進国であることがわかります。, このような合計特殊出生率の低下の背景には、新生児の死亡率低下など、様々な要因が考えられますが、一番の理由は、女性の希望出生率が低下してきている、ということだと考えられます。, 希望出生率の低下の背景には、女性が男性と同様に教育を受けられるようになり、自分の進路やキャリアを選択できる女性が増えたことで、「子供を生む」ということが人生の大きな役割から人生の選択肢の一つ、と捉えられるようになったことが挙げられます。また、スマートフォンなどの普及により、情報へのアクセスが容易になったことも大きな要因に挙げられています。, 実際に、2015年時点で、アジアのほとんどの国で、中等教育を受ける女性の割合が45%を超えており、教育におけるジェンダーギャップが徐々に解消されていることがわかります。, その結果、アジアの主要国の中でも合計特殊出生率が高いフィリピン、インドネシア、インド、ベトナムでも、女性の希望出生率は1990年以降、継続的に減少傾向が続いています。, さらに、国際連合は、現時点での出生率や死亡率を参考に、2100年までの世界人口の推移を推計しています。 最新版となる2018年度に発表された推計では、人口の推移を下記の図のように予測しています。, このグラフを見ると、1950年には、25億人だった世界人口が、わずか70年で3倍近くまで増加しており、「人口爆発」の凄まじい勢いが感じられます。, さらに、2016年以降の推計を見て見ると、人口増加のスピードが最も早い高位の推計値では、2045年頃に世界人口は100億人を突破するとされています。また中位の推計値でも、2055年には、100億人に達するとの予測が立っています。, そうした中で、注目されているのが低位の推計値です。この推計値では、人口は2050年代に87億人で頭打ちを迎え、2055年頃には、むしろ世界人口は減少に転じるだろうと予測されています。その後じわじわと人口は減り続け、2100年には、現時点の世界人口である73億人を割っているとされています。, 技術の発達により、世界規模で人々の生活が急速に変化する中で、予測される未来はどんどんと変わっていきます。, 少子高齢化や人口減少は一見ネガティヴな言葉に感じられるかもしれませんが、ジェンダーギャップが縮小され、自分の人生に選択権を持って生きられる人が増えた結果だと考えるとものすごくいいことだと感じられます。, 超加速度的に進んだ人口増加の先にあるのは、さらなる増加による人口過剰なのか、はたまた加速度的な減少の先にある超少子高齢化社会なのか、行く末はまだわかりませんが、どんな値が出ても、人々が今よりよりよく生きることができているならば、それは良い未来なのだ、と思います。, データ活用の実例の紹介から、BIツールの使い方、最近のデータ活用トレンドやデータ活用における注意点などのお役立ちコンテンツが満載です!, テクノロジーによって変わる私たちの暮らしや仕事、そして進化を続けるテクノロジーに関する最新ニュースやトレンドをお届けします。, 社会とデータの関わり、そしてデータによる社会の取り組み、税金やキャッシュレス、オープンデータや高齢化社会など、データの視点で社会を読み取るコンテンツをお届けします。, Data Empowermentは、「働くひとのパフォーマンスを最大化するもの」とわれわれは考えています。 雑誌・フリーマガジンの購読| 黒板に向く授業はしない!? 増加を続ける訪日外国人観光客のうち、最も人数が多い地域が東アジアです。 中でも、中国は地理的な条件やビザ緩和政策、経済的発展等の背景によって多くの中国人観光客が訪日したわけですが、今後の成長が期待されているのが東南アジアからの訪日観光客の増加です。 人口問題研究(J.ofPopulationProblems)68-3(2012.9)pp.14~31 特集:第16回厚生政策セミナー 「東アジアの少子化のゆくえ―要因と政策対応の共通性と異質性を探る」 日本・東アジア・ヨーロッパの少子化 ―その動向・要因・政策対応をめぐって― 鈴木 透 Ⅰ.緒言 お問い合わせ. 人口の増減に最も大きく影響するのが、出生率です。 出生率は一定人口に対する年間の出生数で測られる指標。そのなかでも、ニュースなどでよく取り上げられるのが、合計特殊出生率です。この指標は、一人の女性が生涯に何人の子供を持つか、を計測しています。計測方法として、一人の女性が出産可能である期間とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示しています。 合計特殊出生率を算出することで、異なる母 … あなたも「Data Empowerment」を実現してみませんか?, イノベーションは過去の延長から脱却したときに生まれます。