高齢化に伴い、お年寄りのドライバーによる交通事故が多発しています。最近では一週間に一度はそういったニュースを目にする気がします。もし、高齢になった自分の親が事故を起こしてしまった場合、自分や家族の誰かが責任を取らなくてはいけない場合はあるの 池袋暴走事故の加害者家族も支援した女性が語る、「交通事故加害者家族」のその後 . 高齢ドライバー交通事故「加害者と家族」が明かす、苦悩と後悔の日々 起きてからでは、取り返しがつかない. 交通事故によりご家族が亡くなった場合、示談交渉や損害賠償手続きを進めていくのは、ご遺族になります。 そこで今回は、交通死亡事故の場合にご遺族がやってはいけない7つのことについて解説します。 1. 交通死亡事故に関わる保険について知らずに示談を進めてはいけない 2. 交通事故の死者数は年々減少傾向にある一方、65歳以上の高齢者が占める割合が高くなっています。さらに近年では、事故の被害者だけでなく加害者になるケースも増えています。その背景には、高齢者人口の増加だけでなく、高齢者特有の事情も影響しています。 交通事故に遭ったとき「加害者の家族はどんな運命をたどるのだろう?」とふと気になりませんか? 家族も加害者と同じように苦しむのだろうか? 何の影響も受けずに普通に暮らせるのだろうか? 職を失ったり破産したりしてしまうことはあるのだろうか? 加害者の� 加害者家族が苦しんでいるという一部報道を見ました。 2018年02月01日 (木) 高齢ドライバー事故 「運転やめて」家族 の苦悩 ※2018年1月16日にNHK News Up に掲載されました。 1年間に459件。おととし起きた75 ご家族や身近な方を交通事故で亡くしてしまうの … 続きを読む ... 69歳高齢者・老人の交通事故の死亡慰謝料|4353万円の判例を弁護士が解説 . 週刊女性prime もし死亡事故を起こしてしまった場合; 2. 障害のある方が事件・事故の加害者となってしまうリスクとその対策。交通事故などからわかるように、誰もが事件や事故の加害者になる可能性があります。障害のある方が事件や事故の加害者になる可能性と、万が一の備えとした保険の活用などの情報をまとめました。 物損事故であれば、刑事罰もなく、軽微な傷害の加害者であれば、 不起訴処分や罰金で済ませることができるでしょう。 交通事故は一度起こしてしまうと、被害者だけでなく、加害者本人、加害者家族のその後の人生も大きく変えてしまうのです。 最近、高齢者が運転する自動車事故の報道によく接します。このような事故のなかには高齢者が認知症を患っていたように報道されているものもあります。 では、もし認知症を患っている高齢者が自動車を運転して事故を起こし、他人を傷付けてしまった場合は誰が法的責任を負うのでしょうか。法的責任には刑事責任と民事責任がありますが、以下では民事責任(賠償責任)について考えてみます。 本日お伝えすることは、長い間書くかどうか本当に悩みました。 被害者遺族という立場で言葉にすることは、非常に勇気が必要だった ということは何卒ご理解いただきたいと思います。. 今年に入って、高齢ドライバーによる交通事故がたびたび世の中を騒がせている。他人事のように眺めていても、自分がいつ当事者になるかわからない。加害者の家族たちが、苦しい胸の内を明かした。, 「交通事故加害者家族からの相談は絶えることがありませんが、とりわけ加害者が高齢者だった場合、本人はもちろん、運転を止められなかった家族が、本人以上に重い罪の意識を抱えてしまうケースが非常に多いです。, 交通事故は、たいてい賠償金が保険でカバーできてしまううえ、刑にも執行猶予がつく場合もある。そのため、かえって被害者側の『許せない』という気持ちが募りやすく、加害者側が謝罪をする機会すら与えてもらえない場合も少なくない。, そもそも、普通に生活していた人が不意な過失によって加害者になってしまうだけで、精神的に受けるダメージは計り知れない。罪の意識に苛まれて自殺してしまうケースも何度も見てきました」(加害者家族を支援するNPO法人「ワールドオープンハート」の阿部恭子代表), 交通事故によって重篤な怪我を負わされたり、命を落とした被害者と、その家族の人生が台無しになってしまうのは言うまでもない。, だが、加害者側もまた、事故を境に、大きな十字架を背負ってその後の人生を過ごさなければならなくなる。, 「事故後の聴取で、警察の人に何度も『なぜ踏み間違えたのか、順を追ってきちんと説明して欲しい』と問われましたが、肝心な部分は本当に覚えていないんです。自分としては、間違いなくブレーキを踏んだつもりだったんです」, 米田さんは、'16年の12月、県内のスーパーの敷地内で、買い物を終えた50代の歩行者の女性をはねてしまった。女性は命に別状はなかったものの、足に障害が残った。, 「スーパーの駐車場に車を止めようとしましたが、アクセルとブレーキを踏み間違えてしまいました。, その結果、車は車止めを乗り越え、後ろを歩いていた女性を巻き込んでスーパーの壁に激突してしまったんです。あわてて車を降りたら、車の後ろが潰れて、真横に女性が倒れていました」, 涙をボロボロとこぼしながら語る米田さんだが、運転当時は健康そのもので、免許更新時に受ける認知機能検査でも異常は見つかっていなかった。免許はずっとゴールドだった。, 「19歳のときに、免許を取ってから、対人、対物の事故をいっさい起こしたことがないのはもちろん、スピード違反で切符を切られたことすらなかった。思えば、そういう自負が過信を招いたんだと思います」, そもそも、普通に生活していた人が不意な過失によって加害者になってしまうだけで、精神的に受けるダメージは計り知れない。罪の意識に苛まれて自殺してしまうケースも何度も見てきました」. 高齢の親が交通事故を起こす可能性はある? 1.1. 週刊現代 プロフィール. 高齢者ドライバーが気を付けたいこと; 1.2. このページでは、69歳男性の死亡事故の判例についてご紹介します。 交通事故は予期せぬときに起こりうるものです。 … 続きを読む. 「交通事故加害者家族からの相談は絶えることがありませんが、とりわけ加害者が高齢者だった場合、本人はもちろん、運転を止められなかった� 高齢の親が交通事故を起こした!家族の責任は? 2.1. 私の家族が交通死亡事故を起こしました。 相手の方は、即死だそうです。 とりあえず、明日にでも被害者の遺族の方へ弔問にお伺いするのですが、今後、私は一体、何をどうすればいいのでしょうか? 裁判などはどうなるのでしょうか? 判決はどれ位、後に出るのでしょうか? 私の家族は、� 加害者家族は事故の真相が広まってしまったため、地元に住みづらくなり、 勤めていた職場を自ら辞めることになりました。 そして加害者本人とその家族は共に、どこかの地方へと引っ越していったそうです。 さいごに. 監督責任を問われる? 2.2. 年々増加している高齢者が原因となる交通死亡事故。交通死亡事故の数は減っているのに、高齢者が原因の事故は増えていってるようです。最近は認知症のお年寄りが運転する車が暴走し、無関係の人にケガをさせたり死亡するといった事故の話をよく耳にするように 0. line共有ボタン; 2020年11月1日 5時0分. 警視庁によると、都内の交通事故件数は年々、減っています。平成27年には、10年前の半数以下となりました。 しかし、それに反して高齢ドライバーが関与した交通事故の割合は、年々高くなっています。平成27年には、10年前の約1.9倍にまで増えました。 いつ自分や、自分た� 私の家族が交通死亡事故を起こしました。相手の方は、即死だそうです。とりあえず、明日にでも被害者の遺族の方へ弔問にお伺いするのですが、今後、私は一体、何をどうすればいいのでしょうか? 裁判などはどうなるのでしょうか? 判決 被害者への賠償責任; 3. 年々増加している高齢者ドライバーによる事故は. 交通事故に遭ったとき「加害者の家族はどんな運命をたどるのだろう?」とふと気になりませんか?, 今回は交通事故の加害者家族になったらどのようなことが起こるのか、一般的なケースをもとにご紹介していきます。, まず、被害者として気になるのは「加害者の家族が本人の代わりに損害賠償義務を負うことはあるのか?」ということでしょう。, これは、不法行為を行った本人に発生する責任であり、事故を起こしていない家族には無関係です。, ただし12歳以下の子どもが自転車事故を起こした場合には、親に責任がかかる可能性が高くなります。, 12歳くらいまでの子どもには「責任能力」がなく、本人は損害賠償義務を負いません。その代わりに「監督者」である親が損害賠償責任を負わねばならないからです。, 小学生以下の子どもが自転車で交通事故を起こして誰かにけがをさせたら、親が被害者に高額な賠償金を支払わねばならないケースがあります。, 加害者が家族所有の車に乗っていて事故を起こした場合には、所有者である家族が損害賠償しなければなりません。, この場合、家族には車の所有者に認められる「運行供用者責任」が発生します。運行供用者責任とは、自賠法という法律によって車の所有者などに認められる特別の責任です。, 人身事故が起こったとき、車の所有者は「運行供用者責任」によって加害者本人と連帯して賠償金を支払う必要があります。たとえば息子が父親の車に乗って交通事故を起こしたら、被害者は息子にも父親にも全額の賠償金を請求できます。, 運転者が飲酒しているのを知りつつ家族が同乗していたり家族が危険な運転を煽っていたりした場合には、家族にも責任が発生する可能性があります。, この場合、家族も本人と共同して交通事故を発生させたと言えるからです。共同して1つの不法行為を行った場合、「共同不法行為責任」が発生し、共同不法行為者は連帯して損害賠償義務を負います。, また家族が飲酒運転を知って同乗していた場合、損害賠償義務を負うだけではなく「道路交通法違反」となって刑罰を受ける可能性もあります。, 運転者が酩酊状態となって酒酔い運転をしていたら「3年以下の懲役または50万円以下の罰金刑」、運転者が酒気帯び運転をしていたら「2年以下の懲役または30万円以下の罰金刑」が適用されます。, 次に、親が交通事故を起こしたときに子どもにどのような影響が及ぶのか、みてみましょう。, 親に賠償金を払えるお金がなくて子どもが資産を持っている場合でも、子どもが代わりに賠償金を払う義務はありません。, ただし上述の通り、子どもが車の所有者のケースでは、親が起こした人身事故の損害賠償義務が子どもに及びます。, 近年では、高齢者による危険な交通事故が増加して社会問題となっています。高齢者が事故を起こしたとき、同居していた家族などには厳しい目が向けられます。, ただ高齢者が運転をして事故を起こしたとしても、同居の家族が当然に何らかの法的な責任を負うわけではありません。, ただし本人が認知症にかかっていて判断能力が無くなっているのに家族が放置していて自動車のキーなども普通に渡して運転させていたケースでは、家族自身に不法行為が成立する可能性があります。, また加害者が家族名義の車を運転して事故を起こした場合、家族には運行供用者責任が発生します。, 家族に監督者責任や運行供用者責任、共同不法行為責任が発生するケースでは、家族自身が「加害者」ですから事故対応は他人事ではありません。, 当然、賠償金をきちんと支払う義務もあります。通常は保険を適用して支払いを任せますが、自転車事故や保険未加入で保険が適用されない場合などには、自腹で賠償金を払わねばならない可能性もあります。, 一般的な交通事故では、家族に賠償義務は発生しません。「交通事故を起こした人の家族」というだけの立場です。この場合、家族自身が何かをしなければならない義務はありません。, 賠償金を支払わなくて良いのはもちろん、謝罪やお見舞いをしなかったからといって責められるべきではないはずです。, しかし家族に法的な責任が発生しなくても、対応すべきケースがあります。日本では個人の責任であっても家族を同じようにとらえて責める傾向があるからです。特に同居の配偶者の場合「知らない」というわけにはいかないでしょう。, また中学生や高校生が起こした交通事故で、本人に責任能力あり親に法的責任がないとしても親が「知らん顔」をしていたら、被害者を始めとした世間は「非常識」と考えます。, 親としては加害者である子どもと一体となって被害者に謝罪をしたりお見舞いをしたりするのが通常です。賠償金の支払いについて親がどれだけ協力するかは、各家庭の考えや資産状況次第となります。, 交通事故が発生したとき、加害者の家族が解雇されたり破産したりする可能性はあるのでしょうか?, 交通事故を起こしたことは法律上、解雇理由になりません。加害者本人すらも交通事故を理由に解雇されないのですから、まして家族が解雇される必要性は全くありません。, 家族が自営業などのケースでも、息子や親、配偶者の交通事故を理由に廃業する必要はないでしょう。, 家族が交通事故を起こしたからと言って、通常、破産しなければならない状況にはなりません。先に説明した通り、加害者の家族には損害賠償義務が発生しないからです。また多くのケースでは任意保険が適用されます。, 家族に監督者責任や運行供用者責任などの責任が発生するときには、家族も損害賠償金を払います。, 家族に飲酒運転の幇助などが発生したら、家族自身が刑事罰を科せられて懲役刑や罰金刑を受ける可能性があります。, そうはいっても被害者に対する謝罪が必要になるケースもありますし、世間から厳しい目を向けられるので肩身の狭い思いもするでしょう。交通事故が大々的に報道された場合などには嫌がらせを受ける可能性もあります。, 小さな交通事故の場合には加害者本人にも家族にもほとんど影響がありませんが、後遺障害・死亡などの重大事故が起こったら、家族も無関係ではいられません。, 交通事故が起こった時、法的な対応と道義的な対応の切り分けは必要ですが、家族としても適切な対応が望まれます。, 謝罪や誠意の伝え方などを学び、せめてものお詫びの気持ちを家族してする必要があるでしょう。下記記事も合わせてご参照下さい。, 自転車が加害者となる交通事故で、1億円近い高額の賠償金を命ぜられるケースが発生しています。「自転車なのに?」と驚く方…, 学校や、スクールゾーン、公園の近くなどドライバーは細心の注意を払って運転すべきなのに、無頓着に猛スピードで運転してい…, 交通事故の加害者が、他人(友人・知人)や親戚が所有する車を借りて運転していたら、被害者は誰に責任を追及すれば良いので…, 加害者の飲酒運転による事故で被害者となった方に知っておいていただきたい基本的な知識をまとめました。損害賠償、慰謝料に…, 万が一加害者となってしまった場合、自分の身を守る事ばかり考えずに、しっかりと被害者に対し謝罪し、誠意を見せることが非…, 本稿では、人身事故を起こした場合(特に軽い追突事故を起こして、相手が「むちうち症状」などを訴えている場合)の、謝罪文…, むち打ちの治療、通院期間、治療打ち切り、後遺障害認定、慰謝料相場に関して分かりやすく解説します。. とはいえ、交通事故で高齢者が死亡当事者となるのは加害者よりも被害者となるケースの方が多いと考えられます。 では、交通事故で高齢者が死亡被害者となる割合は、実際のところどれくらいなのでしょうか? 警察庁が公表している過去10年間の交通事故の死亡者総数とそのうちの65歳以上の高齢者 … 加害者家族と被害者遺族について. 最近、高齢者の交通事故が増加しているようです。アクセルとブレーキの踏み間違いによる店舗への衝突、高速道路での逆走などのほか、道路での交通事故以外にも電車との接触事故というケースもあります。 交通事故を起こした場合、法律的には、加害行為を行った本人が民法709条の不法行為に基づく損害賠償責任を負うことが原則です。 しかし、本人に「責任能力がない」という判断が下された場合には、民法714条により、その家族が監督責任を理由に被害者に対する賠償責任を負う可能性があります。