惑行為(スパム) 規約違反などをしていた場合、突然アカウントが停止になることがあります。「いやいや、アカウント停止される様なことしてないし! (Facebook機能であるタイムラインへの投稿を応募手段にしているためNG) https://www.facebook.com/page_guidelines.php#promotionsguidelines ・[2012年8月第4週]話題のソーシャルメディアキャンペーン事例まとめ《キリン、ジーユー、日清食品など9選》 以上、今回はFacebookキャンペーンで陥りがちな【規約違反】6つの典型パターンをご紹介しました。Facebookでキャンペーンを開催する際には十分注意してください。 Facebookの違反検知システムは、機械的に判断するケースもあります。本人が違反しているつもりは無く、普通に使っていても突然停止処分される場合があります。特に新規アカウントで友達申請を1日何度もしていると、よく利用停止処分にされてしまいます ・9月1日~9月10日の間に、当Facebookページに「いいね!」をしていただいた方の中から抽選で5名に●●をプレゼント! Facebookの規約上は複数アカウントが認められていないので、その対処法はこちらです。 アカウントの統合はできない Facebookは例外なく一人につき1アカウントが規約で定められているため、複数のアカウントがあるということ自体が規約違反です。 ネットでファン. アプリのリリース前に機能や設定を確認するための補足ガイド。Facebookプラットフォームポリシーまたはプロモーションガイドラインを完全に網羅したものではないことに注意しなくていはいけません。 ・当選後は、受け取った賞品の感想を必ずあなたの(あるいはページの)ウォールに書き込んでください!   IV.アプリケーション統合ポイント 私のこのブログは書きあげるとfacebookとtwitterに投稿しています。少し前の投稿に対してfacebookから「コミュニティー規定違反なので削除します」と通知が来ました。問題になるような投稿ではないと思いながら、コミュニティへ規定を読んでみました。 c. 参加者の情報がFacebookではなく、[情報の受取人]に提供されることの開示。 こんにちは、SMM Labの小川です。 つまり、金銭的な価値がある賞品が用意されており、それを選考や抽選で獲得できるようなプロモーションを行う場合に以下のような「プロモーションガイドライン」が適用されます。, では、ここから先は、ついつい陥りがちな【規約違反】パターンを例に、Facebook規約の内容について確認していきましょう。 Facebookには様々な利用規約やポリシーが存在 誰もが安心して情報を共有できる、オープンでつながりのある世界を実現するためのプラットフォームであるFacebookでアプリを開発するために守るべきポリシーとして、Facebookで開発を行う際に守るべき点や注意すべき事項が記載されています。開発者は優れたユーザー体験を創出し、信頼を得られるように努める必要があるとされています。 なお、Facebookには、 以下の記載がありました。 <コミュニティ規定違反への対応状況. 本記事は、2013年8月のFacebookプロモーション規約変更以前の内容です。 多くの企業がFacebookマーケティングに取り組む今、Facebookで「プロモーションキャンペーン」を開催する企業も多数見られるようになりました。皆さん工夫を凝らし、Facebookならではの特徴を活かしたキャンペーンを実施されていますが、残念ながらFacebookの規約に違反していると見られるキャンペーンも散見されます。 また、アプリ内のどのような場所であったとしても、Facebookのロゴや商標が入ることは認められません。, そして、「アプリの仕様」そのものが、Facebookの定めるプラットフォームポリシーに違反している場合も考えられます。特に多く目にするパターンが、アプリを通じて応募すると、自動的に(ユーザーに選択肢なく)Facebookにシェアされてしまうというものです。   尚、アプリを通じてキャンペーンに応募する際に、「Facebookにシェアして応募する」というボタンしかなく、「結局シェアをしないと応募が完了しない」仕様にすることも避けたほうが賢明です。これは、先にご紹介したプロモーションガイドライン iii「 Facebookページへの「いいね!」や、スポットへのチェックイン、アプリとのつながり以外のFacebook機能を使った何らかの動作を実行することを参加または応募の条件とすることはできません」に該当する可能性があります。, 「アプリを通じて「シェア」する際の文言が、予めアプリ側によって設定されていること」も規約違反になります。これは、プラットフォームポリシーの以下の項目に該当します。 Facebookのコミュニティ規定に違反して、Facebookで許可されていない行為を続けている; 嫌がらせ、広告、宣伝、デート、その他の許可されていない行為を目的として、他の利用者に接触している; アカウントの停止 | Facebookヘルプセンター より Facebookでは、 コミュニティ規定違反だと思われる発言や写真、動画の通報を奨励 しています。特定のメンバーや、グループ、個別のぺージや写真や動画、コメントなど、規定に違反している可能性のあるものを報告できる機能があります。 Facebookのヘルプセンターより. Facebookでは、Facebookのコミュニティ規定に違反するコンテンツをFacebookから削除しています。 これらの規定は、Facebookで利用者がさまざまな表現を行えるようにし、安全な環境を構築するために設けられています。 「Facebook利用規約」「Facebookコミュニティ規定」に違反したから つまり「フェイスブックが決めたルールに違反した場合」ですね。 ネット上では「Facebookに長期間ログインしないと消された! この投稿は、スパムに関するFacebookコミュニティ規定に違反しています タイトルのようにここの所、画像をアップすると 違反とされてしまう 3. Facebookページへの「いいね!」や、スポットへのチェックイン、アプリとのつながり以外のFacebook機能を使った何らかの動作を実行することを参加または応募の条件とすることはできません。たとえば、ウォールの投稿に対して「いいね!」する、ウォールにコメントを投稿したり、写真をアップロードする、などの動作を参加または応募の条件とすることはできません。, 「【Facebookプロモーションガイドライン改訂まとめ】Facebookキャンペーンを激変させる5つの変更点」, https://www.facebook.com/promotions_guidelines.php, https://developers.facebook.com/policy/Japanese/, https://www.facebook.com/page_guidelines.php, https://www.facebook.com/page_guidelines.php#promotionsguidelines, https://www.facebook.com/brandpermissions/index.php, https://developers.facebook.com/docs/guides/policy/policy_checklist/Japanese/, https://www.facebook.com/ad_guidelines.php. ・Facebookページ利用規約 ・コンテスト なお、Facebookには、 以下の記載がありました。 <コミュニティ規定違反への対応状況. <規約違反例>   <規約違反例> Accessibility Help. Press alt + / to open this menu ・プロモーションガイドライン https://www.facebook.com/terms.php i. Facebook上でのプロモーションは、Facebook.com上のアプリのキャンバスページまたは、Facebookページのアプリ内で運営する必要があります。 ・データの使用に関するポリシー Facebookページ利用規約には一般規定、Facebookページの管理、Facebookページの機能の3項目に関してのルールが示されています。 この規約に違反すると、Facebookページが削除される恐れもありますので、必ず遵守しなくてはなりません。 Sections of this page. タイトルのようにここの所、画像をアップすると. ニュースフィード記事または写真キャプションのuser_messageパラメータのセクションを事前入力することはできません(ユーザーによりあらかじめ手動で生成されたコンテンツは除きます)。 January, 1979 / funnyface_6, プロモーションガイドラインの冒頭にて、 次の製品に関連付けられているフィールドを事前入力してはなりません(ユーザーによりあらかじめ手動で生成されたコンテンツは除く):ニュースフィード記事(Facebook.streamPublishおよびFB.Connect.streamPublishのuser_messageパラメータ、stream.publishのmessageパラメータ)、写真(キャプション)、動画(説明)、ノート(タイトルとコンテンツ)、リンク(コメント)、Jabber/XMPP。 のご報告> から引用. ・プラットフォームポリシー ■関連記事 Facebookでご不快の念を与えたことをお詫びするとともに、問題解決のお手伝いをさせていただきます。Facebookコミュニティ規定に違反する内容(ヌード、ヘイトスピーチ、暴力など)を報告する場合は、報告する投稿、写真、コメントの近くにある[報告]リンクを使用してください。   ユーザーに対するFacebookの責任と、Facebookのサービスを利用する際のユーザーの責任について説明するものです。Facebookのプライバシーに関する考え方や、コンテンツと情報の共有について等、根本的な指標となるルールが記されています。 複数の個人アカウントを持つことはFacebookコミュニティ規定に違反しています。そのため、Facebookでは2つのアカウントを統合することはできません。 また、利用規約にはこのような記載があります。 IV.アプリケーション統合ポイント ・診断アプリの結果が、シェアする際の「コメント欄」に予めセットされていた。(ユーザーがコメントを編集できてもNG) FacebookページとFacebookグループの違いを理解して、コミュニティを作ろう. (参照元)Facebookヘルプセンター:Facebookの「プロモーション」とは何ですか。 https://www.facebook.com/page_guidelines.php 規約違反のなかでもよく見かけるものが、アイコンやロゴに関するものです。ファンを集めるときなど、Webサイトや店頭で使うシーンも多いはず。特に掲示物やカードなどの印刷物は、すぐに修正できるものではないので慎重にチェックしたいですね。 ■使えるアイコンやロゴは4種類のみ Facebookのロゴといえば、青地に白の小文字で「facebook」と書かれたものを連想する方も多いかもしれません。 しかし、これは使用してはいけないロゴです。私たちが使うことができるものは、公式のブランドリソ…   Accessibility Help. Facebookの規約に違反したコンテツの投稿 . https://www.facebook.com/about/privacy/ Facebookのコミュニティ規定に違反して、Facebookで許可されていない行為を続けている ; 嫌がらせ、広告、宣伝、デート、その他の許可されていない行為を目的として、他の利用者に接触している; 日本人に多いのが「偽名を使用していること」だそうです。Facebook (Facebook機能であるいいね!ボタンを応募手段に利用しているためNG) SNS. Facebookは、「世界をもっとオープンにし、つながりを強める」というミッションを実現するために、「Facebookの原則」を定めており、さらにこの原則に基づきさまざまな規約やポリシーを用意しています(リンク集は、本ブログの末尾にまとめてあります)。これらは個人だけでなく企業も含めた全てのユーザーを対象としており、規約に違反してしまうとFacebookページが削除されてしまうリスクがあります。企業がFacebookの利用を開始する際には、必ず目を通しておく必要があります。 ・ビジネス用Facebookページを始める前に必ず確認しておきたい!Facebookに特有な3つのこと 金銭価値のある賞品が用意されており、優勝者がスキルに基づいて(つまり、特定の基準に基づいた審査によって)決定されるプロモーション 投稿者に通知します。一部のケースを. Facebookのコミュニティ規定に違反して、Facebookで許可されていない行為を続けている 嫌がらせ、広告、宣伝、その他の許可されていない行為を目的として、他の利用者に接触している Sections of this page. キャンペーン応募にあたって、例えば参加者からの意気込みを聞きたい、あるいはアンケートを取りたい…といった場合も、Facebookの機能ではなく、あくまでもアプリ内で行わなければなりません。, せっかくアプリを用いてキャンペーンを開催しているにも関わらず、当選発表はFacebookのメッセージ機能で行う、あるいはタイムライン上で発表するとしているキャンペーンも散見されます。これも、以下に記載の通り、明らかにNGなパターンです。 Facebook利用規約に関する必要な情報を全て確認できるページです。 プロモーションはFacebookが後援、支持、または運営するものではなく、Facebookとは関係がないことの表明。   No / o5com   ただし、以下に記載の通り、参加ステップの中にページへの「いいね!」、スポットへのチェックイン、アプリとのつながり(アプリの認証を許可してインストールすること)を条件にすることは可能です。 ・利用規約 Press alt + / to open this menu ii. https://developers.facebook.com/docs/guides/policy/policy_checklist/Japanese/ Facebookのコミュニティ規定に違反して、Facebookで許可されていない行為を続けている 嫌がらせ、 広告、宣伝、その他の許可されていない行為 を目的として、他の利用者に接触している   Facebookアカウントの停止の理由は、 ヘルプページによると以下の通りです。 ・Facebook利用規約に従っていないコンテンツを投稿している ・偽名を使用している ・他の人になりすましている ・Facebookのコミュニティ規定に違反して、 ・写真をFacebookページのタイムラインに投稿してください。期間中に写真を投稿してくれた方の中で、一番いいね!を獲得できた方に●●をプレゼント! Facebookのアイコンやロゴ、表記、広告からFacebookページのキャンペーンまで。知らずに違反してしまいがちなFacebookの規約を、まとめてご紹介します。 Facebookページにファンを集めたり投稿をするなかで、あな iii. ホーム. Facebookでご不快の念を与えたことをお詫びするとともに、問題解決のお手伝いをさせていただきます。Facebookコミュニティ規定に違反する内容(ヌード、ヘイトスピーチ、暴力など)を報告する場合は、報告する投稿、写真、コメントの近くにある[報告]リンクを使用してください。 ・プラットフォームポリシーとプロモーションチェックリスト あるコンテンツに措置を講じる場合は. 応募者または参加者によるFacebookの免除 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ Facebook上でのプロモーションには、以下を含める必要があります。 除いて、 Facebook側に判断の誤りが 投稿者に通知します。一部のケースを. ・ブランド情報センター のご報告> から引用. 違反とされてしまう. 尚、当選後に、ファンが自発的に自分のウォールやFacebookページのウォールに書き込むことは、もちろん違反にはなりません。, では、「アプリ」を使っていれば全て安心…といくのでしょうか?もちろん、そんなことはありません。 ・Facebookページのアルバムの写真の中で、好きなものにいいね!をして投票してくれた方の中から、抽選で5名に●●をプレゼント! Facebookはこのたび、2018年第4四半期および2019年第1四半期を対象にしたコミュニティ規定施行レポート第3版を公開します。このレポートには次のような新しい項目が追加されています。, 現在、コミュニティ規定では9つのポリシーに関連する指標を示しています。9つのポリシーとは、「成人のヌードと性的行為」、「いじめと嫌がらせ」、「児童のヌードと性的搾取」、「偽アカウント」、「ヘイトスピーチ」、「規制品」、「スパム」、「テロリストによるプロパガンダ」、「暴力や過激な描写を含むコンテンツ」です。, 本レポートの主要な指標は以下の通りです。これらの指標を使ってコミュニティ規定違反への対応状況を記録しています。, あるコンテンツに措置を講じる場合は投稿者に通知します。一部のケースを除いて、Facebook側に判断の誤りがあると思われる場合は投稿者が申し立てできる機会を設けています。このレポートの第3版では、利用者が異議申し立てを行ったコンテンツ数、および私たちが措置を講じた後に復元されたコンテンツ数に関するデータを公開しています。, 私たちの措置に誤りが判明した場合は、直ちにそれを修正するための対応を取ります。異議申し立ての後に復元されたコンテンツ数や、直接の異議申し立てがなかった場合でもFacebookが自主的に復元したコンテンツ数を公開します。次のような場合、Facebookは異議申し立てがなくてもコンテンツを復元します。, 2019年第1四半期に関しては、偽アカウントを除く各ポリシー分野についてこの項目をレポートに盛り込んでいます。, 2018年第4四半期に異議申し立てが行われたコンテンツが2019年第1四半期に復元された可能性があるため、「異議申し立てが行われたコンテンツの量」と「復元されたコンテンツの量」を同一四半期内で直接比較することはできません。同様に、2019年第1四半期の「異議申し立てが行われたコンテンツの量」には、2018年第4四半期中に措置の対象となったものが含まれる可能性があります。, *異議申し立て確認後に復元されたコンテンツの量と、異議申し立てがなく復元されたコンテンツの量を合計しても、四捨五入の影響により、復元されたコンテンツの合計量と一致しない場合があります。, 長年にわたり、Facebookでは違法薬物と銃火器の販売に関するポリシーを策定、施行しています。Facebookのポリシー施行のためのさまざまな手法には、削除済みの違反コンテンツに関連するプロフィール、ページ、グループ、ハッシュタグの調査や、薬物販売に関連する数百の用語のブロックとフィルタリングなどがあります。さらに専門家と協力して、薬物の新たな俗称や、悪質行為の隠蔽のために利用される手口について常に最新情報を得ています。, 2018年夏、Facebookは規制対象商品ポリシーに違反するコンテンツの特定にAIを利用する試みを始めました。この投資により対処できるコンテンツの数が増加し、大半の違反コンテンツは外部からの報告がなくても措置を講じられるようになりました。2019年第1四半期には約90万の薬物販売関連コンテンツに措置を講じ、そのうち83.3%はFacebookが事前に検出したものでした。また、同時期に約67万の銃火器販売関連コンテンツに措置を講じ、その69.9%はFacebookが事前に検出したものでした。, この技術によってより多くの違反投稿を事前に検出できるため、弊社のチームは悪質行為を隠蔽する手口を分析するなど、利用者の皆様の安全を守る作業に一層注力できます。, この1年、Facebookではポリシーの策定方法、そして施行状況の測定について透明性を高めるために、さまざまな努力を重ねてきました。ポリシーに関しては、ポリシーの更新を決定する隔週ミーティングの議事録をシェアすることから始め、現在ではコミュニティ規定のウェブサイトでRecent Updates (最新アップデート)を公開することにより、ポリシー変更の詳細を誰でも確認できるようにしています(4月10日から、英語を対象に取り組みを開始)。また、学術的調査の取り組みの一環として、弊社のコンテンツポリシーやオンラインのコンテンツがオフラインでの行動に与える影響について調査するため、世界中で19の研究計画に対して奨励金を授与しています。, 外部からの独立した調査とインプットは、サービス向上のために不可欠な要素です。これを念頭に、私たちはデータの透明性に関するアドバイザリーグループ(DTAG)を設立しました。これは、コミュニティ規定施行レポートで公開している指標が、Facebookの取り組みにとって有意義であり正確なものであるかどうかを自主的かつ公的に評価することを目的としています。この独立組織は、弊社の調査方法を評価するために、測定、統計、犯罪学、ガバナンスの分野における世界的な専門家で構成されています。Facebookは、アドバイザリーグループに対し施行プロセスと測定手法に関する詳細な機密情報を提供しており、この度、アドバイザリーグループによる独立評価の結果が公開されました。アドバイザリーグループはこの評価の中で、コミュニティ規定施行レポートは透明性実現における重要な取り組みであると述べ、弊社のアプローチと調査方法が健全かつ合理的なものであることを明らかにしました。また、弊社のプラットフォームの利用者に対する説明責任と対応力を向上させるために弊社がさらに改善すべき分野も明らかになりました。このような重要なインサイトは、弊社の今後の取り組みに示唆を与えるものです。, Facebookは引き続き、人々が私たちの進歩を認識でき、さらなる行動が求められる場面でFacebookが責任を果たせるよう、取り組みについての透明性を高め、情報をさらに公開してまいります。, Facebookでは、表示されるコンテンツや広告のパーソナライズ、広告の測定、セキュリティの確保のためにCookieを使用しています。サイトをクリックまたは閲覧することで、FacebookによるFacebook内外でのCookieの使用に同意するものとします。コントロール方法など、Cookieの使用に関する詳細はこちらをご覧ください: Cookieポリシー, 異議申し立て中のデータおよび復元済みコンテンツ: 利用者が異議申し立てを行ったコンテンツの数と、Facebookが当初の措置を講じた後に復元されたコンテンツの数を今回初めて追加しました。, 規制品に関するデータ: 第2版のレポート(2018年11月)で取り上げた8つのポリシー分野に加え、今回は, 、特に銃火器および薬物の不法な販売の試みを排除する取り組みについて、詳細を報告します。, 現在、コミュニティ規定では9つのポリシーに関連する指標を示しています。9つのポリシーとは、「成人のヌードと性的行為」、「いじめと嫌がらせ」、「, 」、「偽アカウント」、「ヘイトスピーチ」、「規制品」、「スパム」、「テロリストによるプロパガンダ」、「暴力や過激な描写を含むコンテンツ」です。, の通りです。これらの指標を使ってコミュニティ規定違反への対応状況を記録しています。, Facebookのポリシーに違反するコンテンツを利用者が実際に閲覧した頻度を最も重要視しています。, は検出などで特定される前に利用者に表示された可能性がある違反コンテンツの頻度です。, 測定方法は、Facebookで利用者が閲覧したコンテンツを定期的にサンプリングし、そのうちの弊社の規定に違反するコンテンツの割合から算出します。, 過激な描写を含むコンテンツ」、「偽アカウント」に関して測定済みであり、詳細は次のとおりです。, Facebook利用者によるコンテンツの閲覧10,000回のうち11~14回、「成人のヌードと性的行為」に関するポリシーに違反したコンテンツが含まれると推定されます。, Facebook利用者によるコンテンツの閲覧10,000回のうち25回、「暴力や過激な描写を含むコンテンツ」に関するポリシーに違反したコンテンツが含まれると推定されます。, 「偽アカウント」については、月間アクティブアカウントの5%が偽アカウントであると推定されます。, 今回のレポートでは初めて、「テロリズム」、および「児童のヌードと性的搾取」に関する表示頻度指標も公開しています。この両分野における表示頻度は非常に低く、弊社の標準的な手法では測定できませんでしたが、2019年第1四半期においては、Facebook利用者によるコンテンツの閲覧数10,000回のうちこれらのポリシーに違反したコンテンツはそれぞれ3回未満であったとの推定を得られました。, Facebookでは、このレポートに含まれる各ポリシー分野に対する表示頻度指標の算出を進めてまいります。表示頻度の測定方法の詳細については、, こうした措置には、コンテンツの削除、コンテンツに対する警告画面の適用、アカウントの停止などがあります。このデータは、利用者が投稿したポリシーに違反するコンテンツの量と、Facebookがそれをどの程度特定できているかを表しています。, 偽アカウントに関しては、一度に大量のアカウント作成を行う自動化された悪質な攻撃が要因となり、措置を講じた対象アカウント数が増加しました。無効化したアカウント数は、2018年第4四半期に12億、2019年第1四半期に21億9,000万でした。これらのアカウントの多くは、作成後数分以内に無効化されたためアクティブアカウントと見なされず、悪質行為を行うこともありませんでした。FacebookアナリティクスVPのAlex Schultzも偽アカウント対策について「困難な問題」ブログで詳しく説明していますが、今後もこれらのポリシー違反への対策を強化してまいります。, このレポートで取り上げる6つのポリシー分野のうち、措置の対象となるコンテンツの95%以上は外部から報告される前に検出されました。, ヘイトスピーチに関しては現在、削除されたコンテンツのうち65%をFacebookが検出しており、1年前にこの取り組みを初めて公表したときの24%から上昇しています。2019年第1四半期に削除したヘイトスピーチに該当する投稿は400万件でした。私たちはこの技術への投資を続け、様々な言語および地域においてこのようなコンテンツを検出する能力を高めていきます。, Facebook側に判断の誤りがあると思われる場合は投稿者が申し立てできる機会を設けています。このレポートの第3版では、利用者が異議申し立てを行ったコンテンツ数、および私たちが措置を講じた後に復元されたコンテンツ数に関するデータを公開しています。, 共通した内容のコンテンツに関連した複数の投稿の削除に誤りがあった場合、1人からの異議申し立てに基づいてすべての投稿を復元することがあります。, レビュー時の誤判断が判明した場合、投稿者が異議申し立てを行う前にコンテンツを復元することがあります。, 特にスパムなど、弊社が不正と判断したリンクを含む投稿を削除した後にリンクが無害であると判明した場合、投稿を復元することがあります。, この1年、Facebookではポリシーの策定方法、そして施行状況の測定について透明性を高めるために、さまざまな努力を重ねてきました。ポリシーに関しては、ポリシーの更新を決定する, また、学術的調査の取り組みの一環として、弊社のコンテンツポリシーやオンラインのコンテンツがオフラインでの行動に与える影響について調査するため、世界中で19の研究計画に対して奨励金を授与しています。, Facebookグループ「News, Media & Publishing on Facebook」. Facebookには「コミュニティ規定」というものが定められており、以下のように記されている。 「Facebookは差別発言を削除します。 差別発言とは、他人を以下のような要素に基づいて直接攻撃する内容を含むコンテンツのことです。   異議申し立てと誤判断の修正. Facebookの誹謗中傷はFacebookに報告をして対処 . <規約違反例> つまり、ページにいいね!や、スポットへのチェックインをした上で、アプリを通じて応募する形式であれば問題ありません。 最新のFacebookキャンペーンの規約詳細は、以下をご参照くださいませ。 http://smmlab.jp/?p=67 コミュニティ規定に違反していない場合、Facebook側へ異議申し立てを行ったあと、 対応(返信)まで数日かかる場合もございます。 また、サポートとして数回ほどFacebookへ申請依頼を行う事もございま … https://developers.facebook.com/policy/Japanese/ 下記の文言が表示された場合には、「ご連絡ください」のリンクをクリックしてFacebook社に異議申し立てを行ってください。-----このウェブサイトのコンテンツはコミュニティ規定に違反しているため審査を完了できません。 ・Facebook利用規約(リンク集)   Facebookコミュニティ規定に違反している可能性のあるコンテンツにフラグを付ける。これらの投稿は、その利用者を承認しない限り、グループ内の他の利用者に表示されることはありません。 2018.07.22. Facebook広告を行っていようが、ファンが多くて活発であろうが、 「規約に違反している」と判断されれば削除や停止される可能性がある のです。 以下のサイトにて、130,000人のファンがいるFacebookページが削除されたケースが紹介されていました。 https://www.facebook.com/policies/   Facebookの規約上は複数アカウントが認められていないので、その対処法はこちらです。 アカウントの統合はできない Facebookは例外なく一人につき1アカウントが規約で定められているため、複数のアカウントがあるということ自体が規約違反です。 ユーザーがFacebookを利用する際にFacebookが受け取る情報についての透明性を高めるため、Facebookの運営、広告、ユーザーのセキュリティ保護の促進目的などでデータをどのように使用しているかという情報が記されています。 Facebookのメッセージ、チャット、プロフィール(タイムライン)またはFacebookページへの投稿など、Facebookを通じて当選者に通知することはできません。, これも大変よく目にするパターンです。応募から当選発表まで、きちんと規約を守ってアプリ上で実施しているにもかかわらず、当選後に「Facebook機能」を用いないと実施できないことを当選条件に入れるのは、避けたほうが賢明です。 http://smmlab.jp/?p=9552 金銭価値のある賞品が用意されており、当選者が抽選で選ばれるプロモーション そこで今回は、企業がFacebook上でキャンペーンを開催する際に注意しておくべき点を、典型的な規約違反パターンを例に挙げながらご説明したいと思います。 Facebookに何か問題が報告されると、弊社でその内容を確認し、弊社のコミュニティ規定に違反する内容はすべて削除されます。 引用元:Facebookヘルプセンター. iv.   2018年11月に公表された「コミュニティ規定違反への対応状況のご報告」によれば、規約違反の投稿があった場合に、Facebook利用者からの報告(通報)がある前にFacebook側で検出したものは、「ヘイトスピーチ」で52%、「過度な暴力表現」で97%だそうです。 ・懸賞   アメブロカスタマイズ. Facebookページを開設、運用するに当たって守らなければならないルールを定めたものです。Facebookページを開設したら、まず初めに確認をする必要があります。   「【Facebookプロモーションガイドライン改訂まとめ】Facebookキャンペーンを激変させる5つの変更点」   WordPressの使い方. 以上が、直近のキャンペーンに見られる典型的な規約違反のパターンですが、これ以外にも様々な個別パターンが存在するでしょう。その際には、常に「Facebookの規約」に立ち戻り、一つ一つ確認することが大切です。また、Facebook社からは、個別のパターンについて、以下でご紹介するリンクの内容以上の公式見解は発表されていません。ですので、明らかな規約違反以外は、個別の解釈の問題になってくる部分もあります。どのように解釈するかについては意見が分かれるところではありますが、ページ削除などのリスクを考えると、できるだけ慎重に解釈しておくほうがよいと考えられます。 コミュニティ規定に違反していない場合、Facebook側へ異議申し立てを行ったあと、 対応(返信)まで数日かかる場合もございます。 また、サポートとして数回ほどFacebookへ申請依頼を行う事もござ … 2. http://smmlab.jp/?p=11640, LINE広告攻略の鍵は「カジュアル動画」。エーザイ・LINE社に聞く、LINE広告で成果を出すクリエイティブ配信手法とは, 【2021年からTwitterを始めたい方必見!】Twitter企業アカウント担当者のよくある質問10個に答えてみた!~マーケティング施策の「あるある」一問一答, SNSキャンペーンについて、よくある質問10個に答えてみた!【マーケティング施策の「あるある」一問一答】, 【2020年最新版】5大SNSユーザーによる「SNSをきっかけとした購買行動・口コミ行動調査結果」公開!(Twitter、Instagram、Facebook、LINE、YouTube), ダイレクトマーケ担当者に聞いた! EC通販現場の”裏バナシ” ~新規顧客獲得向け広告・LPのリアル~, 【2021年のSNSキャンペーン設計の示唆に】2020年話題になったSNSキャンペーン事例まとめ11選, SNSの動画マーケティングを成功に導く4つのポイント〜10個の事例から読み解くSNS公式アカウントへの動画活用施策〜, 【UGCはなぜ大切なのか?】ニューノーマル時代のマーケティングに企業がUGCを活用すべき理由, デジタル販促×SNS最前線#1withコロナ時代の小売・メーカーが挑戦するSNSを活用したデジタル販促戦略とは?, あなたのFacebookキャンペーン、きちんとFacebookの各種規約に則っていますか?応募開始~当選発表に至るまでのステップで陥りがちな6つの規約違反パターンをご紹介します。あわせてFacebook規約関連のリンクもまとめました。, iii. 異議申し立てと誤判断の修正. 広告ガイドラインには、Facebook上で広告を行う際のガイドラインが表記されています。広告コンテンツの基準、コミュニティ規定、その他の適用条件が示されており、特に広告主が、広告がすべての準拠法、規定、ガイドラインを満たしていることに責任を負うことが明記されています。 実際にFacebookヘルプセンターにはそのものズバリ「複数のFacebookアカウントを作成できますか。」という項目があり、 「複数の個人アカウントを持つことはFacebookコミュニティ規定に反します。」と明記されています 。 さらにそのFacebookコミュニティには「IV. コミュニティ規定は、世界中のすべての人とあらゆる種類のコンテンツに適用されます。この規定では各事項を包括的に取り扱っており、あるコンテンツに悪意はないと判断された場合でも、Facebookの別のポリシーに違反していれば削除されます。 先にご紹介したプロモーションガイドライン iiiに、「 Facebookページへの「いいね!」や、スポットへのチェックイン、アプリとのつながり以外のFacebook機能を使った何らかの動作を実行することを参加または応募の条件とすることはできません」とあり、当選条件にFacebook機能を利用することもこれに該当する可能性があります。 ユーザーが公開を許可した場合、ユーザーに代わって実行するアクションはユーザーによって予期されたものでなければならず、アプリ内のユーザーによるアクションと一貫している必要があります。 <規約違反例> v. 「いいね!」ボタンなどのFacebook機能をプロモーションの投票手段として使用することはできません。     その後、今度は数件がいっぺんに違反とされた. Facebookでは1 Facebookのコミュニティ規定に違反して、Facebookで許可されていない行為を続けている 嫌がらせ、広告、宣伝、デート、その他の許可されていない行為を目的として、他の利用者に接触して …   b. Facebookのコミュニティ規定に違反して、Facebookで許可されていない行為を続けている ; 嫌がらせ、広告、宣伝、デート、その他の許可されていない行為を目的として、他の利用者に接触している; アカウントの停止 | Facebookヘルプセンター より. Facebook機能をプロモーションの参加または応募手段として使用することはできません。たとえば、Facebookページへの「いいね!」や、スポットへのチェックインにより、自動的にプロモーションに参加または応募するように設定することはできません。 ・広告ガイドライン ※※※※※※※※※※※※※※※※追記※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ https://www.facebook.com/brandpermissions/index.php この投稿は、スパムに関するFacebookコミュニティ規定に違反しています . あるコンテンツに措置を講じる場合は. ここで注意しておかなければならないのは、「それ以外の機能を使った何らかの動作を実行することを条件にできない」とある点です。例えば以下のような例は規約違反となります。 vi. まず、Facebookページに管理者だけが見られるタブを追加し、そのページのコンテンツがコミュニティ規定違反で削除された場合、または第三者ファクトチェッカーから虚偽と判定され、配信制限対象になった場合に通知を行います。 引用)FacebookニュースルームFacebookヘルプセンターにはこのように書いてます。Facebookページでは、実在の . Facebookページへの「いいね!」や、スポットへのチェックイン、アプリとのつながり以外のFacebook機能を使った何らかの動作を実行することを参加または応募の条件とすることはできません。たとえば、ウォールの投稿に対して「いいね!」する、ウォールにコメントを投稿したり、写真をアップロードする、などの動作を参加または応募の条件とすることはできません。 このブログについて. その中でも、Facebook上でキャンペーン等のプロモーション活動を行う際に、特に注意しておきたいのが、Facebookページ利用規約(https://www.facebook.com/terms_pages.php)と、その一部として含まれるプロモーションガイドライン(https://www.facebook.com/promotions_guidelines.php)、そしてアプリ開発についての決まりを定めたプラットフォームポリシー(https://developers.facebook.com/policy/Japanese/)です。, では、どのようなキャンペーンがプロモーションガイドラインの規制対象になるのでしょうか?その分かれ目は、提供される賞品・インセンティブに「金銭的価値」があるかどうかとなります。プロモーションガイドラインが対象にしている「コンテスト」と「懸賞」の定義は以下です。 http://smmlab.jp/?p=24519 ・タイムラインにキャンペーン参加への意気込みを投稿したうえで、アプリを通じてキャンペーンに応募してくれた方の中から抽選でプレゼント! では、どのようなキャンペーンがプロモーションガイドラインの規制対象になるのでしょうか?その分かれ目は、提供される賞品・インセンティブに「金銭的価値」があるかどうかとなります。プロモーションガイドラインが対象にしている「コンテスト」と「懸賞」の定義は以下です。 (参照元)Facebookヘルプセンター:Facebookの「プロモーション」とは何ですか。 ・コンテスト 金銭価値のある賞品が用意されており、優勝者がスキルに基づいて(つまり、特定の基準に基づいた審査によっ …