北アメリカのイギリス人植民者は農業の為の労働力不足を解消するために、黒人奴隷制を開始した。イギリスが本格的に奴隷貿易に着手するのは1672年に王立のアフリカ会社が設立されてからである。 スタンリーのアフリカ探険が全ての始まりだった 「植民地も場所を選ぶ時代なのよ」 2ページ目. アフリカの内戦や紛争の歴史は、奴隷貿易や植民地支配と深い関係があります。 悲惨な奴隷貿易の歴史は15世紀半ばに始まり、18世紀にはピークに達しました。1 黒人差別政策はケープ植民地時代に遡るが、特に第二次世界大戦後、アフリカ各地で黒人国家が独立していくことに恐怖感を抱いた白人支配層が、徹底した黒人抑圧策を採った。 アフリカの植民地. 歴史 詳細は「 ... ポルトガルのアントニオ・サラザール政権は、1951年にモザンビークなどのアフリカ植民地を「海外州」と呼び変え、植民地支配に対する国際社会の非難を避けようとした。 オランダ領ケープ植民地. アフリカ以外でもトルコ沖ドデカネス初頭、清王朝の天津租界などを獲得し、イタリア植民地帝国を築き上げたのです。 しかし皮肉なことに、イタリアが植民地獲得に動き出した時代には、すでに植民地経営で儲かる時代は終わっていました。 アフリカ分割から始まったアフリカの植民地化は、その後のアフリカの発展や開発に多大な影響を与えました。その影響について詳しく見ていきたいと思います。現在の世界においてアフリカ(一部の北アフリカを除く)は、西洋的なスタンダードで見れば最も発展や 植民地時代の「遺物(なごり)」からの回復. 紀元前2000年頃、北アフリカから来たクシ語族が、現在ケニアの位置する東アフリカの一部に住み着きました。アラビア半島にも近いことから、紀元1世紀までにはケニアの海岸にアラブ商人たちが頻繁に訪れるようになり、そこにアラブ人とペルシャ人の植民地を作りました。ナイロック系とバントゥー系の人々も紀元後最初の千年間にこの地域に入り、内陸に定着しました。 1880年代から1912年にかけて、ヨーロッパの列強によってくり広げられたアフリカ各地域の支配権をめぐる一連の動きを「アフリカ分割」といいます。 植民地からの独立を遂げたことで、アフリカは歴史に残る新たな一歩を踏み出しました。しかし、植民地時代の負の遺産も数多く残されていたのです。その多くは、未だに解決していません。 では、これはアフリカでのcovid-19試験の可能性にとって何を意味するのであろうか? ネチズンや活動家たちは、「アフリカ人はモルモットではない」という見解を強く表明している。 (ベルリン会議:wikiより) 16世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパ人たちは西アフリカやギニア湾沿岸の黒人王国と奴隷貿易を行っていました。19世紀に入り奴隷が禁止されつつある中、欧米列強はアフリカ諸国を植民地化していきます。 イギリスはアフリカ南端のケープ植民地と北アフリカのエジプトを拠点として南北から植民地化をすすめます(縦断政策)。フランスは西アフリカからマダガスカル島を目指して植民地化しました(横断政策)。 アフリカの植民地化が激しくなるきっかけとなるのが1884年に … アフリカが植民地にされていた理由は? アフリカ史を勉強する上で、避けては通れないのが植民地支配の歴史です。 19世紀後半、植民地拡大の為ヨーロッパ列強(スペイン,イタリア,フランス,イギリス,ドイツ,ポルトガル,ベルギー)はこぞってアフリカに進出し、植民地獲得競争を繰り広げました。 © 2020 レキシル(Rekisiru) All rights reserved. 16世紀以降、ヨーロッパ諸国は奴隷貿易を通じてアフリカと深くかかわりを持ちました。19世紀から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ列強はアフリカを植民地化します。第二次世界大戦後、アフリカの大半を植民地としていたイギリスやフランスの力が衰え、各地で独立運動が活発化しました。 て、アフリカに対する奴隷貿易や植民地の歴史、換言すれば白人 による黒人への「暴力」の歴史認識の再考の動きもあるのではな いだろうか。今回はこの連載のテーマにも関わる出来事なので、 いつもの話題とは異なるがこのことに触れていきたい。 アフリカは産業革命後の工業化を進める欧州諸国にとって、豊富な資源供給先となり、アフリカの植民地化は次第 … アフリカ分割(アフリカぶんかつ)とは、1880年代から第一次世界大戦前の1912年までにかけて、ヨーロッパの帝国主義列強によって激しく争われたアフリカ諸地域の支配権争奪と植民地化の過程のこと。 1912年にイタリアがリビアを獲得したことによって、リベリアとエチオピアを除くアフリカの全土がヨーロッパのわずか7か国によって分割支配された。 アフリカは18世紀から19世紀後半にかけてヨーロッパ諸国の植民地支配下にありましたが、1960年代に入ると次々と多くの国が独立を果たしました。 そのため1960年を、アフリカの急激な政治的変化を象徴するとしてアフリカの年と呼びます。 アフリカの歴史 植民地支配 19世紀以降アフリカはヨーロッパ諸国の植民地として搾取されました。 独立を果たした現在もヨーロッパとは貿易相手国として深い結びつきを持っています。 植民地がどうしても欲しい!そんな国王陛下がおりまして; 成立してしまった「コンゴ(の民を)自由(に搾取する)国」 籠の中には大量の赤いゴム、赤い手首 19世紀から20世紀にかけて、技術的に進んだ欧米諸国がアジアやアフリカなどを植民地として支配します。植民地時代に欧米諸国の資本が現地の労働力を使って開発した大農園がプランテーションでした。プランテーションでは価値の高い商品作物が生産されます。 ‚̐ì‚́H, ƒAƒtƒŠƒJ‚̃Tƒnƒ‰»”™‚ð’m‚낤FêŠ/‹CŒó/lŒû‚È‚Ç, ƒAƒtƒŠƒJ‚Å—L–¼‚ȃRƒ“ƒS–~’n‚Á‚Ä‚Ç‚ñ‚ȏꏊH“Á’¥‚È‚Ç, ‹ß‘ã“I‚È•Ší‚ªL‚­ŠgŽU‚µ‚Ä‚µ‚Ü‚¢’ïR‰^“®‚ð—}‚¦•t‚¯‚邱‚Æ‚ª—eˆÕ‚Å‚È‚­‚È‚Á‚½‚±‚Æ. 卑弥呼とはどんな人?生涯・年表まとめ【邪馬台国の場所や功績、まつわる謎や死因も紹介】, フローレンス・ナイチンゲールとは何をした人?生涯・功績まとめ【年表や名言、エピソードも紹介】, 英雄ナポレオンとはどんな人?生涯・年表まとめ【フランス革命の活躍や功績、名言や死因まで紹介】. 西アフリカには、かつてイギリスの植民地だった国があるけど、多くの国はフランスの植民地だった。 イギリスの植民地は、バックパッカーがアフリカ旅行でとる「南アフリカ~エジプト」の縦のルートにある国が多い。 アフリカ分割とは。分割会議や植民地にならなかった国など概要を解説. アフリカ州は15世紀から地理的に近いヨーロッパ州と交易が盛んでした。しかし、ヨーロッパ諸国がアメリカ大陸を植民地にするとアフリカから多くの人々が奴隷として連れ出されました。アメリカでは労働力が不足していたためです。 本国の植民相 ジョセフ=チェンバレン も植民地拡大による国内矛盾の解決を掲げて帝国主義政策を展開し、 1898年 のフランスとの ファショダ事件 、99年から1902年の 南アフリカ戦争 を起こすこ … イギリスは、1588年、スペインの無敵艦隊を破りスペインを衰退させると、次々と西欧各国との戦争に勝利し、世界の海上権を握り、広大な植民地を獲得することができました。 植民地の歴史 アフリカ 1884年 ベルリン会議 (アフリカ分割) 1884年 ベルリン会議 ベルリン会議は、1884年11月15日から1885年2月26日までドイツ帝国の首都ベルリンで開催された国際会議。 アフリカ植民地とは、18世紀後半から第一次大戦前にかけて、ヨーロッパ諸国が帝国主義のもとアフリカ諸国を植民地にしていったものです。. アフリカは現在でも世界のなかで貧しい地域として知られています。この原因の1つになったのが、18世紀から20世紀初頭にかけて行われたヨーロッパ諸国によるアフリカの植民地分割でした。当時は領土を広げることで強大な国家を作ろうとする帝国主義の全盛期で、アフリカはその標的にされたのです。, 1884年のベルリン会議でアフリカ植民地の獲得ルールが決まるとアフリカ分割はさらに過熱していき、最終的にはたった2か国を残して広いアフリカ大陸のすべてが植民地になりました。列強による植民地化は、アフリカの発展を妨げ、第二次大戦後、アフリカの国々が独立した後も紛争や貧困の原因となって現代の世界や国際情勢にも影響を与えています。, アフリカ植民地はなぜ始まり、どうやって進められ、どのような影響を残しているのでしょうか。この記事では、アフリカ植民地とはどのようなものだったのか、現代へどのような影響を与えているかを解説していきます。, アフリカ植民地とは、18世紀後半から第一次大戦前にかけて、ヨーロッパ諸国が帝国主義のもとアフリカ諸国を植民地にしていったものです。アフリカは産業革命後の工業化を進める欧州諸国にとって、豊富な資源供給先となり、アフリカの植民地化は次第に加熱していきました。, 列強によるアフリカ分割は1912年に完了し、エチオピアとリベリアを除くアフリカ全土が、イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・ベルギー・ポルトガル・スペインのたった7カ国によって支配されるようになります。, アフリカ諸国は第二次大戦後に独立していくことになりますが、ヨーロッパによる植民地化は現代のアフリカにも大きな影響を与えています。, ヨーロッパによるアフリカの植民地化は、アフリカのもつ豊富な資源を目的にはじまりました。産業革命以降、工業化を進めるヨーロッパ諸国は、資源の供給地として魅力をもつアフリカの植民地化を進めていきました。ヨーロッパのアフリカ進出は15世紀から行われていましたが、当時の目的は主に奴隷を得ることで、進出地域も沿岸部に限られていました。, 18世紀後半からアフリカの人々にも人権を認めようとする考えが広まり、産業革命による工業化が進んだこともあって、奴隷貿易は廃止されていきます。一方、工業化のため資源を求めるヨーロッパ諸国は、資源や農作物の供給地、そして工業製品を売るための市場としてアフリカを必要とするようになります。, ヨーロッパにはアフリカを遅れた国々とみなす風潮がありました。未開のアフリカに優れた文化や政治制度を与えて文明化するのは進んだヨーロッパ人の使命と考えられ、アフリカの植民地化を正当化する思想になりました。, 列強によるアフリカの植民地化はアフリカの国家と社会に現代まで続く様々な悪影響を及ぼしました。ヨーロッパの国々が勝手に決めた国境線は民族や部族の境界線を無視したもので、現代の紛争や内戦の一因になっています。, アフリカ人はヨーロッパ人の都合によって住む場所を移動させられたり、強制労働に就かされたりして、劣悪な環境で亡くなる人も大勢いました。さらに、未開人の文明化を謳って文化や言語を強制したため、アフリカ独自の文化は破壊され、現在も多くの国では旧宗主国の言語が公用語になっています。, 現在でも企業の進出や財政的援助によって先進国が発展途上国であるアフリカ諸国に影響力を及ぼそうとすることがあり、新植民地主義と呼ばれています。貧しいアフリカ諸国には旧宗主国に莫大な借金を抱えている国も存在し、分かっていてもこうした援助に頼らなければならないのが実情です。, 1884年から開催された18カ国による国際会議であるベルリン会議(ベルリン・コンゴ会議)では、ヨーロッパ諸国によるアフリカ植民地化のルール作りが行われ、列強同士で植民地分割の原則が確認されました。, この会議では、ある地域を最初に占領した国がその地域を領有できる優先権が認められました。そして、新たにアフリカに植民地を獲得する場合には、他国の利益を侵害しないこと、ヨーロッパ人の通商・航行の自由を認めることなどの条件が定められました。, この原則ができたことで、アフリカ植民地化は早い者勝ちになったため、ヨーロッパ列強によるアフリカ分割は加速することとなり、第一次大戦までにエチオピアとリベリアを除くすべての国が植民地になりました。, ヨーロッパ諸国による初期のアフリカ進出は、リヴィングストンやスタンリーといった探検家によって行われたものです。彼らの目的はキリスト教の布教や現地の人々との貿易でしたが、それまで北アフリカや沿岸部だけで活動していたヨーロッパ人のアフリカ奥地への進出は、結果としてアフリカ植民地化のきっかけを作ることになりました。, 内陸部に豊富な資源が眠る可能性があると分かったことで、アフリカはヨーロッパ諸国の注目を集めるようになります。エジプト、南アフリカへ進出していたイギリス、北アフリカへの進出を開始していたフランスを中心に、沿岸部から内陸部へと植民地化されていきました。, ヨーロッパによるアフリカの植民地化に火をつけたのが、ベルギーのレオポルド2世によるコンゴの領有化を巡って実施されたベルリン会議でした。レオポルド2世は、象牙や金、ダイヤモンドなど豊富な資源がある上に、アフリカの中央にあるため他の国がまだ進出していなかったコンゴに目をつけ、コンゴ自由国として領有化します。, これにポルトガルが反発し、列強同士の対立が起こりました。この問題を解決するため、ドイツの宰相ビスマルクの提案で、ベルリン・コンゴ会議(ベルリン・西アフリカ会議)が開かれ、アフリカでの植民地獲得のルールが明確化されました。ベルリン会議以降、列強のアフリカ進出は過熱していき、アフリカの植民地化は急速に進んでいきました。, ヨーロッパによる植民地化は、アフリカ諸国では様々な反乱や抵抗運動につながっています。列強の中には現地人から強制的に土地を奪ったり、強制労働をさせたり、過酷な統治を行う国もあったため、アフリカ現地人の反発を招くことになりました。, これらの反乱は最終的には圧倒的な軍事力をもつヨーロッパ諸国によって鎮圧され、アフリカの人々には多数の犠牲者を出すことになりました。, 1898年のファショダ事件は、アフリカ植民地化を巡る対立からイギリスとフランスの軍事衝突に発展しかけた事件です。イギリスはアフリカのカイロ、ケープタウンとインドのカルカッタを結ぶ3C政策の一環としてカイロからケープタウンをつなぐ大陸縦断政策を進めていました。一方フランスは、北アフリカ西部から東へ向かって領土を広げる大陸横断政策を推進していました。, この2つの戦略がナイル川岸にあるスーダンのファショダ付近でぶつかったのがファショダ事件です。この事件でアフリカ分割を巡る英仏の対立は最高潮に達しますが、どちらも海外での勢力拡大を目指すドイツに対する警戒心をもっていたため、最終的に両国は歩み寄りと妥協を行いました。1904年に英仏協商が締結されて英仏はお互いの植民地支配を認め合い、アフリカにおける英仏の対立は終わりました。, 1912年にイタリアがリビアを植民地化したことにより、列強によるアフリカ分割は完了しました。アフリカは独立国であるエチオピアとリベリアを除いたすべての地域がヨーロッパの7カ国によって支配されることになります。, しかし、列強のアフリカへの野心はこれで終わることはなく、イタリアはさらにエチオピア獲得を狙って1935年にエチオピア戦争を起こしています。, アフリカで本格的な独立運動が起きるのは第二次大戦後になります。1945年にマンチェスターで開かれた、アフリカの解放を訴えるパン・アフリカ会議には、アフリカの独立運動家らが数多く参加し、独立運動が高まりをみせます。, 1951年のリビア独立を筆頭に、アフリカ諸国の独立がはじまりました。1960年には17カ国が独立を果たし、「アフリカの年」と呼ばれました。しかし、1954年のアルジェリア戦争のように支配国との間で独立戦争が勃発することもあり、他にもアンゴラやモザンビークなどが武力により独立を獲得しています。, 独立は果たされましたが、アフリカの植民地化はアフリカ諸国の近代化を大きく妨げることになり、内戦や紛争を生む一因にもなって現代のアフリカにも大きな爪跡を残しています。, アフリカ植民地はそのほとんどが、早くからアフリカへの進出を開始したイギリスとフランスの植民地になっています。イギリスは3C政策を実現するため大陸縦断政策をとり、フランスは最初に植民地化したアルジェリアから北アフリカを西に向かって進む大陸横断政策をとっていたため両国の競争は激化し、ファショダ事件で対立が頂点に達しました。イギリスやフランスの植民地は面積も広く、植民地同士が隣り合ったりつながっていることが多いのが特徴です。, 一方、後発で植民地獲得に乗り出したドイツやイタリアは英仏がまだ植民地化していない場所を狙うしかなかったため、植民地の位置もバラバラで経済的にもほとんど利益をもたらしませんでした。第一次大戦での敗北後、ドイツのアフリカ植民地は没収され、他の列強によって分割統治されることになりました。, 【イギリス】エジプト・南アフリカ・スーダン・オレンジ自由国・トランスヴァール・ローデシア・ゴールドコースト・ナイジェリア, 第一次大戦勃発前までに、アフリカのほとんどの国はヨーロッパの植民地になっていましたが、エチオピア帝国とリベリア共和国の2国だけは、アフリカ大陸で最後までヨーロッパの植民地になることがありませんでした。, 現存する世界最古の独立国の1つとされるエチオピアは、皇帝メナリク2世のもと、列強同士の対立を利用するなど、うまく立ち回って独立を守りました。1896年のアドワの戦いでは侵攻してきたイタリアを破っており、アフリカの黒人国家がヨーロッパに勝利した画期的な出来事とされました。, ただ、1936年から41年にかけてのみ、エチオピアはムッソリーニのファシスト・イタリア王国によって占領されています。もう1つのリベリアが実質的にはアメリカの保護国だったため、アフリカで真に独立を守りきった国はエチオピアだけといえます。, 西アフリカにあるリベリアは、1847年にアメリカで解放された黒人奴隷の国で、エチオピアと並んでアフリカの中で独立を守り抜いた国です。, リベリアは強制的に連れてこられたアメリカの奴隷たちを祖国へと帰還させ、アフリカに彼らの国を作ろうとしたアメリカ植民教会の運動によって建国されました。アメリカの後ろ盾があったリベリアは、他の国の侵略を受けることもなく、現在のアフリカでエチオピアの次に古い国になっています。, 人類の誕生から現代までを解説したアフリカ史の入門書で、アフリカの歴史を現在の国境にこだわることなく地域ごとにまとめています。各章はその分野の専門家によって書かれており、アフリカの歴史では避けて通ることのできないヨーロッパによる侵略と植民地支配の歴史も詳しく書かれています。日本人にはあまり馴染みのないアフリカ史を分かりやすく学ぶことのできるおすすめの1冊です。, アフリカ諸国が独立を果たした現在では、アフリカ植民地は遠い過去の出来事にも思えます。ですが、アフリカ諸国の貧困や紛争など、アフリカ植民地の爪跡は現代の世界にも大きな影響を与えているといえます。, ヨーロッパの国のなかには、今でもかつての植民地に大きな影響力をもっている国もあり、アフリカ植民地の歴史を理解することで、現代の国際社会に対しても理解が深まるのではないでしょうか。. ガーナは19世紀以来、ゴールドコースト (黄金海岸) と呼ばれたイギリスの旧植民地でした。1957年「アフリカ独立の父」ともいわれるエンクルマ初代大統領らにより独立し、国旗が制定されました。1964年になると、エンクルマは終身大統領になります。 アフリカの歴史というと、16世紀以降、ヨーロッパ人による「奴隷貿易時代」から18世紀後半の「植民地時代」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。では、それ以前のアフリカの歴史は?人… この地にはじめて人類が出現したのはおよそ300万年ほど前であり、南アフリカの人類化石遺跡群においてアウストラロピテクスの化石が発見されている。 その後、狩猟採集民であるコイコイ人やサン人がこの地に居住していたが、やがてカメルーン近辺からバントゥー系民族が南下し、コイコイ人やサン人を追い払い、あるいは同化しながら紀元300年ごろには現南アフリカ共和国の北部・トランスヴァールまで進出し、1000年ごろにはグレート・フィッシュ川以北の線までやってきた。しかし、バントゥーは … 十五世紀末まで南アフリカはヨーロッパと隔絶された地であったが、1497年ヴァスコ・ダ・ガマが喜望峰経由でのインド航路を開拓すると、まずポルトガルが、続いて十六世紀末までに欧州諸国が相次いでアジアへと進出する。. 歴史を遡ると、アフリカ大陸の国の多くは1880年代から第一次世界大戦前にかけてヨーロッパ各国により植民地支配された経緯があります。 これがいわゆるアフリカ分割です。 北アフリカでは、1951年のリビア独立(旧イタリア植民地)を皮切りに、1956年にはモロッコ、チュニジア(旧フランス植民地)が独立した。 しかし、フランスによる植民地化が最も早かったアルジェリアでは、多くのフランス系白人(コロン)が独立に反対し、1954年より アルジェリア戦争 が勃発した。