目次 [ 閉じる] 天海祐希は宝塚音楽学校の受験が凄い!. 天海祐希は主席で宝塚音楽学校に入学した?. 宝塚音楽学校の受験生はお金持ち? 宝塚に入れるのは、お金持ちのお嬢様しか難しい…。 この噂は果たして本当でしょうか。 そもそも、このようなイメージを持つ人が多い理由は何なのでしょう。 1つ言えることは、宝塚歌劇団の歴史に関係があるのではないかと考えています。 © 2020 Daily Media[デイリー] All rights reserved. 元宝塚のトップで、現在女優として男女共に人気の高い天海祐希さん。. 宝塚音楽学校は成績がすべてといっても過言ではないくらい、厳しい序列があります。 本科生が行う文化祭は、2年間の集大成を披露する公演ですが、このプログラムも成績順に掲載されます。 首席も、最下位も、一目瞭然! 宝塚歌劇団の歴代トップスター一覧!天海祐希、真矢みき、真琴つばさなど大物女優から花組・雪組・星組・宙組・月組の現在のトップスター明日海りお、望海風斗、紅ゆずる、朝夏まなと、珠城りょうまで一気に振り返ります! 注目の首席・華世京は雪組配属!もはやすでに、 「かせきょー」と呼ばれている感がある、 首席の華世京さん 女優の長谷川京子さんの「ハセキョー」のようなので、 言いやすさや覚えやすさもいい感じです その注目のかせきょーくんは、 106期生の首席 です しかも、有望株! 宝塚歌劇団初の定年退職生徒 歌劇団舞踊教師(花柳禄春)、愛宝会会長。宝塚音楽学校の教育課程編成アドバイザー 2011年7月22日死去 桜緋紗子 娘役 19 1929 1940 退団後は舞台女優を経て仏門に入る。「小笠原日凰」(本名は 女性芸能人 小柳ルミ子は宝塚音楽学校を首席で卒業?歌劇団の同期は?若い頃のかわいい画像有! 1970年代から歌手として女優として活躍を続けている小柳ルミ子さん。 宝塚歌劇団の主役は、男役のタカラジェンヌだけではありません!娘役のタカラジェンヌも美人揃いなのです。今回は、歴代の美人娘役たちをランキング!気になる身長などのプロフィールもご紹介します… 担任の勧め?. 宝塚時代の画像が再び話題になっている女優の天海祐希さん。現在もなお衰えることを知らない美貌なのにも関わらず未だ独身。そんな天海祐希さんの結婚しない理由と独身宣言と報じられた内容。そして宝塚時代の若い頃の画像をご紹介! 宝塚の花形といえばズバリ男役ですよね!本当の男性以上にかっこいいとされている宝塚の男役スター。ここでは、男役の女優さんを人気順ランキングしています。 ※宝塚ファンへのアンケート調査の結果やネット上の意見を元にランキング付けをしています 実は、昭和45年(1970年)になんと同学年卒業生の中で首席として宝塚音楽学校を卒業されました。しかも宝塚歌劇団は2ヶ月で退団し、NHK連続テレビ小説「虹」で女優デビュー。1971年には歌手としてもデビューしています。 小柳ルミ子の出身や年齢、宝塚首席卒業から歌手デビュー等の経歴について! 小柳ルミ子さんと言えば大澄賢也さんのパートナーとして記憶していましたが、離婚されていたんですね。その後石橋正高さんという方と婚約されたようですが破局し現在は独身のようです。 さて晴れて首席で卒業。 すぐに歌手デビューとなるはずだったのですが、舞台は経験しておいた方が良いと言われ、そのまま宝塚歌劇団に入団、初舞台を経験されたようです。 その後2か月で退団。 同年NHK連続テレビ小説『 虹 』で女優 どんな伝説を残したのか、みていってみましょう!. エンタメ 女優小柳ルミ子の若い頃が超きれい!!宝塚時代の写真や黒木瞳との思い出!! 現在65歳にして様々なバラエティ番組に出演したり大好きなサッカーに熱中している小柳ルミ子さんですがネット上では歌手として活動していた若い頃が綺麗でかわいいと話題になっています。 芸能事務所は 『研音』 に所属し、元・宝塚歌劇団月組トップスターで、現在は女優として活動していますよ。 主に、テレビドラマ、映画、CMなどに出演しています。 1985年、宝塚音楽学校に 首席 … 20位は花總まりさんです。花總まりさんは、1991年に宝塚に入団されています。現在では、舞台女優として活躍されているようですね。やはり宝塚出身の方は舞台で活躍される方が多いようです。 首席で入学→首席で卒業?. 天紫珠李さんは歴代の宝塚娘役の中でも珍しい経歴の持ち主で、元々は男役だったところから娘役に転向したという過去を持っています。2 2015年の月組「1789」時点では男役として舞台に立っていました。 元宝塚のトップスターで、現在は押しも押されぬ大女優の天海祐希さん!!そんな天海さんは、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??気になる年収を徹底調査しました!! プロフィール 天海祐希さんは1967年8月8日生まれ、東京都出身です。 宝塚音楽学校入学は首席だったが、宝塚歌劇団入団時は26番 [8] だった。 1987年、73期生として宝塚歌劇団に入団 [9] 、雪組公演『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』(主演:平みち)で初舞台 … 宝塚音楽学校の文化祭がすごい!2020年卒業の106期生の文化祭の【内容】【感想】と【首席】を紹介!さらに【初舞台】やかわいいと評判の【すみれ募金】の様子をまとめる。 入学試験について. 実は女優の小柳ルミ子さんは宝塚出身です。 知らない人が多かったのではないでしょうか。 1970年に宝塚音楽学校を首席で卒業され、「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団し、2か月で退団した伝説の持ち主です。 rino_takarazukaさん(@rino_takarazuka)がシェアした投稿, AMMTH | We ♥ Amamiさん(@weloveamami)がシェアした投稿. 宝塚歌劇団でスターして脚光を浴び、退団したあとにも女優として活躍を続ける元タカラジェンヌは大勢います。今回は、舞台を変えてもなお人気を集める宝塚出身の女優さんたちをランキング形式でご紹介します。 ?」, 芸能界「結婚しない女たち」のオフレコ“オトコ事情”(2)吉田羊はあのスキャンダル後も株は急上昇, 吉永小百合が5年ぶりにフジテレビのバラエティー番組に登場! 天海祐希と石田ゆり子が吉永の私生活に迫る!, http://www.oricon.co.jp/news/2085725/full/, “天海祐希、天才シェフ演じる フジ連ドラ4年ぶり主演「とてもワクワクしております」”, http://www.oricon.co.jp/news/2077149/full/, 金曜ロードSHOW!:天海祐希主演「天才を育てた女房」放送 “孤高の数学者”岡潔を妻目線で描く, “アガサクリスティ2作品が二夜連続放送!天海祐希は“和製ミス・マープル”、沢村一樹は相国寺警部に”, http://www.cinemacafe.net/article/2015/11/30/36034.html, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/30/kiji/K20160930013448960.html, 妻夫木聡&水原希子のキスシーン!奥田民生に憧れる青年の恋を描くラブコメ予告編公開 - シネマトゥデイ, “天海祐希が死の女神に!「マイティ・ソー」最新作でC・ブランシェットの吹き替え挑戦”, http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1747876.html, http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1666180.html, https://www.oricon.co.jp/news/2153206/full/, ほぼ日刊イトイ新聞 天海祐希×糸井重里 飯島食堂へようこそ。天海祐希さんと、副菜ごはん。, 関西テレビ宝塚歌劇舞台中継(ザ・タカラヅカ、宝塚テレビロマン・はいからさんが通る、OH!タカラヅカ、タカラヅカ花の指定席), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=天海祐希&oldid=80341589, 歴代主演男役・主演娘役・組長・副組長の'・・'は先代次代関係なし、'-'は先代次代関係あり。◎マークは現在宝塚歌劇団に在籍している演出家。, *は複数回の受賞。男性は1992年から、60代以上は97年から、10代は99年から対象, 芸名は父親と相談し、漢字4文字、本名から一字と希望から「希」を使用、強運との姓名判断で言われている本名と同じ字画数の3つの条件から「天海祐希」「木条祐希」の2つの候補に絞られ、男役らしい「木条祐希」を選ぼうとしたが、副校長の「スケールが大きい」との助言で現在の「天海祐希」にした, 次の仕事へと向かうモチベーションは、自分の今までの仕事へのくやしさがある。人は悔しいから成長する。精一杯やったつもりでも去年よりも成長している自分が、去年の自分を観たら悔しい。だから人間は成長する, 過去にこだわらない姿勢のためか、2013年の宝塚音楽学校100周年式典を除いて、宝塚のイベントや式典には参加していない, 8月2日 - 8月30日『ミー・アンド・マイガール』(2幕 11場(新人公演:7場))(本公演数:48回)(, 11月16日 - 12月20日 『ミー・アンド・マイガール』(2幕 11場(新人公演:7場))(本公演数:44回)(宝塚大劇場公演), 3月3日 - 3月30日 『ミー・アンド・マイガール』(2幕 11場(新人公演:7場))(本公演数:47回)(東京宝塚劇場公演), 8月4日 - 8月30日 『南の哀愁 / ビバ!シバ!』(本公演数:45回)(東京宝塚劇場公演), 9月18日 - 9月21日 『リラの壁の囚人たち』(2幕 9場)(公演数:6回)(, 12月14日 - 12月17日 CRISTMAS DINNER SHOW ’88『Fresh Dream for You』(公演数:4回)(, 1月25日 特別公演『逸翁に捧げる夕べ』(4部 6場)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※, 3月4日-3月29日『恋と霧笛と銀時計 / レインボーシャワー』(本公演数:43回)(東京宝塚劇場公演), 5月19日 - 5月20日 『’89 TMP音楽祭 ザッツ・ムービーⅡ』(公演数:3回)(宝塚大劇場公演), 8月3日 - 8月29日 『新源氏物語 / ザ・ドリーマー』(本公演数:45回)(東京宝塚劇場公演), 9月1日 『レビュー記念日’89』(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※雪・花・星・専科合同公演, 11月25日 - 12月17日 『シャンテ・シャンテ・シャンテ』(2部 21場)(公演数:29回)(宝塚バウホール公演) ※月・星合同公演, 12月8日 『’89宝塚友の会 クリスマス会』(公演数:1回)(宝塚バウホール公演), 5月18日 - 5月19日 『’90 TMP音楽祭 サウンド・印・ビッグ・シティ』(2部)(公演数:3回)(宝塚大劇場公演), 6月3日 - 6月27日 『大いなる遺産 / ザ・モダーン』(本公演数:42回)(東京宝塚劇場公演), 12月2日 - 12月26日 『川霧の橋 / ル・ポアゾン〜愛の媚薬〜』(本公演数:44回)(東京宝塚劇場公演), 1月22日 - 1月27日 『ロミオとジュリエット』(2部 22場)(公演数:10回)(日本青年館公演), 3月28日 - 5月7日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』(2部 40場)(公演数:57回)(宝塚大劇場公演), 5月17日、5月18日 『’91 TMP音楽祭 エスノ・ポップス』(2部)(公演数:3回)(宝塚大劇場公演), 6月6日 - 6月9日 『第7回 朱里ダンスプロジェクト公演』SHOW CASE PART 7 Singing Dancing for you!(公演数:5回)(, - 【曲目】ワンダフル・モーニング、ビューティフル・デイ、メランコリー・ラプソディ、イッツ・ラブリー, 7月2日 - 7月31日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』(2部 40場)(公演数:50回)(東京宝塚劇場公演) ※7月6日に当時の, 7月6日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』(公演数:1回)(東京宝塚劇場公演), 9月1日 - 9月3日 『レビュー記念日’91』(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※雪組公演『ラバーズ・コンチェルト』のフィナーレのパレードの前に上演。, 11月10日 - 11月24日 『たとえば それは 瞳の中の嵐のように』(2幕)(公演数:22回)(宝塚バウホール公演), 4月4日 - 4月29日 『珈琲カルバナル / 夢・フラグランス』(公演数:43回)(東京宝塚劇場公演), 5月22日 - 5月23日 『’92 TMP音楽祭 SONG IN YOUR HEART』(公演数:3回)(宝塚大劇場公演), 9月12日 - 9月27日 『高照す日の皇子』(2幕)(公演数:25回)(宝塚バウホール公演), 10月2日 - 10月9日 『高照す日の皇子』(2幕)(公演数:12回)(日本青年館公演) ※10月9日には、徳仁親王が観劇, 11月2日 - 11月27日 『PUCK / メモリーズ・オブ・ユー』(公演数:43回)(東京宝塚劇場公演), 4月2日 - 5月10日 『 グランドホテル / BROADWAY BOYS』(公演数:56回)(宝塚大劇場公演), 5月21日 - 5月22日 『’93 TMP音楽祭 青春フォーエバー!』(2部)(公演数:3回)(宝塚大劇場公演), 5月30日 - 6月12日 『ロスト・エンジェル』(2部 18場)(公演数:18回)(宝塚バウホール公演), 7月2日 - 7月31日 『 グランドホテル / BROADWAY BOYS』(公演数:49回)(東京宝塚劇場公演), 9月2日 『レビュー記念日’93』(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※花組公演『イッツ・ア・ラブ・ストーリー』フィナーレのパレードの前に上演。このときの月組出演者は天海と麻乃佳世, 1月18日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』(1部)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演), 3月5日 - 3月9日 『夢の10セント銀貨』(2幕)(公演数:8回)(愛知厚生年金会館公演), 4月4日 - 4月27日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』(2部 38場)(公演数:44回)(東京宝塚劇場公演), 5月20日 - 5月21日 宝塚歌劇団80周年『TMPスペシャル 夢まつり宝塚’94』〜ファン感謝の夕べ(2部)(公演数:3回)(宝塚大劇場公演), 8月9日 - 8月11日 『シンポジウム 宝塚80』(宝塚バウホール公演) ※天海は、8月9日に, 9月1日『レビュー記念日’94』(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※家星組公演『ラ・カンタータ』のフィナーレの後に開催。各組トップによる公演PRを兼ねた挨拶。, 9月9日 宝塚歌劇団80周年記念式典『夢を描いて華やかに』(3部 28場)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演), 9月18日 - 10月10日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』(2部 37場)(地方公演) ※2部5場(カーテン前)のシーンは、地方公演版ではカットされている。, 10月1日 - 10月2日 メルパルクホール広島(→広島郵便貯金ホール→ALSOKホール→, 10月18日 宝塚歌劇団80周年記念『’94宝塚歌劇団大運動会〜夢を描いて華やかに』(開催数:1回)(, 11月2日 - 11月27日 『エールの残照TAKARAZUKA・オーレ!』(公演数:42回)(東京宝塚劇場公演), 12月23日 - 12月30日 『LE MISTRAL…鏡の中に消えた男…』 (公演数:12回)(シアター・ドラマシティ公演), 3月12日 - 3月25日 『Beautiful Tomorrow!』(2部 16場)(公演数:18回)(宝塚バウホール公演) ※, 5月10日 『ミー・アンド・マイガール』製作発表(ホテル阪急インターナショナル) ※ビル(天海)とサリー(麻乃)に扮し主題歌を月組生と「ランベス・ウォーク」を披露, 9月8日 - 9月9日 『’95 TCAスペシャル マニフィーク・タカラヅカ』(公演数:3回)(宝塚大劇場公演), 12月1日 - 12月26日 『ミー・アンド・マイガール』(2幕)(公演数:43回)(東京宝塚劇場公演) ※天海祐希・麻乃佳世 退団公演。12月25日、12月26日の本公演終了後、引き続き、天海祐希・麻乃佳世サヨナラショーあり, フジテレビ開局60周年記念 アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャルドラマ企画『, マヌエラ - 燃える上海 恋する女(1999年、PARCO劇場) - マヌエラ(永末妙子) 役, 文化放送スペシャル サヨナラ天海祐希、そして新たなる出発(たびだち)(1995年12月29日、, つかちゃん・のりこのGO!GO!ヒットパラダイス あなたが選ぶ 感動スター大賞・天海祐希スペシャル(1996年8月20日、, 天海祐希 スペイン 情熱の女たち(2013年3月16日・23日、NHK BSプレミアム), 天海祐希 魔法と妃と女たち「ロンドン編」(2015年6月13日、NHK BSプレミアム), 天海祐希 魔法と妃と女たち「スコットランド編」(2015年6月20日、NHK BSプレミアム), フォーサム臨時増刊 『天海祐希写真集 CIEL』(1994年2月1日、宝塚歌劇団), 報知グラフ '95-NO.5 12月号 宝塚ファンタジーVOL.3 SP 「アデュー天海祐希」(1995年12月10日、, 『演技でいいから友達でいて 僕が学んだ舞台の達人』所収「いかに動くか、いかに動かないか」松尾スズキとの対談 幻冬舎文庫, 講談社+α文庫 『明日吹く風のためにもっと遠くへ』(2001年10月20日、講談社), 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ(10月 - 12月期)助演女優賞(フジテレビ系『水曜日の情事』 - 佐倉あい 役), 2001年ニフティ映画大賞 主演女優賞 (『狗神』 - 坊之宮美希 役 / 『連弾』 - 佐々木美奈子 役), 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ(1月 - 3月期)助演女優賞(NHK『利家とまつ』 -, 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 助演女優賞(フジテレビ系『水曜日の情事』 - 佐倉あい 役、『利家とまつ』 - 佐々成政・正室 はる 役) 第3位に入賞。, 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役), 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ(7月 - 9月期)主演女優賞(日本テレビ系『ラストプレゼント』 - 平木明日香 役), 第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(日本テレビ系『ラストプレゼント』 - 平木明日香 役), 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 主演女優賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役), 第46回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 主演女優賞(日本テレビ系『女王の教室』 - 阿久津真矢 役), 2005年度 第9回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ主演女優賞(日本テレビ系『女王の教室』 - 阿久津真矢 役), 第32回放送文化基金賞番組部門・個別分野 出演者賞(日本テレビ系『女王の教室』第1回、最終回の演技), 2008年度 第12回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(TBS系『Around 40』 - 緒方聡子 役), 第61回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役), 2009年度 第13回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役), 第1回TSUTAYA onlineドラマアワード 2009年春(4月 - 6月)主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役), TV LIFE 第19回年間ドラマ大賞2009 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役), 第6回TVnavi2009年間大賞 最優秀主演女優賞 (フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役), 2009年度 第13回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役), 2010年勝手に演劇大賞 最優秀女優賞(薔薇とサムライ - 女海賊・アンヌ・ザ・トルネード役). 宝塚には昔からイケメン・美人の男役スターたちがたくさんいますが、歴代1位に輝くのは誰なのか?ランキング形式で見ていく最新の男役トップスターであるタカラジェンヌをチェック!中には現在女優や舞台で活躍されている方もいらっしゃいます! 渡辺プロダクションによる「宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる」との回答に、見事、1970(昭和45)年に宝塚音楽学校を首席で卒業。 同期には元専科の萬あきら、女優の麻実れい、東 … 中学生時代に演劇部に所属していた天海さん。宝塚のファンだった当時の担任から宝塚歌劇団への入団を勧められ、高校2年生を修了した1985年に宝塚音楽学校を受験し、なんと首席で合格。, 天海さんのお母さまは関係者の方から「よくぞ生んでくださった!」とお褒めの言葉を頂いたそうです。, カシスオレンジさん(@kashisu0722)がシェアした投稿 – 2019年 6月月27日午前8時35分PDT, 宝塚では、「新人公演」といって本公演と同じ演目を、入団1~7年目までの 新人達だけで演じる公演があります。, そしてこの新人公演に、なんと天海さんは入団1年目で主役に抜擢され、上級生たちからも驚かれました。, そして、ここからまだ新人公演に出演する学年でありながらトップスターに就任という異例の大出世を成し遂げます。, @amami_yuki_0808がシェアした投稿 – 2019年11月月24日午後12時42分PST, 入団してすぐに人気となった天海さんですが、なんとトップになってからわずか2年で退団してしまうんです。, 天海さんのあまりに早い退団に様々な憶測が飛び交いました。まず言われていたのが、すぐ主役になった天海さんを良く思わなかった上級生とそのファンからいじめを受けたというもの。, そして、天海さん自身が退団することで他の先輩や同期にもチャンスをあげたいというもの。天海さんの口から明確な発言がなかったため色々な憶測が出ましたが、元から女優を目指していたそうなので、宝塚の癖(話し方など)がつく前に退団した可能性もあるようです。, 宝塚といったら大きな羽根を背負っているイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。, 退団公演のフィナーレで、天海さんはその羽根を背負わずに登場したんです。これまで最後に羽根を背負わずに出てきたトップはいなかったそうなんですが、天海さんがどうしも羽根がつけたくないと言いそれを押し通してしまったそうです。, 天海さんの退団に伝説となったエピソードがもうひとつ。幕が降りる前、トップは観客に向かって手を振って終えることが当たり前でした。, しかし天海さんが顔を向けたのはファンではなく、一緒のステージに立っていた仲間たち。天海さんは在籍時、「同期が支えだった。」と話していたこともあったそうで、ファンにはもちろんですが仲間にも感謝の気持を表したようです。, 宝塚出身の芸能人は多くいますが、天海さんの同期や公演で相手役をした人は現在も芸能活動をしている人はいるんでしょうか。, 天海さんの同期で最初に名前があがるのが絵麻緒ゆうさんです。現在は「えまおゆう」に名前を変えて舞台を中心活躍しています。そして現在は本名の中島香織の名で議員となった苑ななみさんは、天海さんとは同じ月組でした。, 他にも舞台を中心に活躍している姿月あさとさん、歌手の青山雪菜さん、声優の葛城七穂さんなどがいます。, あまり宝塚時代のことを語らない天海さんですが、同期の方たちとは今での交流があるそうです。, 天海祐希さんの相手役として、麻乃佳世さん、森奈はるみさん、白城あやかさんがいます。, rino_takarazukaさん(@rino_takarazuka)がシェアした投稿 – 2019年 6月月17日午後6時21分PDT, 麻乃さんはとても顔が美しいことで有名でした。現在も舞台を中心にマルチな活躍をされています。, 森奈さんはお母さまもタカラジェンヌというサラブレッド。のちに入団する生徒の中には森奈さんに憧れて宝塚を受験したという人も多く、その人気の高さが伺えます。, 不仲で共演NGなんてウワサもありましたが、宝塚時代にあまり接点はなく一緒にいたところを見たことがないため不仲というウワサが立ってしまったみたいですね。, しかし天海さんは真矢さんのことを尊敬しているそうで、以前バラエティ番組の特番で共演した際に裏で談笑しているところも目撃されていたそうです。, しかしこちらも宝塚時代に共演したことはなく、信憑性はイマイチです。ただ、紫吹さんが天海さんが表紙の雑誌を投げ捨てたなんて情報も…。, 신도さん(@sindo__1001)がシェアした投稿 – 2019年 7月月4日午後7時00分PDT, ファンとの交流の場である「お茶会」の席では、モタモタしている時間にイライラした天海さん自身がその場を仕切り出し、そこからスムーズに写真撮影や直接お話などができたそうで、さすがといった感じですね。, また退団の際、ファンクラブの人たちにプレゼントを贈るのが慣例で、これまでは古株と新参者とではプレゼント内容が違っていたそうなのですが、天海さんは全てのファンに同じワイングラスを送ったんだそう。, rino_takarazukaさん(@rino_takarazuka)がシェアした投稿 – 2019年 6月月20日午前5時51分PDT, 当時絶大な人気を誇った天海さんですが、宝塚時代の作品がVHS、DVDで発売されています。, 有名なところだと、やはり『ベルサイユのばら』が人気で、宝塚時代の天海さんを観てみたい!と、この作品を手に取る方が多いようです。, そして『Me and My Girlミー&マイガール』は、新人公演で主役を演じ、サヨナラ公演でも演じたという天海さんにもファンにも思い入れのある作品です。, 長身と手足の長さ、そしてキレイな顔立ちで素敵な天海さんですが、宝塚時代は今以上にイケメンだったそう。, 歴代タカラジェンヌの人気ランキングではほぼ1位に輝く天海さん。退団がワイドショーで大きく取り上げられたり、宝塚に詳しくない人からの認知度の高さなどからも納得ですね。, RUNAMoonさん(@yuriishilove)がシェアした投稿 – 2019年 7月月4日午前6時45分PDT, 天海さんは宝塚の話をあまり自分からしないことから宝塚時代の称号を捨てたのでは…なんて言われているそうです。, 2014年、宝塚歌劇団の100周年記念式典が開催され、OG約1500人が出席したのですがその中に天海さんの姿はありませんでした。, 他にも宝塚関連のイベントには一切出ないそうで、唯一出たのが「母校だから」ということで宝塚音楽学校のイベントのみだそうです。, 昔からの宝塚ファンや関係者からは「生意気だ」という声もあったそうなのですが、自身は「元宝塚」というイメージを払拭しったこと、そして意味のないしきたりなどに縛られないようにという後輩への気遣いもあるそうです。, よく天海さんの宝塚時代のウワサとして「新人なのにすぐ主役になったことで先輩にイジメられた」「宝塚の古くからの体制に嫌気がさした」という話を聞きます。, その為宝塚と確執が生まれ退団したともいわれているようですが、サッパリした天海さんは別に宝塚を嫌っても恨んでもいません。, 現在宝塚関連のイベントにノータッチなのも本当に、もう過去のことたから、と思っているようです。, AMMTH | We ♥ Amamiさん(@weloveamami)がシェアした投稿 – 2019年 4月月13日午前9時22分PDT. 宝塚退団後は女優として活動を開始した寿美花代さんですが、芝居の世界よりもバラエティー番組での活躍が目立ちますね。高嶋政宏さん、高嶋政伸さんの実母でもあり、役者としての才能は子供たちにも受け継がれているようです。 宝塚ファンの間では有名な天海さんの伝説がかなりスゴイんだそうです。. 天海 祐希(あまみ ゆうき 1967年8月8日[3] - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組トップスター[5]。東京都台東区東上野出身[2]。研音所属[4]。本名は中野 祐里(なかの ゆり)[1]。愛称はゆりちゃん、ゆり[6]。, 中学で演劇部に入り2年生の時に宝塚ファンの担任に勧められ、宝塚歌劇団への入団を志望。高校生の時に宝塚音楽学校の受験準備のため、「大滝愛子バレエ・アート」に通うようになる[7]。台東区立西町小学校、台東区立御徒町中学校、菊華高等学校(現・杉並学院高等学校)2年修了後の1985年、宝塚音楽学校に首席で入学。宝塚音楽学校入学は首席だったが、宝塚歌劇団入団時は26番[8]だった。, 1987年、73期生として宝塚歌劇団に入団[9]、雪組公演『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』(主演:平みち)で初舞台[10]。同期にはいずれも女優の絵麻緒ゆう[11](現在のえまおゆう)(2002年のみ雪組トップ)、匠ひびき[11](2001年から2002年まで花組トップ)、歌手の姿月あさと[11](1998年から2000年まで宙組トップ)の3人の元トップスターのほか、女優の青山雪菜(元娘役スター)、声優の葛城七穂、芦屋市議会議員の苑ななみ(現在の中島かおり)が入団した。当時の月組トップスターは剣幸[12]。尚『サマルカンド〜』新人公演ではバルフ王子(本役:鮎ゆうき、当時雪組新進の男役だった)役に配され初舞台生の新人公演配役としては異例の目立つポジションの役どころをもらった。その後月組に配属。同年の月組バウホール公演『青春の旋風〜リトル・ヒーロー三四郎』で早くも準主役のひとりブーン役に抜擢され、年末公演の『ミー・アンド・マイガール』で研一(入団一年目)にして新人公演に初主演。, 1989年、歌劇団ニューヨーク公演(メイン・大浦みずき、他に紫苑ゆうらが出演)メンバーに選出。1991年には4期上の久世星佳・若央りさや1期上の真織由季・大海ひろらを飛び越し月組2番手男役スターとなる。, 1993年に初舞台から7年(正式には6年半)で月組トップスターに就任。天海の後任になる月組男役トップスターは2004年に彩輝直が就任するまで3代(久世、真琴つばさ、紫吹淳)続けて天海より上級生であることや、また、この年行われた『ミリオン・ドリームズ』『風と共に去りぬ』新人公演主演(在団7年目まで)は、天海の同期生である姿月が演じることになったことからもその出世の速さがわかる。史上最速ペースでトップに就任したことから大地真央を上回る男役と言われたこともある[2]。, 1995年12月、28歳の時に『ミー・アンド・マイガール』で退団。相手役の麻乃佳世と同時退団だった。退団の際にはワイドショーで特集が組まれるなどマスコミ各社の高い関心を集めた。退団後すぐは、舞台ではなく映像の仕事にこだわり、特に宝塚の延長になるのは困ると多く来たミュージカルの仕事は選ばず、テレビドラマや映画に出演する[13]。初仕事は、自分を見つめなおすため、キャスト・主要スタッフは、監督含めて日本人は天海1人の全編シアトルロケで英語セリフの、日米合作映画「クリスマス黙示録」を選択した[14]。舞台には退団して3年目に新作がいいと演劇の「マヌエラ - 燃える上海 恋する女」に出演し、それからは出るようになる[15]。映像作品では、171cmの長身とあまりにも強烈過ぎた宝塚時代のイメージから、当初は女優としての個性を確立するのに苦労したが、のちに女刑事や女弁護士などの役で生来の存在感を示すようになった[2]。, 退団決定後に幾多かの芸能事務所から勧誘があった。石原プロモーション入りを希望したが、男性俳優専門の石原プロ側から断られている[16]。天海の親友が当時在籍していたフライングボックスに所属し、映画やテレビドラマなど、活躍の場を広げた。『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』で共演した唐沢寿明に誘われ、2003年1月1日付けで現在の所属事務所である研音へ移籍[17]。テレビドラマでは、2004年以降は単独で主演を務める例が多い。, 高峰妙子・・初代瀧川末子・・奈良美也子・・汐見洋子・・神代錦・・打吹美砂・・越路吹雪・・淀かほる・・星空ひかる・・麻鳥千穂 ・・甲にしき - 安奈淳、松あきら&瀬戸内美八 - 榛名由梨&安奈淳 - 安奈淳 - 松あきら - 松あきら&順みつき - 順みつき - 高汐巴 - 大浦みずき - 安寿ミラ - 真矢みき - 愛華みれ - 匠ひびき - 春野寿美礼 - 真飛聖 - 蘭寿とむ - 明日海りお - 柚香光(現役), 秋田露子・・初代春日花子・・初代大江美智子・・久美京子・・打吹美砂・・日下輝子・・宮城野由美子・・鳳八千代・・夏亜矢子・・美和久百合・・竹生沙由里・・上原まり(固定でない) - 上原まり&北原千琴 - 美雪花代 - 若葉ひろみ - 秋篠美帆 - ひびき美都 - 森奈みはる - 純名里沙 - 千ほさち - 大鳥れい - ふづき美世 - 桜乃彩音 - 蘭乃はな - 花乃まりあ - 仙名彩世 - 華優希(現役), 高砂松子 - 初代瀧川末子 - 奈良美也子 - 三浦時子 - 汐見洋子 - 神代錦 - 打吹美砂 - 大路三千緒 - 藤波洸子 - 打吹美砂 - 畷克美 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 恵さかえ - 但馬久美 - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 星原美沙緒 - 磯野千尋 - 夏美よう - 高翔みず希(現役), 秩父晴世 - 打吹美砂 - 楓茂美 - 玉野ひかり - 日下輝子 - 櫻野美也子 - 玉野ひか留 - 美山しぐれ - 桃山千歳 - 桂木ゆたか - 睦千賀&桂木ゆたか - 御幸沙智子&歌川波瑠美 - 歌川波瑠美 - 藤園さとみ - 銀あけみ - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 磯野千尋 - 一原けい - 梨花ますみ - 高翔みず希 - 悠真倫 - 紫峰七海 - 花野じゅりあ - 芽吹幸奈 - 冴月瑠那(現役), 天津乙女・・門田芦子・・小夜福子・・佐保美代子・・久慈あさみ・・南悠子・・故里明美・・藤里美保・・内重のぼる・・古城都 - 大滝子&榛名由梨 - 大滝子 - 榛名由梨 - 大地真央 - 剣幸 - 涼風真世 - 天海祐希 - 久世星佳 - 真琴つばさ - 紫吹淳 - 彩輝直 - 瀬奈じゅん - 霧矢大夢 - 龍真咲 - 珠城りょう(現役), 住江岸子・・笹原いな子・・初代有明月子・・雲野かよ子・・勿来なほ子・・轟夕起子・・浦島歌女・・淡島千景・・固定スター不在(筑紫まり、加茂さくらら)・・八汐路まり - 初風諄 - 小松美保 - 五條愛川 - 黒木瞳 - こだま愛 - 麻乃佳世 - 風花舞 - 檀れい - 映美くらら - 固定スター不在 - 彩乃かなみ - 固定スター不在 - 蒼乃夕妃 - 愛希れいか - 美園さくら(現役), 初瀬音羽子 - 天津乙女 - 門田芦子 - 小夜福子 - 佐保美代子 - 室町良子 - 美吉左久子 - 畷克美 - 故里明美 - 沖ゆき子 - 美山しぐれ - 水代玉藻 - 麻月鞠緒 - 朝みち子 - 汝鳥伶 - 邦なつき - 汝鳥伶 - 立ともみ - 夏河ゆら - 出雲綾 - 越乃リュウ - 飛鳥裕 - 憧花ゆりの - 光月るう(現役), 山部志賀子 - 野花千代 - 天城月江 - 沖ゆき子 - 葦城まこと - 朝倉道子 - 畷克美 - 清川はやみ - 睦千賀 - 恵さかえ - 恵さかえ&岬ありさ - 小柳日鶴 - 葉山三千子 - 榛名由梨 - 有明淳 - 汝鳥伶 - 京三紗 - 葵美哉 - 梨花ますみ - 夏河ゆら - 光樹すばる - 嘉月絵理 - 越乃リュウ - 花瀬みずか - 憧花ゆりの -綾月せり - 光月るう - 夏月都(現役), 高峰妙子・・雪野富士子・・初音麗子・・春日野八千代・・明石照子・・真帆志ぶき・・郷ちぐさ&汀夏子 - 汀夏子 - 麻実れい - 平みち - 杜けあき - 一路真輝 - 高嶺ふぶき - 轟悠 - 絵麻緒ゆう - 朝海ひかる - 水夏希 - 音月桂 - 壮一帆 - 早霧せいな - 望海風斗(現役), 御垣悦子・・初代紅千鶴・・櫻町公子・・深緑夏代・・乙羽信子・・固定スター不在(東郷晴子ら)・・新珠三千代・・浜木綿子・・加茂さくら・・大原ますみ・・摩耶明美&高宮沙千 - 高宮沙千 - 東千晃 - 遥くらら - 固定スター不在 - 神奈美帆 - 鮎ゆうき - 紫とも - 花總まり - 月影瞳 - 紺野まひる - 舞風りら - 白羽ゆり - 愛原実花 - 固定スター不在 - 舞羽美海 - 愛加あゆ - 咲妃みゆ - 真彩希帆(現役), 2代目若菜君子 - 桂よし子 - 秋月さえ子 - 初音麗子 - 春日野八千代 - 天城月江 - 東郷晴子 - 登代春枝 - 美吉左久子 - 大路三千緒 - 睦千賀 - 曽我桂子 - 銀あけみ - 真咲佳子 - 京三紗 - 箙かおる - 飛鳥裕 - 梨花ますみ - 奏乃はると(現役), 千村克子 - 梢音羽 - 清川はやみ - 壬生櫻子 - 緋櫻陽子 - 水原節子 - 淡路通子 - 三鷹恵子 - 三鷹恵子&木花咲耶 - 曽我桂子&葉山三千子 - 曽我桂子 - 岸香織 - 尚すみれ - 真咲佳子 - 沙羅けい - 北斗ひかる - 飛鳥裕 - 灯奈美 - 未来優希 - 麻樹ゆめみ - 奏乃はると - 千風カレン(現役), 春日野八千代・・葦原邦子・・南悠子・・寿美花代・・那智わたる・・上月晃・・鳳蘭&安奈淳 - 鳳蘭 - 瀬戸内美八 - 峰さを理 - 日向薫 - 紫苑ゆう - 麻路さき - 稔幸 - 香寿たつき - 湖月わたる - 安蘭けい - 柚希礼音 - 北翔海莉 - 紅ゆずる - 礼真琴(現役), 梓真弓・・浅茅しのぶ・・宮城野由美子・・初風諄・・大原ますみ - 固定スター不在(衣通月子、奈緒ひろき、初風諄ら) - 遥くらら - 東千晃 - 姿晴香 - 南風まい - 南風まい&湖条れいか - 南風まい - 毬藻えり - 白城あやか - 月影瞳 - 星奈優里 - 渚あき - 檀れい - 白羽ゆり - 遠野あすか - 夢咲ねね - 妃海風 - 綺咲愛里 - 舞空瞳(現役), 門田芦子 - 汐見洋子 -(星組廃止中)- 神代錦 - 水原節子 - 御山櫻 - 天城月江 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 葉山三千子 - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種(現役), (星組廃止中) - 美吉左久子 - 汐風享子 - 瑠璃豊美 - 由美あづさ - 汐風享子 - 畷克美 - 鳴海潮 - 瑠璃豊美 - 木花咲耶&水代玉藻 - 木花咲耶 - 麻月鞠緒 - 但馬久美 - 新城まゆみ - 萬あきら - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種 - 白妙なつ(現役), 姿月あさと - 和央ようか - 貴城けい - 大和悠河 - 大空祐飛 - 凰稀かなめ - 朝夏まなと - 真風涼帆(現役), 花總まり - 紫城るい - 陽月華 - 野々すみ花 - 実咲凜音 - 固定スター不在 - 星風まどか(現役), 1期生 - 2期生 - 3期生 - 4期生 - 5期生 - 6期生 - 7期生 - 8期生 - 9期生 - 10期生, 11期生 - 12期生 - 13期生 - 14期生 - 15期生 - 16期生 - 17期生 - 18期生 - 19期生 - 20期生, 21期生 - 22期生 - 23期生 - 24期生 - 25期生 - 26期生 - 27期生 - 28期生 - 29期生 - 30期生, 31期生 - 32期生 - 33期生 - 34期生 - 35期生 - 36期生 - 37期生 - 38期生 - 39期生 - 40期生, 41期生 - 42期生 - 43期生 - 44期生 - 45期生 - 46期生 - 47期生 - 48期生 - 49期生 - 50期生, 51期生 - 52期生 - 53期生 - 54期生 - 55期生 - 56期生 - 57期生 - 58期生 - 59期生 - 60期生, 61期生 - 62期生 - 63期生 - 64期生 - 65期生 - 66期生 - 67期生 - 68期生 - 69期生 - 70期生, 71期生 - 72期生 - 73期生 - 74期生 - 75期生 - 76期生 - 77期生 - 78期生 - 79期生 - 80期生, 81期生 - 82期生 - 83期生 - 84期生 - 85期生 - 86期生 - 87期生 - 88期生 - 89期生 - 90期生, 91期生 - 92期生 - 93期生 - 94期生 - 95期生 - 96期生 - 97期生 - 98期生 - 99期生 - 100期生, 101期生 - 102期生 - 103期生 - 104期生 - 105期生 - 106期生, 1914年 - 1915年 - 1916年 - 1917年 - 1918年 - 1919年, 1920年 - 1921年 - 1922年 - 1923年 - 1924年 - 1925年 - 1926年 - 1927年 - 1928年 - 1929年, 1930年 - 1931年 - 1932年 - 1933年 - 1934年 - 1935年 - 1936年 - 1937年 - 1938年 - 1939年, 1940年 - 1941年 - 1942年 - 1943年 - 1944年 - 1945年 - 1946年 - 1947年 - 1948年 - 1949年, 1950年 - 1951年 - 1952年 - 1953年 - 1954年 - 1955年 - 1956年 - 1957年 - 1958年 - 1959年, 1960年 - 1961年 - 1962年 - 1963年 - 1964年 - 1965年 - 1966年 - 1967年 - 1968年 - 1969年, 1970年 - 1971年 - 1972年 - 1973年 - 1974年 - 1975年 - 1976年 - 1977年 - 1978年 - 1979年, 1980年 - 1981年 - 1982年 - 1983年 - 1984年 - 1985年 - 1986年 - 1987年 - 1988年 - 1989年, 1990年 - 1991年 - 1992年 - 1993年 - 1994年 - 1995年 - 1996年 - 1997年 - 1998年 - 1999年, 2000年 - 2001年 - 2002年 - 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年, 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年 - 2018年 - 2019年, 天津乙女(1928年~1933年月組組長、1980年在団のまま死去) ・・ 門田芦子(~1933年月組組長、1933年~1937年星組組長、1938年退団) ・・ 小夜福子(1939年からは月組組長も兼任、1942年退団) ・・ 佐保美代子(1944年退団) ・・ 久慈あさみ(1950年退団) ・・ 南悠子(1971年退団) ・・ 故里明美(1959年退団) ・・ 藤里美保(1964年退団) ・・ 内重のぼる(1967年退団) ・・ 古城都(1967年5月31日?~1973年11月29日?) - 大滝子&榛名由梨(1973年11月30日?~1975年1月30日) - 大滝子(1975年1月31日~1976年6月22日) - 榛名由梨(1976年6月23日~1982年7月31日<1979年~副組長兼任>、1982年8月1日専科へ組替)  - 大地真央(1982年8月1日~1985年9月1日) - 剣幸(1985年9月2日~1990年12月26日) - 涼風真世(1990年12月27日~1993年7月31日) - 天海祐希(1993年8月1日~1995年12月26日) - 久世星佳(1995年12月27日~1997年4月30日) - 真琴つばさ(1997年5月1日~2001年7月2日) - 紫吹淳(2001年7月3日~2004年3月21日) - 彩輝直(2004年3月22日~2005年5月22日) - 瀬奈じゅん(2005年5月23日~2009年12月27日) - 霧矢大夢(2009年12月28日~2012年4月22日) - 龍真咲(2012年4月23日~2016年9月4日) - 珠城りょう(2016年9月5日~), すったもんだがありました 宮沢りえ / イチロー(効果) イチロー(オリックス・ブルーウェーブ) / 同情するならカネをくれ 安達祐実, 無党派 青島幸男(東京都知事) / NOMO 野茂英雄(ロサンゼルス・ドジャース) / がんばろうKOBE 仰木彬(オリックス・ブルーウェーブ監督), 自分で自分をほめたい 有森裕子(マラソン選手) / 友愛 / 排除の論理 鳩山由紀夫(民主党代表) / メークドラマ 長嶋茂雄(読売ジャイアンツ監督), ハマの大魔神 佐々木主浩(横浜ベイスターズ) / だっちゅーの パイレーツ(お笑い芸人), ブッチホン 小渕恵三(内閣総理大臣) / リベンジ 松坂大輔(西武ライオンズ) / 雑草魂 上原浩治(読売ジャイアンツ), おっはー 慎吾ママ / IT革命 木下斉(商店街ネットワーク社長・早稲田大学高等学院三年), 「小泉語録」(米百俵・聖域なき構造改革・恐れず怯まず捉われず・骨太の方針・ワイドショー内閣・改革の「痛み」) 小泉純一郎(内閣総理大臣), タマちゃん 佐々木裕司(川崎市民)、黒住祐子(フジテレビ・レポーター) / W杯(中津江村) 坂本休(中津江村・村長), 毒まんじゅう 野中広務(元衆議院議員) / なんでだろ〜 テツandトモ(お笑いグループ) / マニフェスト 北川正恭(早稲田大学教授), 小泉劇場 武部勤(自由民主党幹事長)ほか / 想定内(外) 堀江貴文(ライブドア社長), (宮崎を)どげんかせんといかん 東国原英夫(宮崎県知事) / ハニカミ王子 石川遼(アマチュアゴルフ選手), 高汐巴、大浦みずき、若葉ひろみ、但馬久美、朝香じゅん、秋篠美帆、安寿ミラ、真矢みき, 紫苑ゆう、麻路さき、白城あやか、稔幸、真織由季、絵麻緒ゆう、神田智、湖月わたる、星奈優里、月影瞳(東京公演のみ), 真矢みき、純名里沙、愛華みれ、海峡ひろき、美月亜優、詩乃優花、紫吹淳、匠ひびき、渚あき、初風緑, 愛華みれ、大鳥れい、匠ひびき(宝塚公演のみ)、伊織直加(専科)、楓沙樹、春野寿美礼、瀬奈じゅん, 和央ようか、花總まり、初風緑(専科)、安蘭けい(星組・東京公演のみ)、水夏希、大和悠河、遼河はるひ、彩乃かなみ, 天海祐希『明日吹く風のためにもっと遠くへ』 講談社+α文庫 2001年、PP.15-16, 天海祐希『明日吹く風のためにもっと遠くへ』 講談社+α文庫 2001年、PP.13-14, 『演技でいいから友達でいて 僕が学んだ舞台の達人』所収「いかに動くか、いかに動かないか」P.115 松尾スズキとの対談 幻冬舎文庫, 天海の母が石原裕次郎の大ファンだったことから、天海が生まれると「裕」の文字にちなんだ名前を考えたが、画数から「祐里」とした。宝塚歌劇団に入団する際の芸名に「石原 裕」を薦めたが、本名「祐里(ゆり)」の「, 「小泉語録」(米百俵・聖域なき構造改革・恐れず怯まず捉われず・骨太の方針・ワイドショー内閣・改革の「痛み」), http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090706-514644.html, 「天海、宝塚退団後石原プロ入り検討も」日刊スポーツ新聞社2009年7月6日記事(2013年3月14日確認), 2008/07/22(火「7月23日女優・天海祐希さんがファイターズ公式戦で始球式, 『日刊SPA!』2019年11月11日「天海祐希のカッコよすぎる人生哲学。もはや国民的アネゴ!