半年が経ち生活も落ち着いてきましたが、何か最後に話をしたかったのではないかと気になります。よくテレビで死んだ人と話をしているのを見ますがどこに行けばいいのでしょうか?教えてください。, 多くの方が仰っていますが、残念ながら不可能だとお考えください。 そんな中、今年に入ってすぐ、父親が他界しました。 危篤の知らせをうけて集まった家族や親せきが話していることは全部聞こえているようです。 祖父や愛犬などの死を何度か経験しているので、今生きている人達もいつかそうなってしまうと棺桶に入って、何も映さない目を閉じ、もう動かない様子を想像してしまいます。 2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。 死が怖いです。 いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している感じです)せん妄らしき意識障害もしばしばみられます。微熱も続いています。 死についてポジティブな意見をいだけませんでしょうか。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 今こうしている間にも時は流れて、1歩ずつ死に向かっていると思ってしまいます。 これは先輩の友人が体験した話だ。 その友人にはまだ十代の妹がいた。 妹は高校中退した後、ふとしたきっかけでホスト遊びにはまり、ちょっとした借金ができたそうだ。 どんな小さなことでもいいです。ご存知のことがあれば教えていただけないでしょうか。 頂けないでしょうか?, 聞いた話しですが、 この怖い話は約 2 分で読めます。 45 本当にあった怖い名無し sage 2008/03/26(水) 02:13:18 ID:5MgUVXSUO 自分の住んでいる所は田舎で街中から帰るときは結構時間がかかる。 家族が大好きなのに、死ぬのが怖すぎて生まれたくなかったと思ってしまいます。こんな思いを自分の子供にはさせたくなくて、将来子供をつくるのも躊躇ってしまいます。生まれなかったら死ぬこともないから、そっちの方が断然幸せなのではないかと思ってしまいます。 暮れには煙となるもあり 憐れ儚きわれらかな 娑婆は日に日に遠ざかり それ以外でも土葬できる墓地を探さなければいけません。 2020/4/22 人間が怖い話, 意味不明だが怖い話. 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。 通常、危篤状態になってから臨終するまでの期間はどれ位なんでしょうか? または熱さで生き返ったりすることは絶対ないのでしょうか?, 実際に死んだ人がいないのでわかりません。 「このたびは、大変な事になっているみたいですが、ご病人の様態はいかがですか?」 家族もみんな特に大病もないですが、事故や天災でもう会えなくなってしまうかもしれない。 今を楽しく生きたいし、夢もあって叶えたくて んで、じいちゃんが生前、部屋の出入りに使っていた窓があったんだけど、そこから出入りしているよ~と従兄が教えてくれたのには驚いたよ。 人間は脳死状態になる直前までは、最後まで耳が聞こえるといいます。 私の考えは異常ですか? 「意識は最後まであるものですか?」 花に譬えば朝顔の 露より脆き身を持ちて 何故に後生を願わぬぞ 場合もあります。 死んで自分の意識が永遠になくなることも、いま当たり前におくれている生活がいつか終わってなくなってしまうことも、将来やってくる家族の死も何もかもが怖いです。 それは親を何よりも悲しませてしまうことだというのは重々承知しています。 というような教育を受けて育ってきました。私は、そういった価値観に馴染めず、その理由はあろうことか臆病なまでの自尊心にあるのです。ナイーブでネガティブ、なのに自分が死ぬのだけは耐えられない、こんな自分勝手な自分が嫌になります。死ぬのが怖いなんて思うのはいやなんです。 わざわざあんな高温で焼かなくても・・・死んだらこんな風になると思うと気が狂いそうです。 「無ではないかもよ」というエピソードを聞かせて頂いたら嬉しいです。 吐き気も涙も止まらないです。 また、テレビ(マスコミ)は基本的に自分たちの視聴率のみが重要なもので、そのためならば嘘を流すことも厭いません。特に、アンビリーバボー、USO、これマジ、といったものはもちろん、特命リサーチ、あるある大辞典など、嘘や誇張の情報を平気で流しております。あれは基本的にエンターテインメントとお考えください(エンターテインメントですから芸人さんや単なるタレントなどが司会やゲストをしています)。また、あのような番組に出ている自称霊能力者が実はカルトの教祖だったりすることなどは比較的多いケースです。 でも、道を歩いていても、一つ一つ思い出すことがあり、あの時自分は何を思ったと自分の考えていたことさえ思い出せて、それすら悲しくなります。 今回は、死後の世界があるかないかではなく、(生きている人にはわからないのだから) 自然に流されて、克服できたらいいのではないでしょうか。, との事ですが、無理に此れ等を克服しようと為さらない事です。 意識は最後まであるものですか? 昔から火に対するイメージが悪いのかもしれません。 葬式が怖いです。 子供の頃に祖母の葬式に参加した時、遺体を見て眩暈がし、お骨を拾う時に過呼吸になってしまいました。その出来事がトラウマとなり、親類・知人の葬式に参加できなく … すると突然、自分の確実にある死を意識させられました。 「怒られるのが怖い」という苦しさは、育ってきた家族の機能不全に由来することも多く、アダルトチルドレンの生きづらさの1つとなっています。オフィスTでは「アダルトチルドレンの癒し」の中で、「怒られるのが怖い」という思いからの解放を目指した取り組みに特に力を入れております。 お迎え現象が私にも来てくれたら嬉しいなというだけです。 うちのじいちゃん、死ぬ時はもう歩けなかったからね。 自然の摂理ですし、祖母や親の方が確実に先に死んでしまうこと、人間よりも寿命の短い動物の方が先に死んでしまうことは理解しています。 私は一人っ子のため、相談できる兄弟も居らず、今苦しい時間を過ごしています。 百箇日が近づくと、親戚の人に見えるお母様の姿もだんだん薄くなり、メッセージも減ってきたようです。 火葬が怖い人もいれば、死そのものが怖い人もいる。 だから毎日必死に、生きる事に集中するんじゃないかなぁ? ユーザーID: 6570960352 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? まだ身近な人が亡くなっていないのにこんなことを考えてしまう自分も嫌です。 死んでも実は意識だけあって、焼かれていても動けないでってことはないとは言い切れません。, 実際に魂があったとしても死んだらすぐ魂が離れるなんて人間の思い込みじゃないですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? 今が其の姿の現れかと存じます。, 青年多感期の頃においては、かなり衝撃が強すぎたのかもしれません・・克服していくためには、「無常」観をいかに理解できるのかが大切なことになるのではないかと存じております。, コン様の菩提寺様のご宗旨は分かりませんが、もしも浄土系でございましたら無常観を考える上にて重要となる下記二つのお経を挙げさせて頂きますので、少しくでもご参考として頂けましたら幸いに存じます。, 帰命頂礼釈黒谷の 円光大師(法然上人)の教えには 人間僅か五十年 また、死後の世界があるかどうかということにも意見を聞きたいです。, hasunoha(ハスノハ)は、あなた自身や家族、友人がより良い人生を歩んでいくための生きる知恵(アドバイス)をQ&Aの形でお坊さんよりいただくサービスです。, 友だち、同僚、先生、両親、インターネットの掲示板など相談する人や場所はたくさんあると思います。, そのひとつに、「お坊さん」を考えたことがなかったのであれば、ぜひ一度相談してみてください。なぜなら、仏教は1,500年もの間、私たちの生活に溶け込んで受け継がれてきたものであり、僧侶であるお坊さんがその教えを伝えてきたからです。, 心や体の悩み、恋愛や子育てについて、お金や出世とは、助け合う意味など、人生において誰もが考えることがらについて、いろんなお坊さんからの癒しや救いの言葉、たまに喝をいれるような回答を参考に、あなたの生き方をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。. 疑問になりましたので経験者・火葬場や斎場勤務者の方教えて 百箇日過ぎたら、より前向きに生きて行きますのでよろしくお願いいたします。, 母の死からもうすぐ100日になります。 自分は霊とか信じないタイプだから「ふ~ん」って流していたけど、その従兄の子は、葬式までうちに来た事がなかったんだよね。 腎臓の機能が低下すれば…… さらに抜けられなくなりました。 あまり改善されません。  ただし骨壷に入りきらないけどもう少し入れたいという場合は、お箸で叩いて割ることもありますし(簡単に割れます)骨壷の上に白いハンカチをかぶせて上からぎゅっと押さえて無理やり砕くこともあります。すべて遺族・親族の前でしますけどね。 祖母やまた親兄弟、親戚関係で何かあったのではないでしょうか? 南無阿弥陀仏 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 死後の世界はあるのか 生まれ変わったりするのか なんてずっと考えてしまいます 少しでも心の準備ができればと思います。 苦しみが増しますか?  もう少し楽に生きたいし、 どうかよろしくお願い致します。, 私は相当な自意識過剰で、表には余り出せず当たり障りのない振る舞いをしていますが、おそらく普通の人の何倍も自己中心的な考えをしています。 火葬場の職員のトラウマ. あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 等といってみるのもひとつですよ。, 主人が亡くなりました。本当に突然何の前触れもなくなくなりました。 そしてずっと寝ていると、次第にその母親がいつか亡くなってしまうのかと考えてしまい、動悸が収まらなくなります。自分が死ぬことも怖くて恐ろしいです。 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 皆さんはこんなこと考えないですか?私だけかなぁ・・・。, 熱いと感じるのは生きている証拠です。 少しでも楽になるように、私たち家族は何をしてあげればよいのでしょうか。 私の意識は死んだらどうなるのでしょうか。そしてこの様々な恐怖はどうやったらなくなるのでしょうか。弱い私に、どうかご助言をよろしくお願い致します。, 死ぬことが怖くて、そのことだけが頭の中で渦巻いています。 たとえ浮世に長らえて 楽しむ心に暮らすとも 老いも若きも妻も子も がんが特別な毒素を出すわけではありません。 見つからない状況で親戚が火葬場の職員に大ブーイング。 そのため、自分がいつか死ぬ、という事実がとてつもなく怖いです。私にとっては今ある私の意識が全てなんです。それがいつか消えて二度と戻ってこないなんて考えただけで気が狂いそうになります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 何かにつけて不安になりやすい子供でした。自分の体の症状を気にしすぎて、 母が亡くなった後、ヘルパーさんから不思議な話を聞きました。 「苦しみが増しますか?」 追突する瞬間、目の前が真っ赤だったそうです。 火葬が怖いです。 さらに今年出産をして、両親だけではなく、自分の家族への死の恐怖も覚えてしまいました。 必要が有るかもしれません。 すごく自己中心的ですが、もう私の記憶のある限りの今世でもう会えないなら、記憶のない来世でなど意味が無いと思ってしまいます。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 (実家には、父親、母親が健康でいるそうです) 皆さんは「怪人アンサー」をご存じだろうか?「怪人アンサー」とは、どんな質問にも答えてくれる妖怪のことで、携帯電話を用いた簡単な儀式で呼び出すことができる。 まず、10人が円形に並ぶ。そして … 何気なく 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 両親とは離れて暮らしていますが、とても仲が良く、月に1度は長距離を移動して会っています。母とは毎日電話をするほどです。 そんな風に悩んでいると、自分の人生がとても短いもののように感じて怖くなります。何も手がつかなくなる時があります。 知り合いの方が車で事故を起こされました。 入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。 どうすれば泣かずにすむのでしょうか。 無ければTFT療法も効果があります。, ”恐怖やトラウマ”とのことですが、どのようなときにそう感じるのでしょうか? 葬儀社に勤めていた薫さんは不思議な体験をされている。 彼女自身は忙しさから仕事を退職したが、 ――あそこ祭壇の花と花の間から、毎回顔が覗くから怖い。 と言い残して辞めていった後輩がいる。 後輩は神奈川のとある葬儀場に行くことを非常に嫌がっ 9月になっても戻ってきません。まだ危篤状態とのことです。 足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。 このような恐怖やトラウマをどう克服すれな良いのでしょうか? また、失礼ですが、祖母君様の年齢が90を超え、骨が衰えていたりした場合(骨粗相症など)や、薬物治療などを長期に渡って行っていた場合、骨がもろくなっていて残らない場合があります。 子供が怖い夢を見たと言ってママにしがみついてきたりすることもありますよね。熟睡できていないのかな?と心配になるママもいますよね。幼児が怖い夢を見る理由と対処方法を紹介します。 霊感の強い従兄の子が、葬式で「あそこにじいさんいるよ」と言っていた。 死んでから、膝の痛みも無く、歩けるようになったんだな~と思ったな。 お葬式に参列するたびに思うのですが、火葬した後に出てくる骨はかなり崩れていますし、火葬するだけならあんなに粉々にはならないはずですし、成人一人としては少ないように感じます。  細い骨は粉々になっていますし、高齢者だと骨密度が低いので足の先の骨が残らないこともあります。骨の量が少ないと感じるのはそのためです。一部を取り除いてもなんのメリットもないのでしません。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む. 念仏唱えて信ずべし あら有難や阿弥陀仏 私は葬儀屋で働いてます。1ヶ月に何件かお葬式がありますが、小さいお子様が騒がしい事が何度かあります。お孫さんでしょうか、最後のお別れなのでそのお子様にも居ていただきたいのですが、あまりにも騒がしいので、母親に『すみません どうやらコカコーラの自動販売機に直撃だったそうです。 いくら死んでいても死んだら焼かれたくないです!! 時が止まればいいのにととても切実に思います。 葬儀が終わるとご家族や親族は火葬場に赴き、故人と最後のお別れをしてから火葬します。 故人の家族や親族、親しい友人として火葬に立ち会った人は火葬場の様子を知っていますが、火葬炉の仕組みはよく知らない人がほとんどではないでしょうか。 今回、「終活ねっと」では火葬炉の仕組みについて以下の項目を解説していきます。 「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うこと … で火葬場(近代的なもの)で荼毘にしたのですが、お骨あげの際に  病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。 ただ、死についてあまりポジティブな意見を見ることができません。 がんでした。私が1番恐れている病気でした。お見舞いに行った時も苦しんだ様子が、目に焼き付いており、亡くなってしばらく本当に鬱状態になり、泣いてばかりでした。 拙い文章で申し訳ございません。 親がしつけの中で使う「〇〇しないと鬼がくるよ」に対し、本気で怖がってしまう子も多いもの。いったん怖がりな子供になってしまうと、後に困ってしまいます。ここではある有名な心理学実験を引用し、怖がりを未然に防いだり克服するための親のフォローの注意点をお伝えします。 最終的な症状は、血圧が下がる、尿の出が悪くなる、呼吸が浅くなるなどです。自分で痰を出すことができなくなると、常に痰が詰まることによる窒息が心配になります。喘鳴が強くなったときは、すぐに痰の吸引をしてもらうようにして下さい。, 各症状について、可能性のあることを書きます。 先のことを考えてばかりではダメ、今を生きなければと分かっているのですが…。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? みなさんは心霊スポットという場所があるのは知っていますか?心霊スポットは全国に分布しており、さまざまなランキングがつけられています。そのランキングの中には危険すぎて行ってはいけないような場所も存在しています。行く際には注意してください。 そして、火葬炉の種類ですが、台車式とロストル式(ロースターと同義)があり(大抵はどちらかを使用しています、形が変わっても基本的には替わらないです)、台車式は時間がかかりますが、棺とお骨受けの落差が少なく、骨が落ちても比較的バラけることなく落ちるそうです。(骨そのものの破損も少ない)。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 その頃に戻りたいです。変な質問ですみません, 高校生です。 それは、ヘルパーさんの家の中の事で、遠くに住む親戚の人は知らないはず事ばかりでびっくりしました。 頭で分かっているはずのことをどうして割り切れないのでしょうか。  また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 熱については、一般的に感染に伴うものと癌による腫瘍熱の二つが最も考えられます。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 施設の職員が遺族の元に運ぶ前に形を崩したり、骨を砕いたり、また一部の骨を取り除いているというような事はあるのでしょうか?, 故人の体格によってある程度火葬温度を変えています。高温のときは1000度以上、低温でも800度ほどです。若くして突然亡くなった体格のいい男性ならば高温、逆に高齢者は低温というふうに分けているようです。 それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、  全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。 13歳の時に祖母を亡くし火葬しました。その時の祖母が火葬されたときの場景が今だ20年以上たった今でも私の心の中ではトラウマになっています。人を焼くなんて、骨になった祖母を見て本当に残酷だな … 火葬で自分の身体を焼かれているのを感じるかも知れません。 私の母と同じ病気で亡くなった方だったのですが、亡くなってすぐの様子は 入院中に出来なかった色々な事をして結構気楽にやってるよという話だったので、死んでも無ではないんだなぁ、母も病気から解放されて楽になったかな、ということが私の支えでした。 むしろ、私が思うのは、死ぬ前の「意識不明」が本当に意識不明なのかということです。 そんな中、知っている方が亡くなってしまい 幼い頃から【両親の死への恐怖】が止まらないです。 例えば仕事を休んでまでも、何ヶ月も?休める会社があるはずないでしょうが、親兄弟まででしょうし。 とても不安です。 身体に触れると、いつかこの体温もなくなってしまうとその体温すら死を連想させてしまいます。 30代ですが、人生ほぼ病気のことや死のことばかり考えてきて、 その50年があと50年しかないと考えてしまいます。 ホーキング博士の「死後の世界はない」という発言がちょっと淋しくて、でも博士もまだ生きているわけだしと思うのですが、 まわりは死んでいて動けないので何とも思っていませんが、もしかしたら意識はあるかもしれません。, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, 火葬中に生き返ることってありますか? 先日友達の火葬式に行って火葬終え骨を取る作業に取り掛かろうとす, 死んだら火葬されますよね。 私は火葬がとても怖いです。 焼かれている最中に生き返ったらと考えたら怖く, 現在生きてて、死ぬ時怖いです。心臓止まる瞬間どんな感じなのか、魂は心臓止まると抜けるのか、 火葬の時, 【画像あり】扁桃腺の腫れ?できものがあります。 よろしくお願いします。 一ヶ月か二ヶ月ほど前か, 28才OLです、マスターベーションがやめれません、週2〜3回オーガズムを味わっています。 異常, 享年90歳の祖母が今年他界しました。他界時の体重が30キロあった かどうか この電気回路が絶たれているので、また脳も死んで電気信号を処理できなくなっているので熱いとは感じません。 ただ、死が怖いです。 というのは、現在いわゆる幽霊や死後の世界というものは人によって様々に(というか好き勝手に)言われており、自称霊能力者たちに都合のいいように作られています。彼らの詐欺的行為によってあなたのご主人との思い出を汚されてしまう可能性を考えると、おやめになられたほうが賢明でしょう。 ということです。 心療内科に通ったこともありましたが、 百箇日が近づくと、親戚の人に見えるお母様の姿もだんだん薄くなり、メッセージも減ってきたようです。 私の母と同じ病気で亡くなった方だったので...続きを読む, うちのじいちゃんが死んだ時。。。 隣で寝息を立てている息子に何かあったらどうしよう。  親族が骨箱にお骨を入れた後、職員がほうきとちりとりでお骨の粉まですべて集めて骨箱に入れるのを見たときは「なんだか味気ないなあ」と感じました。私は関西在住ですので、お骨は本骨箱と中骨箱のみ、関東のように総骨箱ではないので骨の粉まで入れることはありません。文化の違いといえばそれまでなんでしょうが、ほうきとちりとりっていうのがね・・・, 故人の体格によってある程度火葬温度を変えています。高温のときは1000度以上、低温でも800度ほどです。若くして突然亡くなった体格のいい男性ならば高温、逆に高齢者は低温というふうに分けているようです。 本当は怖い童話について紹介します。みんなが知っている有名な親指姫のような日本の昔話からグリム童話までも実は本当は怖い話だったりします。子供の頃に読んでいたイメージと大きく変わるかもしれません。都市伝説なども紹介するので参考にしてみてください。 このような病状なのですが、どういう状況にあると考えればいいのでしょうか。主治医の先生に聞いても的を得た答えを得られずにいます。 長年透析をしている母はいつまで元気で居てくれるのか。 八丈島火葬場七体人骨事件 ― 解かれなかったミステリー 公開日: 2015/09/27 : 最終更新日:2017/09/29 奇妙な事件 , 奇現象のある世界 宗教 , 日本国内の事件 , 未解決 , 民俗学 , 謎 , 都市伝説 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 また私自身も亡くなって火葬されるのだと思うと怖くてしかたがありません。 何が起きても不思議ではない、ということです。 熱いという電気信号が脳へ伝わって、熱いと感じます。 尿はカテーテルを留置することになります。 その時の祖母が火葬されたときの場景が今だ20年以上たった今でも私の心の中ではトラウマになっています。 私は葬儀屋をやっています。 やはり人の死に携わっている為か、 色々と不思議なことがあります。 今までで一番驚いたのは、 旦那さんが亡くなったお通夜の晩に、 急に奥さ・・・ がんが特別な毒素を出すわけではありません。 子供は見ていて微笑ましい気持ちになる存在ですが、時には場にそぐわない振る舞いをすることもあります。火葬場へ行く際、子供を同伴させても大丈夫なのでしょうか。この記事では火葬場に子供を連れて行くことについて解説します。 死するは年々近づきて 今日は他人を葬礼し 明日は我が身も図られず 私の知っている斎場では、導入したバーナーの火力が弱く焼け残りがたまにあるそうです。, 今まで多くの人の葬儀を見てきましたが、いつも思うのが熱くはないのか?ということです。 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 怖い幽霊とかは見たくはないけど、家族とか「もう一度会いたい」と言う人であれば、幽霊でもいいから会いたいと思うよね。, 義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。 聞きたいのですが火葬の際に職員が焼きすぎかどうかチェックする そして、いつか死ぬと思うと、人生が虚無に思えます。なにをしても最後は死んでゼロになる。宇宙さえもいつかなくなると思うと怖くて叫んでしまいます。そう思うと本当に生きているのがしんどくて、いっそ今死んでしまった方が良いなどと意味のわからないことを考えてしまいます。 それは、ヘルパーさんの家の中の事で、遠くに住む親戚の人は知らないはず事ばかりでびっくりしました。  こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。 今後、火葬場といっても、日本中の火葬場がよってたかってあなたを苦しめる訳ではないのですから、外の出来事と、インナーイメージをしっかり切り離して、これ以上考えると自分を苦しめる、その一歩手前で思いの生活を展開させない習慣を持たれますと、一生安楽です。, まずは火葬の意味を知りましょう。 2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。 下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最も考えられますが他の場所への転移、浸潤、潰瘍形成などによる出血の可能性もあります。  私が実親に愛してもらえなかったことがたぶんずっとトラウマで自分の子供たちにはそんな思いはさせたくないんです。だから、どんなに苦しくても私が頑張って生きていてあげないといけないって強く思うんです。でもそれが自分自身辛く、しんどいのです。どうしたら心穏やかに生きていけるでしょうか?, 死ぬのが怖いです。 私が一番怖いのは、死んだら身体も意識も消滅し、全てが無になってしまうことです。私は今の生活をとても幸せに感じており、これが私や家族の死によっていつか終わるということがものすごく悲しく、おかしくなりそうです。そして、死後、私の意識は一体どこに行ってしまうのか、消滅するということは私にとってどのような感覚なのか(死んだら感覚なんてないと分かっているのに、感覚がないという実感がわからない故に不安になってしまう)と考えて、胸が冷たくなり、凄まじい恐怖に襲われます。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 死ぬのが怖くて学校の授業中にも考えてしまい1人の時は泣いてしまうくらい怖いですなので死が怖くなくなる, 不安や緊張ってどうしてあるんだと考えますか? 宜しくお願いします。, 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 そこの窓から出入りしているのを知っているのは、うちの家族だけ。。。 軽くなるということはないでしょう。 今までも考えたことはありましたが、 入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。 どうぞよろしくお願いします。, 義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。 足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。 と想像して勉強も手につきません。 御宿町火葬場の心霊情報 【住所】〒299-5102 千葉県夷隅郡御宿町久保1041(マップを見る)【画像】【動画】【心霊現象】マイナースポットですが 火葬場廃墟ですので雰囲気あります。 心霊体験は地元の方に多々聞きます。 私はこの異常な自己愛を捨て去りたいです。せめて人並みに落ち着かせたいです。どうすればいいんでしょうか。それで全てが解決するような気がしてなりません。, 衝撃的なタイトルで申し訳ありません。自殺したいとかではないのです。子供のために生きていかなくてはなりません。子供のためと言っても自分だって生きていたいです。それが本心です。でも私は思えば幼い頃からずっと生き辛かったです。運命といえばそれまでですが… 暇さえあると考えてしまった仕方ないのですか? いつか死んだら焼かれるんだろうなっていう思いが最近強く、鬱になってしまいました。 意識不明に見えても、体が動かず、病気の苦しみや痛みを感じているのか、体が動かせないことによる床ずれの痛みを感じているかもしれません。, 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。  なんで人間病気になるのだろう、こんなに苦しむのに、生きてる意味あるかなとさえ感じました。 一度その方のご実家に連絡をして、家族の方に確認してみてはいかがでしょうか? 13歳という多感な時期だったので衝撃が強かったのかもしれません。, トラウマと書きましたが、このことで他のことが手につかないとか、体が震えるという症状はありません。 この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 前向きに生きていけるように、ぜひアドバイスをください。, 初めて質問させて頂きます。 ぽん、と過去に記憶が出てきた時の、ファースト(第一次)のフラッシュバックのままで、それ以上自分を傷つけることは無くなります。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 人間の怖い話「田舎の火葬場」 私が中学生の頃、叔父から聞いた話をします。 数十年前と、かなり昔の出来事です。 私の叔父は、当時人口1万人程度の小さな町で地方公務員をしていました。 ちなみに私も、その町で18歳まで生活していました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 人を焼くなんて、骨になった祖母を見て本当に残酷だなと思いました。 火葬が怖いです。誰も死んだことないのに焼かれている時感じていないって言い切れるのでしょうか?または熱さで生き返ったりすることは絶対ないのでしょうか?質問主さんのように火葬が怖いと思っている人は世界中に居ます。それはイスラ これを思えば皆人よ 親兄弟も夫婦とも 先立つ人の追善に こわくないですか? 短い怖い話は知らないとそれって怖いの?と思う方もいるかもしれません。しかし短いからこその怖さは通常の怖い話に引けを取りません。今回は子供に読み聞かせにもおすすめの短い怖い話11選を紹介します。ちょっと退屈な時にいかがですか? 短い怖い話おすすめ13選を紹介! 不謹慎な内容かもしれませんが、私の身の回りの人でこのような亡くなり方をした人がいず、全くわからず困っているので回答お願いします。, 危篤状態というのは、長いものも正直あります。 どれくらいの幅の”恐怖やトラウマ”なのか。・・が克服しようにもどうすれば?の答えが出やすいかもしれませんね。, さて、コンさん。 病気になることや、死ぬことに対して異常な恐怖感不安感を持ったまま生きてきました。 数日前からは痰がよくからむようになってきました。息苦しい時もあるようです。目も見えにくくなっているようです。  あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。, 仕事上の付き合いの人が、6月の終わりから祖父か祖母が危篤ということで、県外の実家へ帰省しました。 分かっていても、親が昔より痩せ、老いているのを見ると自分が幼く、みんなが元気に集まり楽しく過ごしていたあの頃を思い、時は流れてしまったとまた涙が出てしまいます。 覚悟して毎日を大切に生きるといいのかもしれませんが、いつか会えなくなってしまうのなら大切にしても後悔してしまうことはきっとあるし、いなくなってしまうなら意味が無いと思ってしまうのです。 状況によりますが、オムツということも考えてください。 この状態であれば御本人の苦痛をいかに取り除くかは、ご家族ばかりでなく医療側の比重が大きくなると思います。 のでしょうか?他には体重など聞いてバーナーを調節する等。 最近さらに増したように思います。 もしかしたら身体が完全に消えるまで魂は実は身体にあって、 足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。 考えることは悪くないかなあと思うんですが 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを 痰や呼吸困難は、呼吸器感染症の合併もしくは心不全徴候などの可能性があります。 それはフラッシュバックとは単に記憶が思い起こされている状態なだけなのであるから、思い返された光景だけに留めて、そこから自分を傷つけるような暗い考え方に発展させずに(でてきた思いに手をつけないで)おけばトラウマに発展しない、ということが分かったそうです。厳密に申し上げれば、過去のワンシーンを思いだした時、その思いを、それっきりにしてしまうことです。 もう死んでいるんだからとは言いますが、誰も火葬された経験がないわけですから本当はすごく熱いのではないかなと思ってしまいます。 自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。 脳の機能が低下すれば…… せん妄、抑うつ、不安等などの精神症状は癌の末期にはしばしば出現します。疼痛コントロールがうまくいっていないときは出現の頻度も当然高くなります。 「個性を大切にすること」「自分の個性、主張をはっきりさせること」 「マジで。。。?」と思ったけど、それを聞いたうちの父ちゃんは「そうか、じいさんが歩いているか。。。」と嬉しそうにしていたよ。 たとえば、過去に振られた場所、イヤな思いをした場所、怖い思いをした場所。 私は以前から時々ふと家族や恋人が死んでしまうことを考えてしまい、涙が止まらなくなることがありました。 それ以来、コカコーラの自動販売機はどこにでもあるわけですから、車で通る度にフラッシュバック。 それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 13歳の時に祖母を亡くし火葬しました。 声を聞いても、この声はいつか思い出の中でしか聞けなくなると思ってしまいます。 痛みや恐怖もマイナスの感覚だけど「生き物が危険から自分, 知り合いが父親が死んで、火葬場で骨を全部持って帰るために、骨壷を2つに入れてもて帰った。家の仏壇の前, 死ぬのが怖い。 死んだら自分がなくなるんだよ⁉自分の好きなものも、部屋も、 毎日一緒にいてくれるお布. 私が好きなものも全て手放さなくてはならないこの世界が憎く悲しく、最悪の世界だと思ってしまいます。 死んでしまうと自分の意識がなくなってしまう、愛する人と会えなくなるのが恐ろしいです。 られてしまったことが理由にある気がします。 死ぬのなんてへいちゃらさ、みたいなテンションで生きていきたいのですが、性格的にウジウジしてしまう方なので、パーッと楽しんだりもできず・・・人生一回なのにそんなことで悩んでる自分が嫌になります。どうすれば前向きになれるでしょうか。, ネットで偶然見つけ、初投稿させていただきます。 そのワンシーンから、自分を傷つけるまでには発展させない、強い意志のブレーキを持つのです。 なんとなく、ふっとした瞬間に思いだすのです。ドラウマという表現は適切ではなかったのかもしれません。, 子供の頃から、自律神経を崩しやすく 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最...続きを読む, がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。, 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。 病院の話なんですが、神奈川県の会社に勤めている方なんですが、仮に会田さんとしておきましょう。 会田さん、急に仕事中に具合が悪くなってしまったんですね。 私もあるんですがね、尿道結石の気があるんですよ。 あれはすっごく痛いんですよ。それで一度 ご主人が最後に何か言いたいことがあるとするなら、それはあなたの思い出の中のご主人に尋ねるのが最もよいでしょう。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 よくよく自分観察をして、そこからセカンド、サードのダークな念をリンクさせている自分に気づいて、セカンド、サードに展開させなければフラッシュバック自体に何の毒もありません。 まずは、医師や看護師と相談してください。, 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 幼い頃にいつか自分も死ぬと自覚してから、死の恐怖に襲われます。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 最近病気にかかってしまい、家でずっと過ごしていて、母親に看病されるような形になっています。 仕事や学校を休んでまでも駆けつける、相手なのかどうか?ですよね。 こん睡状態で半年といった友人を見たことがありますが  本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。 けれども、ずっと死を恐れて生きていくよりも死をポジティブに受け入れて生きたほうが人生を充実できのでは?と思っています。 いつもしっぽを振って懐いてくれる犬はいつか居なくなってしまうのかと、そんなことを考えては涙が止まらないのです。 実親との縁も良いものではなく、婚家との縁も…言いたくないですが苦しいものです。3人の子供たちだけが心の支えです。私のような人間はいるのかな?と思うような人生を歩んできました。他人には相談できないのです。逆に私がおかしいと思われるのが分かるので言えません。 そこに罪は無いはずです。その時はもう過ぎていて、今は状況、状態、風景も実際にその時のモノのままではないはずです。 無理に此れ等を克服しようとすれば、此れに捕われ、此れに執着する事と成りますから、逆効果をも生み出す事と成ります。 妹思いの兄. 難しい問題なら専門の機関にかようなり、カウンセリングを受けるなり、 そうしたら自分というものはなくなってしまうと考えてしまいます。 まずは、御本人の意識を保った状態で苦痛を取り除くことが目標ですが、それが困難になればある程度鎮静させ意識レベルを落とすことも必要になります。肺に転移しているようですが、呼吸不全が進行してくると酸素投与だけでは呼吸困難が改善されないこともあり、そのような場合は体力の消耗がはげしく悪循環に陥りますから、積極的に鎮静させます。結果的に、ご家族との直接の会話はなくなることも多いですが、話すことができなくても完全に意識をなくしているとは限りませんから、気持ちの平安のためにも御本人に話しかけてあげることが大切だと思います。 急に食欲もなくなりました。 また今後はどういう状態に気をつければいいのでしょうか。 死に至るまでの過程についてはそれ程まで怖くありません。 トラウマは気にすれば気にするほど強くなるものだそうです。 墓地、埋葬に関する法律違反や刑法の死体遺棄罪に問われますので。, こんにちは。 夫は良い人で話を聞いてくれますが「悩んでも仕方ないんじゃ?」との答えばかりです。 火葬場が怖いです。克服法というか、歪んだ認知を変える方法はないでしょうか。子供ならいざ知らずもういい年だし、故人のためにと思い骨上げにも参加しますが、その後寝込みます。表面上は平静を装ってますが、いろ 土葬も自分の体が腐っていくのは嫌、鳥葬?鳥につつかれるなんてまっぴら、水葬?今まで食べてきた倍返しでエビやカニに自分が食べられるの? その上でこのようなことを申し上げて本当にすみません。 十や十五の蕾花 十九二十の花盛り 所帯盛りの人々も 子供を産めば子孫を残していけるので、死んだ後も私の断片が続いていくかもって思って子供は将来産みたいです。子供を産んだら子供の方が大切になって死ぬのが怖くなくなるかもしれないので。でも、そうしたら今度は子供が死ぬのが怖くなるみたいです。 お教え下さい。, 回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。, 今後もプチ・トラウマ的な体験が起こる時の為に処方箋としてお読みください。 わかりません。 この恐怖から、今私が存在していることが気持ち悪く思えてしまうようになりました。いま意識があるという状態が気持ち悪いです。見てる景色がテレビのワンシーンのように思えるのに、そこから離脱できない自分が気持ち悪いような感覚になり、発狂しそうになります。 母が亡くなった後、ヘルパーさんから不思議な話を聞きました。 死後の世界があると信じたいですが、自分の意識は脳があるからこそ成立しうるもので、死んでしまったら脳はなくなってしまいます。 人は亡くなって土に還るのです。, しかし、トラウマの原因が「火葬」だけでしょうか? まとまりがなく、感情的な文章で本当に申し訳ございません。 ヘルパーさんのお母様が亡くなった後、百箇日位まで親戚の霊感がある人から、ちょくちょく電話がかかってきてお母様からのメッセージを伝えてきたそうです。 大好きな家族との別れを考えては涙し、不安になり、体調を崩しそうになります。 私にとってはこの世界、今感じてるこの感情が全てで、それがいつかなくなってしまう、そう考えるとたまらない気持ちになります。 学校がないことや歴史の勉強で歴史に圧倒させ いま時間をもてあましている生活で、想像してしまうのですか? 条例で土葬が禁止されていないところに引越ししてください。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 とりとめのないことばかり書いてしまいました…すみません。 普通2~3日か、長くても1週間くらいかと思っていましたが、3ヶ月近くも危篤状態が続くことはあるのでしょうか? 「無ではないかも」限定でお願いします。 これから年老いて、病気が身近になる中で、前向きに生きていけるのだろうかと、 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 馬鹿な考えとは思いますが、答えのない答えに疲れてしまいます。 はじめに「ほんとにあった!呪いのビデオ69」のレビューです。「冥婚シリーズ」もついに完結を迎えます。火葬場(少し怖い)概要投稿者の男性は近所の遊び仲間とのドライブの際に立ち寄った廃火葬場。今はもう使われず、廃墟化している施設だが、設備の大半 それから、危篤になったら通常、臨終まで親戚家族はたとえ県外に住んでいても、仕事や学校とかがあっても、帰省してそばにいるものなのでしょうか? しないという選択肢もあります。 しかし、最近になり自分や両親が死んだら 事故当時のイヤな気持ちがよみがえり、手が震えるような症状。 失礼いたしました。, 最近、受験生なので勉強に没頭していました。 後れ先立つ世の習い 花も紅葉も一盛り 思えばわれらも一盛り 勉強しているはずなのに消えてなくなってしまうんだ、と考えてしまい苦しいです。 [mixi]とにかく怖い話。 火葬場にて 後輩のA君から聞いた話です。 A君は5年前まで、某地方都市で火葬場の職員をしていたそうです。(現在は代行運転手) そのA君がまだ新人職員だった頃に体験した話です。 季節はちょうど今頃、A君は事務処理に追 深夜、こっそりとvrエロ動画を楽しむイッチ。気が付けば背後に・・・。vrオナをバッバに見られて無事死亡www260 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/08/07 05:44死人を火葬場で骨にする時炎の熱さで、ごくたまに生き返る人がいるらしい。 今宵枕を傾けて すぐに頓死をするもあり 朝なに笑いし幼な児も 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 どう見ても、通常は出入りに使うような窓ではないから、従兄が知る訳ないんだよね。 体重や体の大きさなどを考慮して焼き時間を算出します、 80までいきたとしてもあと50年。 南無阿弥陀仏 どうしたら悩まないで毎日楽しく生きられますか?, はじめて質問させて頂きます。 hasunohaにも同様の質問がたくさんあり、たくさんの回答を読ませて頂き仏教の宗教観にも触れ恐怖感が薄まることはあるものの、心の奥底にどうしようもない恐怖があります。 庭とか、空き地とかに土葬はできません。 色んな方のお悩みを拝読致しました。 >いくら死んでいても死んだら焼かれたくないです!! そして、誰かの死を見るのだと思うと、それならいっそ今の間に先に死んでしまいたいと思ってしまいます。  普通は火葬に使った台車のまわりを遺族・親族が取り囲みますが、ご指摘のように骨の形、つまり骨格標本のように決まった位置に骨がないこともよくあります。これは火葬のときに熱風で骨が飛んでしまうので、仕方ないです。喉仏もきれいに形が残っている場合と、いくつかに崩れてしまってい...続きを読む, 母の死からもうすぐ100日になります。 いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している...続きを読む, 各症状について、可能性のあることを書きます。 なにかがきっかけになると、ふるえがとまらない・冷や汗がでる・うごけなくなる・・・ただし、意識がはっきりしているのなら、「PTSD」かなぁと思ったりもしますが・・。私は医者ではないので、診断はできません。 自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。 しかし、元気だった父の反応が最近鈍ってきたように思い、病気で逝ってしまったらどうしようと思い始めたのが死への恐怖が増したきっかけです。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。  普通は火葬に使った台車のまわりを遺族・親族が取り囲みますが、ご指摘のように骨の形、つまり骨格標本のように決まった位置に骨がないこともよくあります。これは火葬のときに熱風で骨が飛んでしまうので、仕方ないです。喉仏もきれいに形が残っている場合と、いくつかに崩れてしまっていることもあります。崩れていると探すのは結構大変ですから、他の部位でも斎場職員がわざわざ骨を砕くことはありません。丁寧な斎場職員だと、「これは膝のお皿、これは骨盤、これは肋骨・・・」とほとんどの骨がどこの部位か説明してくれます。 でも誰かが死ぬことを思うと気持ち悪くなってしまうくらい悲しくなります。 そう思うと死が恐ろしくて堪らないです。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 「死体を火で焼くことによって処理する葬法のこと。火葬の背景には、火で死体を破壊することによって霊魂が肉体からできるだけ早く離れていくことを可能にし、霊魂が新しいすみかを得て生まれ変わってくるきっかけをつくろうとする観念が存在していると考えられています」, その意味を知ることによって恐怖心がなくなるかもしれません。 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 ロストル式の場合は、格子の上に棺を置き、お骨になったときに格子の隙間から落ちます。格子の下には骨受けがあり、棺があった場所との落差がかなりあり、破損し易くなります、ただし、時間が短いです。 自分なりに楽しく過ごそうくらいしか思っていませんでした。 ここに書き込んでおきながら、否定的なことを言ってしまってすみません。 もしそうであるならば、「”恐怖やトラウマ”と向き合う」ことよりも、お仕事やら趣味やらに意識を向けることのほうが大切かもしれません。, 火葬がおいやでしたら、「自分は火葬しないでどうにかする」と覚悟を決めることでしょうか。一時的にですが、そう思うことです。, 祖母が死んだときに生まれて初めて死を身近に感じました。 いつ戻れるか、と聞いても「わからない」と答えます。  先日とある関東地方の斎場でお骨上げに立会いましたが、その斎場ではあらかじめ職員がステンレスの台車にお骨をすべてのせていました。頭蓋骨と喉仏、頬骨、上下の顎骨はあらかじめ除けてありました。 何を相談したいのか、、、うまく説明できないですみません。長々と書いてしまいましたが… Aさんは妻と子供がおり、平凡ながら幸せに暮らしていました。 Aさんは趣味でヨガを習っており、いつのまにか瞑想が趣味を兼ね備えた日課のようになってました。 ... 人気のある怖い話. 南無阿弥陀仏, それ、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、凡そはかなきものは、この世の始中終、幻の如くなる一期なり。されば未だ万歳の人身を受けたりという事を聞かず。一生過ぎ易し。今に至りて、誰か百年の形体を保つべきや。我や先、人や先、今日とも知らず、明日とも知らず、おくれ先だつ人は、本の雫、末の露よりも繁しといえり。されば、朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり。既に無常の風来りぬれば、すなわち二の眼たちまちに閉じ、一の息ながく絶えぬれば、紅顔むなしく変じて桃李の装を失いぬるときは、六親眷属集りて歎き悲しめども、更にその甲斐あるべからず。さてしもあるべき事ならねばとて、野外に送りて夜半の煙と為し果てぬれば、ただ白骨のみぞ残れり。あわれというも中々おろかなり。されば、人間のはかなき事は老少不定のさかいなれば、誰の人も、はやく後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏を深くたのみまいらせて、念仏申すべきものなり。あなかしこ、あなかしこ。, 人が亡くなった後に火葬するのは今ではとても普通に行われていることです。 見れば普通原型がある大腿骨等は残らず焼きすぎ。しかも喉仏も 誰も死んだことないのに焼かれている時感じていないって言い切れるのでしょうか? どうしようもないことだし、辛いし、それだったら他のことに時間を使った方がいい。分かってるのに不安で押しつぶされそうです。そしてそう言った考えが引き延ばされて、過去の行いを悔やんだり、自分のゴミみたいな性格を呪ったり、どうしようもないことばかり考えてしまい、負のループが延々と続いてしまいます。 しばらく陰鬱な日が続いたそうですが、ある時よく自分を観察なされ、フラッシュバックはあっても、心が傷つかない方法を編み出した、見出されたそうです。 ヘルパーさんのお母様が亡くなった後、百箇日位まで親戚の霊感がある人から、ちょくちょく電話がかかってきてお母様からのメッセージを伝えてきたそうです。