イオンカードのキャッシング利用分について、返済方法をまとめました!引き落としでの返済が基本ですが、リボ払い分はATMや振込での返済もできます。また、返済時には所定の手数料(利息)も生じます。返済方法と合わせて、手数料の計算方法や、シミュレー イーネットATM(ファミリーマート、ミニストップなどに設置) 4. セブン銀行ATMでアイフルの借入・返済【セブンイレブン】 セブン銀行ATMは全国のセブンイレブン店内だけではなく、百貨店やショッピングセンターなどの商業施設にも設置されています。 借入可能なコンビニで選ぶ セブンイレブン ローソン ファミリーマート サークルK・サンクス 申込可能な職業で選ぶ 会社員 個人事業主 主婦 パート・アルバイト 特長で選ぶ 土日OK 女性向けローン・キャッシング 銀行系カードローン 即日融資可能 Copyright (C) 2020 ネット銀行比較研究所 All Rights Reserved. セブン銀行カードローンは申し込み・借入れ・返済が 手軽で簡単だからはじめてでも安心だね! しかも、本人確認書類や収入証明書などは不要! 大手流通企業グループ「セブン&アイ・ホールディングス」だから 安心して借り入れできるよね。 主だったところではセブン銀行ATMが利用できませんので、セブンイレブンでは借入をすることができませんが、その他の銀行やコンビニATM、CDでキャッシングすることができるので、借入できる場所がなく困ることはあまりないといえます。. お借入・ご返済等でご利用いただける提携金融機関・コンビニエンスストア(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなど)・スーパーのATMをご紹介します。カードローン、クレジットカードならアコム!最短30分審査で即日ご利用いただけます。 イオン銀行とセブン銀行のどちらがおすすめか、手数料、金利、サービス面で比較してみました。, イオン銀行とセブン銀行のサービス内容には違いがたくさんあります。相性がよい人と、悪い人がいます。, さまざまな角度から比べたところ、ネット銀行としてはイオン銀行の方が高コスパでした。, セブン銀行の方がお得なサービスもありますが、イオン銀行でもカバーできる場合がほとんどです。, セブン銀行の方がおすすめできる人もいるので、わかりやすく解説していきたいと思います。, ※記事の終盤では、後発のコンビニ系ネット銀行「ローソン銀行」と比べた結果も記載しています。, イオンリテールとセブン&アイホールディングスは、ライバル同士だからです。今後も、ATM提携の可能性は低いと思います。, ATMをよく使う人は、生活圏内にATMがあるかどうか、事前に確認しておくと安心です。, ATM設置台数の比較では、セブン銀行が圧倒的に多いので、現金派の人はセブン銀行が便利です。, 2018年9月時点での公開情報では、イオン銀行のATM台数は6,181台、セブン銀行ATMは24,756台でした。, セブン銀行ATMは、コンビニATMの設置台数No.1です。最近はセブンイレブンだけでなく、駅構内などでも見かけることが増えてきました。, イオン銀行は、自社ATMの台数が少ない一方、他社の提携ATMを増やしてカバーしています。, イオン銀行もセブン銀行も、ゆうちょ銀行や、メガバンクのATMが使えます。しかし、地方銀行やセブンイレブン以外のコンビニATMは、イオン銀行でしか使えません。, 他行の提携ATMを使うと、別途ATM手数料がかかりますが、イオン銀行は月1~5回までATM手数料を無料にする方法もあります(詳しくは後述)。, 銀行を選ぶ際は、ATM手数料と振込手数料がどれくらいかかるか、チェックしておくと安心です。, イオン銀行は、入出金ともにイオン銀行ATMを完全無料で利用できます。深夜や早朝、土日や祝日も、手数料はかかりません。, 他行の提携ATMでも、一部無料で使えます。ゆうちょ銀行やみずほ銀行、一部の地方銀行のATMは、日中のみ手数料無料です。, セブン銀行は、自社ATMでの入金はいつでも無料ですが、出金時には、自社ATMでも「時間外手数料」がかかります。, 7~19時以外の時間帯だと、セブン銀行ATMを使っても「100円+税」のATM手数料がかかるので要注意です。, イオン銀行のように無料で使える提携ATMもないので、他行提携ATMでの入金・出金には、必ず100~200円の手数料がかかります。ATMをこまめに使いたいなら、セブン銀行は不向きかもしれません。, 振込手数料も、イオン銀行は同行あての振込が完全無料に対し、セブン銀行は同行あての振込にも手数料がかかります。, ネット銀行は「同行あての振込手数料は無料」が主流です。セブン銀行は、お得感が少なく感じます。, それに対しイオン銀行は、ATM手数料と振込手数料がどちらも低いうえに「イオン銀行Myステージ」という、手数料優遇サービスも展開しています。, イオン銀行Myステージによって、ATM手数料・振込手数料が最大月5回まで無料になります。, イオン銀行Myステージとは、イオン銀行での取引内容に応じた、ATM手数料・振込手数料・普通預金金利優遇サービスです。, 特定の取引でスコアが貯まり、合計スコアが多いほど、優遇内容がよくなる仕組みです。ステージ判定が毎月あり、翌々月の優遇内容が決まります。, なかでも、2段階目の「シルバーステージ」の条件は、比較的クリアしやすいです。他行ATM手数料が月2回、他行あて振込手数料が月1回無料という優遇は簡単です。, イオン銀行のインターネットバンキングに登録し、クレジット機能付きカードの決済をすれば、シルバーステージ以上に到達できます。イオン銀行の口座の給与振込指定も、スコアが貯まりやすくおすすめです。, ネットバンキングでは、マイページで振り込みなど取引ができます。ネット銀行の基本のサービスです。, スマホ代をイオンカードで支払うなど、毎月の支払いをイオン銀行で行えば、自動的にシルバーステージの優遇が受けられます。, さらに、イオン銀行Myステージでは普通預金の金利も定期預金レベルまでアップします。, イオン銀行Myステージの「普通預金」優遇金利が、セブン銀行の「定期預金」金利を上回る場合もあります。, イオン銀行は、預金額によって金利が変わります。ここでは、預金額300万円未満の場合で比較しています。, 定期預金の金利は、イオン銀行・セブン銀行ともに、ネット銀行の平均~やや低めくらいです。メガバンクやゆうちょ銀行と比べると、何倍も高金利です。, しかし、貯蓄のための口座を作るなら、イオン銀行Myステージを活用してイオン銀行の普通預金を、貯金用口座に使うのがおすすめです。, セブン銀行での定期預金より、イオン銀行普通預金での貯金のほうが、多くの利子を受け取れます。満期がある定期預金ではなく、いつでも自由に入出金できる普通預金で高金利という点も魅力です。, イオン銀行では、イオングループの電子マネーWAON(ワオン)、セブン銀行ではセブン&アイホールディングスの電子マネーnanaco(ナナコ)を貯められます。, どちらも電子マネー払いで、200円につき1ポイントのポイント還元があります。貯まったポイントは、値引きやポイント交換に使えます。, しかし、イオン銀行を使いこなせば、nanacoよりもWAONの方がポイントを貯めやすくなります。イオン銀行は、買い物だけでなく、銀行取引でもポイントを貯められるからです。, セブン銀行は、初回のみ「500nanacoポイント」を受け取れ、初月はお得です。しかし、長期的にはイオン銀行のほうが、ポイントが貯まります。, イオン銀行は、給与振込口座に指定すると毎月10ポイントもらえるようになります。光熱費などの公共料金の支払いでも、WAONポイントが貯まります。, たとえば、au・docomo・ソフトバンクの3大キャリアの支払いがあると、1件あたり5WAONポイントが加算になります。, auのスマホ・Wi-Fi・auひかり(電気代)を支払えば、取引が3つになるので毎月15WAONがもらえます。, イオン銀行の電子マネーWAONは、ポイント還元率をさらに引き上げる方法もあります。, クレジット機能付きキャッシュカード「イオンカードセレクト」で、WAONオートチャージを利用し、WAONのポイント二重取りする方法です。, イオンカードセレクトでオートチャージすると、200円につき1WAONポイントが貯まります。, オートチャージした電子マネーWAONで支払いをすれば、支払い時にもらえるポイント還元との二重取りで、実質1.0%還元となります。(チャージ時0.5%、支払い時0.5%、合計1.0%), nanacoも、クレジットカード「セブンカード・プラス」からチャージすれば、ポイント二重取りで実質1.0%還元にできます。しかし、セブン銀行ではセブンカード・プラスの発行はできません。, イオン銀行とセブン銀行は、デビット機能付きキャッシュカードを、無料で発行できます。, どちらもデビット決済の利用額に対して、ポイント還元があります。通常の還元率は、0.5%(200円につき1ポイント)です。, 自社グループ系列のお店でデビット決済すると、さらにポイントが貯まりやすくなります。, イオン銀行のデビットカードは、イオンスーパーやマックスバリュでのデビット決済で、ポイント還元率が1.0%に倍増します。, 1.0%還元とは、クレジットカード並みの還元率です。一般的なデビットカードの中でも、高い方です。, どちらかの系列店を頻繁に利用するなら、よく使う方のネット銀行での口座開設がよいと思います。, 特に、イオン銀行デビットカードは、毎月10日に還元率が2.5%まで引き上がり、セブン銀行よりも多くのポイント還元が狙えます。, セブン銀行は、セブンイレブンなどでの買い物で、ポイント還元率が1.0%に倍増します。, カードの国際ブランドにも、イオン銀行とセブン銀行には違いがあります。イオン銀行デビットカードは、VisaとJCBから選べます。セブン銀行のデビットカードはJCBのみです。, 国際ブランドにこだわりがないなら、世界シェアNo.1のVisaを選ぶのがおすすめです。Visaは、カードの国際ブランドの中で加盟店がもっとも多いからです。, 金利だけの比較では、イオン銀行が低金利ですが、少額の借入だと利息差はそこまで開きません。, 少額しか借りない予定や、すぐに返済するつもりなら、使い勝手で選んでもよいくらいの差です。, カードローンの使い勝手では、イオン銀行は大きな利用限度額が欲しい人、もしくは月々の返済額を少なく抑えたい人向きです。, 一方、セブン銀行はキャッシュカードのみで、少額のカードローンを利用したい人向きです。, イオン銀行の借入限度額は、最大800万円までです。セブン銀行は、50万円までと少額です。, 収入が高く、大きな利用限度額をもらえそうな人は、イオン銀行の方がおすすめですが、50万円ぐらいで十分なら、セブン銀行も選択肢に入ります。, イオン銀行の最小返済額は、1,000円です。セブン銀行は、5,000円からです。月々の返済額をできるだけ少なくしたい人は、イオン銀行が向いています。, 日割りで利息が増えていくカードローンは、早く返せば返すほど、最終的に支払う利息が減ります。, セブン銀行はローンカードはいっさい発行せず、キャッシュカードのみでカードローンのすべての取引が利用できます。, イオン銀行は原則、ローンカードを新規発行しています。イオン銀行のカードローンに申し込むと、キャッシュカードとローンカードの2枚持ちになります。, キャッシュカードで気軽にカードローンを利用したい、ローンカードを増やしたくないという人は、セブン銀行が向いています。, ポイント還元や手数料のお得さなど、さまざまなポイントで比べてもイオン銀行・セブン銀行の方がメリットが多いという結果でした。, たとえば、ローソン銀行は自社ATMでの出金だけでなく、入金にも時間外手数料がかかります(セブン銀行ATMで時間外手数料がかかるのは、出金のみ)。, カードローンやデビットカードはなく、預金や送金など基本的な銀行取引のみ使えるシンプルなネット銀行です。, ローソンのヘビーユーザーだったり、Pontaポイントを頑張って集めていたりする人以外は、わざわざローソン銀行の口座を作らなくてもいいと思います。イオン銀行ならローソンATMも使えます。, 「イオン銀行Myステージ」で、他行提携ATMの手数料も無料にできます。月に数回なら、ローソン銀行ATMも手数料なしで引き出し・預け入れできます。, ちなみに、セブン銀行キャッシュカードは、ローソンATMでは使えません。とはいえ、セブン銀行ATMはローソンATMの2倍以上の台数があり、そこまで不便ではないと思います。, 特に、「イオン銀行Myステージ」による手数料・普通預金金利の優遇が大きいと思います。, セブン銀行には、イオン銀行Myステージのような優遇サービスがありません。そこでサービスの差が開いた印象です。, しかし、セブン銀行がおすすめの人もいます。それは、セブンイレブンのヘビーユーザーです。, セブン銀行デビットカードをセブンイレブンで使うと、1.0%という高還元率でnanacoポイント付与になります。, イオン銀行の方がポイントが貯まりやすいものの、セブンイレブンをよく使う人なら、セブン銀行の方が、ポイントバックが多くなるかもしれません。, 平日は、いつも職場近くのセブンイレブンでランチを買うなど、利用頻度が高い人は、セブン銀行でデビット機能付きキャッシュカードを作っておくとお得です。, セブンイレブンユーザーはこちら: イオン銀行カードローンは、イオン銀行から提供されているカードローンです。 セブンイレブンに設置されているATMでも利用できるので、現在はいろんな方に愛用されています。 ですがネット上では、「イオン銀行カードローンは在籍確認なしで契約できる」といった噂が流れています。 セブン銀行 ローンサービス(カードローン)は、WEBで申込や契約も完結。セブン銀行に口座を持っている方なら、Myセブン銀行(スマートフォンアプリ)からローンサービスの申込ができます。契約までWEBで完結し、借入・返済はセブン銀行ATMの利用OK。 セブン銀行はグループ会社にセブンイレブン、そして全国に169店舗を展開するイトーヨーカドーなどの流通系店舗を持つ銀行、 一方イオン銀行はグループ会社にイオンがあり、全国に625店舗・274のイオンモールが展開されています。 スリーエフ 生活彩家 デイリーストアヤマザキ ポプラ セイコーマート サークルK イオン銀行ATMはほぼすべての金融機関キャッシュカードがご利用いただけます!ミニストップなどに設置されているイオン銀行ATMなら「イオン銀行キャッシュカード」、「他行金融機関キャッシュカード」でも便利にご利用いただけます。 ※セブン銀行のATMは、セブン-イレブン以外にも設置店舗がございます。 セブン銀行ATMでのお取引は、「カードローン」のボタンを押してください ※以下の店舗などに設置されているイオン銀行のATM端末でご利用いただけます。 イオン銀行カードローンとフリーローンは、ショッピングセンターでおなじみのイオンのグループである、イオン銀行が発行しています。イオン銀行のカードローン、カードロ… イオン銀行ATMでは24時間365日、いつでも「お預入れ」「お引出し」手数料が無料です。 その他のコンビニエンスストア ローソン ファミリーマート ファミマ!! イオン銀行カードローンは、最大800万円まで借り入れ可能な銀行カードローンで、パートやアルバイトでも申込みできます。 イオン銀行はイオングループが運営するネット銀行です。イオンの店舗の中にATMがあるので、見たことがある人も多いと思います。 セブンイレブンやファミマで利用できる ので、容易に手続きができますね。 アプリについては イオン銀行が使いづらい。 ただその一言。 楽天銀行は非常に 満足 しています。 まとめ 表にまと … 「イオン銀行カードローン」の基本情報 会社名 イオン銀行 金利(実質年利) 3.80%~13.80% 金利優遇と条件 ― 借入限度額(最高) 800万円 セブン銀行の審査通過率は高い?低い? インターネット全盛の今は多くのネットバンクが稼働しています。 セブン銀行もそのうちのひとつで、コンビニでおなじみの「セブンイレブン」へ行くと、セブン銀行のATMが設置してあることかと思います。 ゼロバンクATM(岐阜県、愛知県のサークルKサンクスおよびファミリーマートに設置※) コンビニATMの管理は、コンビニATM運営会社と提携する都市銀行や地方銀行が地域ごとに行なっています。そのため、地域によっては同じ名前のコンビニでも設置しているATMが異なるケースもあるので注意しましょう。 また、コンビニATM「ゼロ … ネット銀行を利用する上で、コンビニATMの使い勝手は重要で、どのコンビニで入出金できるかはネット銀行を利用する人なら誰もが気になると思います。, 普通預金金利の高さが人気のイオン銀行は、コンビニ最大手のセブンイレブンで利用することができるのでしょうか, 結論から言うと、イオン銀行のキャッシュカードでは、セブンイレブンに設置してあるセブン銀行ATMを利用することはできません。, セブン銀行ATMはセブンイレブンだけでなく、イトーヨーカドーやそごう・西武などのセブン&アイグループの店舗や空港や商業施設など、様々なところに設置してあるATMです。, 今や日本一便利なATMと言っても過言ではないので、セブン銀行ATMが使えないのは痛いですね。, また「手数料がかかるけど使える」というわけでもなく、どんなにお金があっても全く使えませんので、イオン銀行がメインバンクという人は、セブンイレブン以外の入出金できるコンビニATMを見つけておく必要があります。, あるいは、セブン銀行が使える他のネット銀行の口座も持っておくといざという時に出金ができます。, イオン銀行キャッシュカードが利用できるATMにはイーネットATMやローソンATMなどがあります。, 詳細は別の記事で紹介していますが、セブン銀行ATM以外の主要なATMはほとんど利用することができます。, ですので、イオン銀行のキャッシュカードが利用できるコンビニは以下のようになります。, セブンイレブンを除くと大手コンビニチェーンで利用できないのは、サークルKサンクスくらいです。, ですが、サークルKサンクスはファミリーマートに吸収され、順次ファミリーマートになりますのであまり気にする必要はありません。, 利用できるコンビニの中でも特に、同じイオン系列のコンビニであるミニストップにはイオン銀行ATMが設置してあり、24時間365日いつでも手数料無料で入出金することができます。, イオン銀行ATMはイオン銀行口座からWAONへのチャージやオートチャージの設定、ポイントチャージなど、イオンカードやWAONに関する手続きもできるので、イオン銀行ユーザには近くに1台あると非常に便利です。, ローソンATMを利用することができるので、コンビニ大手のローソンではイオン銀行ATMを利用することができます。, ファミリーマートにはイーネットATMを置いている店舗とゆうちょ銀行ATMを設置している店舗があります。, イオン銀行のキャッシュカードはゆうちょ銀行とイーネットATMを両方利用することができるので、どの店舗でもイオン銀行キャッシュカードを利用することができます。, 特にゆうちょ銀行ATMは、イオン銀行キャッシュカードで平日昼の時間(8:45-18:00)と土曜の昼の時間(9:00-14:00)に手数料無料で入出金することができるので、非常に便利に利用することができます。, その他にイーネットATMが利用できるコンビニには「スリーエフ」、「生活彩家」、「デイリーヤマザキ」、「ポプラ」などがありますので、これらのコンビニでもイオン銀行キャッシュカードを利用することができます。, イーネットATMやローソンATMで入出金をする場合、税別100円から200円のATM利用手数料がかかります。, ですが、イオン銀行には「イオン銀行Myステージ」というポイント制度があり、一定の条件を満たした人は月に1回から5回までATM利用手数料分のポイントが付与されます。, そのため実質ATM利用手数料が無料になりますので、イオン銀行Myステージを活用して手数料無料で入出金していきましょう。, ATM利用手数料を支払うのはとてももったいないですし、手数料を払っていてはネット銀行使っている意味がほとんどなくなりますからね。, セブンイレブンに設置してあるセブン銀行ATMを利用できるネット銀行は、持っておくといざという時に入出金ができて便利です。, イオン銀行は預金金利が高く、メイン口座に向いていますので、サブ口座的にセブン銀行ATMが利用できるネット銀行を持っておくと便利です。, セブン銀行ATMを利用できるネット銀行には、住信SBIネット銀行や楽天銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、auじぶん銀行、大和ネクスト銀行などほとんどのネット銀行で利用できます。, 便利な銀行が多いので、証券口座と連携する用に住信SBIネット銀行を作ったり、ネットオークション用にジャパンネット銀行をサブ口座として作ったりするなどして、いくらかのお金を非常用として入れておくと、いざという時に入出金できて便利です。, イオンとセブン&アイはライバル企業同士ということで仲が悪く、サービスの相性も悪いので、この辺を改善してほしいですが難しいでしょうね。(イオンでnanacoが使えなかったり、セブン-イレブンでWAONが使えなかったりします。), とは言え、イオン銀行の金利や使い勝手は魅力的ですので、このような欠点を補うためにサブ口座を持っておくと良いでしょう。, どうしても、イオン銀行キャッシュカードを使ってセブンイレブンで出金をしたい場合、「キャッシング」を使うという方法があります。, イオン銀行のキャッシュカードとクレジットカード、電子マネーのWAONが1つになったイオンカードセレクトを持っているとキャッシングの機能もありますので、セブン銀行ATMからキャッシングの出金をすることができます。, イオンカードセレクトのクレジットカードの機能を使ってキャッシングをすることになりますので、正確にはイオン銀行キャッシュカードとして出金するわけではありませんが、どうしても現金が必要な時のために知っておくと良いと思います。, イオンカードセレクトを持っていると、普通預金金利が100倍になる優遇金利が適用されたり、WAONのオートチャージでポイントがたまるなどさまざまな特典があります。, 年会費も無料で損することがないので、イオンバンクカードの上位互換といえ、イオンバンクカードを使っている人は切り替えておいた方が良いです。, これからイオン銀行の口座を開設する人は同時申し込みもでき、お得な入会キャンペーンの対象にもなりますので、イオン銀行とイオンカードセレクトの同時申し込みがおすすめです。, 本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。, マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。, 今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの100倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で5万円弱、20年で19万円以上になります。. セブン&アイホールディングスグループに属する「セブンイレブン」と「セブン銀行」。いずれの「セブン」も、アイフルと相性抜群です。他のコンビニや銀行ではなく、セブンのコンビニと銀行を利用すべき理由を4つ紹介いたします。 セブンイレブンのATMで簡単キャッシングが可能! すっかり当たり前になってきたためご存知ない方はほとんどいないと思いますが、セブンイレブンの店舗には セブン銀行のATMが設置されています。 セブン銀行ATMは、振込みや引き出しのほかに、キャッシングもできてしまう優れモノです。 きらぼし銀行のセブン銀行とのATM提携(コンビニATM)のご案内。東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京は2018年5月に合併し、きらぼし銀行としてスタートしました。首都圏における中小企業と個人のお客さまのための金融機関として、総合金融サービスを通じて、地域社会の発展に貢献します。 セブン銀行ATM 2. イオン銀行とセブン銀行のカードローンの、もっとも大きな違いは 最大利用限度額 です。 イオン銀行の借入限度額は、最大800万円までです。セブン銀行は、50万円までと少額です。 アコムカードローンはセブン銀行ATMでお金を借りることや返すことができます。 セブン銀行はセブンイレブンにあることが多いので、非常に便利ですよね。日本全国のATM台数は2016年3月21日時点では22,398台も存在して クレジットカードなしでnanacoポイントを最高還元率で貯める方法, より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。(2020年11月9日 更新), デビット付きキャッシュカードでnanacoポイントが貯まる。セブンイレブンATMが利用可能。. イオン銀行のホームページです。口座開設、定期預金、住宅ローン、カードローン、各種ローン、投資信託、WAON、イオンカードセレクトのお申込みとご案内、店舗・ATM検索をご紹介しております。 ネット銀行を利用する上で、コンビニATMの使い勝手は重要で、どのコンビニで入出金できるかはネット銀行を利用する人なら誰もが気になると思います。 普通預金金利の高さが人気のイオン銀行は、コンビニ最大手のセブンイレブンで利用 セブン銀行のATMでイオン銀行の口座からお金を引き下ろそうとしたら誤って借入になってしまいました。 これは、いわゆるカードローンというものでしょうか?また、利息はかかるのでしょうか? もしかかるのなら、一刻も早くへんさいしたいのでその方法も教えてください。 セブンイレブンに設置しているセブン銀行ATMを使って、プロミスの借入や返済を行うことができます。 セブン銀行ATMは一部メンテナンス時間を除き、 ほぼ24時間利用できる ので、いつでも借入や返済をすることができて便利ですね。 アコムで借入・返済可能なコンビニATMは、下記の通りです。 1. セブンイレブンに次ぐ全国2位の店舗数となりますので、イオン銀行利用者にとってはさらに入出金やお得に買物できるお店が増えていくので便利になっていきます。 最近は駅ナカに出店しているファミリーマートを目にすることも増えてきました。 セブン銀行のローンサービス(カードローン)のご案内です。セブン銀行のカードローンは、お申込みからご契約までWebで完結!Myセブン銀行アプリからお申込みの場合、最短2営業日でお借入れが可能 … ローソンATM 3.