IF (AND ( 得点 >=50, 得点 <80),"〇","") IF関数 を入れ子にしても構いませんが、数式が長く読みづらくなるため非推奨です。. エクセルで、条件によって表示する値を変えたい場合などに使うのがIF(イフ)関数。 初めは少し難しくても、コツを覚えれば便利なこと間違いなしです。今回は、IF関数の基本の使い方から応用まで、今すぐ使えるポイントを紹介します。 A1≧-1であれば条件が成り立っているので「TRUE」 Copyright ©document.write(new Date().getFullYear()); Impress Corporation. All rights reserved. エクセルIF関数は基本的に2つの答えを振り分けますが、3つ以上も可能ですが式が長~くなります。 例えば、最初のボウリングの成績では人数調整などで従業員やプロボウラーが参加することがあり、男性・女性・従業員・プロボウラーを区別する必要があります。 「-1<=A1<=2」 エクセルの IF 関数の使い方を紹介します。IF 関数は条件により処理を分けます。セルの値が空白なら何もしない、値が入っているときに計算したいときに使用します。IF 関数を入れ子にして複数条件に対応 … Excelで「以上」「以下」「より大きい」「より小さい」「等しくない」などの不等号はIF関数やAND関数などの条件などの分岐などで使われます。 例えば会社で「勤続年数10年以上」なら〇〇研修を受けましょうとか会員のいるサービスで、「入会から10か月以上」なら〇〇をプレゼントなど「この日からこの日まで」に何年、何ヶ月あるのかを知りたい時には関数を使います。 まとめ 「~以上」「~未満」といった複数条件でデータをカウントする際は、COUNTIFS関数を利用しましょう。条件は2つだけではなく、もっと多くの条件を指定することもできます。 複数の条件でデータをカウントする機会は多いため、検索基準の指定方法もあわせて覚えておいて … エクセルのIF関数ネスト セル(A1)の値が 0の時は「1」 1以上5以下なら「2」 6以上10以下なら「3」 11以上30以下なら「4」 31以上なら「5」 と表示したいです。 ネストにすれば良いのか … A1<-1であれば条件が成り立っていないので「FALSE」が返されることになります。, 先ほど見たように、 「3つの数字(セル)の比較は止めましょう」 IF関数とAND関数. 40歳以上の大橋さんと槇村さんは2,000円、30~40歳の間宮さん・広瀬さん・角田さんは1,000円、30歳以下の金井さんと栗本さんは500円と振り分けられています。 エクセル IF関数におけるANDとORの使い方 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". TRUE、FALSEは、全ての数字よりも大きい という値(論理値といいます)が返されます。, 今回の条件式では、 「-1<=A1」を計算(解釈)します。, 条件式の場合、計算結果は 「and(-1<=A1,A1<=2)」 「最初の2つの数字」を持ってきて、 「-1<=A1」 かつ 「A1<=2」 Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 〇以上はそのまま〇未満は〇を表示-IF関数・MAX関数 『インストラクターのネタ帳』は2003年10月から、Microsoft Officeの使い方などを紹介し続け(2012年頃からはVBA関連記事が多め)、毎日5万人の方にご覧いただいています。 (【-1<=A1】の計算結果)は、 2つの数字の比較の「組み合わせ」に分解することができます。, この分解後の条件を、 ということになります。, 「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!, このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。, ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!, ※ご登録頂いたメールアドレスに、エクセルを使いこなすための情報を配信するメールセミナー「エクセル倍速講座」も合わせて配信させていただきます。. 例えば、 A1セルに入力されている値が、 「-1以上、2以下」というような条件を指定したい場合、 普通に考えると、 というような条件を書きたくなるかもしれません。 でも、 これでは、正しい結果が表示されません。 (理由は後で書きます) エクセルで、上のようなことをやりたい場合には、 というように、and関数を使って書きます。 同様に、 「-1超、2未満」であれば、 と書けば、うまく動きます。 というような条件を書きたいときにどうすればいいでしょうか?, 例えば、 1日の1/3以上を占める仕事時間が充実すれば、より良い人生になる確率はグッと上がります。まずは、Excelを実務へフル活用し、デスクワークの生産性を上げてしまいましょう。 【エクセル中級者向け】「 以上の場合は 」の条件 例えば、「=1+2+4」という計算式を入れたら、 Excelで五捨六入(0.5以下切捨て、0.5超切上)するには、雇用保険料のセルに以下の式を使います。※ =MAX(ROUNDUP(セル*3/1000-0.5, 0), 0) ※ ・賃金額は0円以上を想定しています。 ・雇用保険料率被保険者負担分は3 TRUEやFALSEを、数字と比較しようとすると、 「XX以上、XX以下」 難しい、、と感じたら、読み飛ばしてください。, 計算式が出てきた場合、 得点に応じて合否を判定したい!そんな時に便利なのがエクセル関数「IF」(イフ)です。「IF」もし だったら で、異なる場合には××にしてね!と指定できる関数です。=IF(論理式,"真の場合","偽の場合")今回の例ですと、160点以上獲得した人を合格とさせたいので、関数は下記の通りです。 例えば50点以上、80点未満に〇を付けて該当しない場合、. [真の場合] ... 条件に一致する場合の結果 3. Copyright © 2020 経理・会計事務所向けエクセルスピードアップ講座 All Rights Reserved. という扱いを受けるようです。, ということで、 エクセルのIF関数使い師になれるかどうか、IF関数徹底攻略でExcelの使い方をみがくのです。エクセルが好きになるかどうかの分かれ道がIF関数。もしこの条件が成立するならA、そうでない時はBにする!条件に合うかどうかで結果をコントロールできるのがIF関数です。 条件式で 80を超えたときは「 」. 「-1<=A1<=2」というような VBAのif関数を使いたい、条件式の使い方|if,else,ifelse,then 事例1 (IF else then)|80点以上なら 事例2 (IF elseif)|評価Aなら、評価Bなら、評価Cなら 事例3 (IF elseif else)|80点以上、80点未満 … 条件によって数値や文字の色を変えたり、セル色を変えるにはどうしたらいいでしょうか。テストの結果をエクセルに入力したりするときに、あとで見やすいように40点以下は赤、41点~60点は青で色わけ表示されるようにできたら便利です。 60以上80以下のときは「 」. 空白にする場合は下記のような数式を設定します。. という形になるのです。, ※ここからは、 A1セルに入力されている値が、 経理・会計業務を行っている方向けに、エクセルでの作業を劇的に速く、効率化する方法をお伝えします。, エクセルのif関数を使って、 というように、 常に「0」が表示されてしまうのでした。, 結論としては、 「XX超、XX未満」 エクセルの IF関数 では「もし~なら〇〇、そうでなければ××」のように、セルの値を条件分岐で変化させることができます。 『80点以上なら “合格” そうでなければ “不合格” 』 みたいに。 数字や文字列以外にも、「もしセルが 空白 の場合は~」といった条件にも対応できます。 [論理式] ... データを判定する条件式(論理式) 2. 「-1以上、2以下」というような条件を指定したい場合、, エクセルでは、 最初に「1+2」の部分を計算するわけです(計算結果は3)。, 「-1<=A1<=2」という条件式を入れた場合、 条件が成り立てば「TRUE」、成り立たなければ「FALSE」 データの内容を判定する定番の関数といえば、IF(イフ)関数ですよね。構文は以下のとおりです。 =IF(論理式, 真の場合, 偽の場合) 1.   ↓ よねさんのWordとExcelの小部屋 » エクセル関数一覧表 » IF関数&IS関数 IF関数&IS関数の使い方:Excel関数 条件判定(IF関数)および複数条件を設定する時のAND関数、OR関数の使い方、セルや数式の状態を調べるIS関数の説明をして G4が0以上13未満で、かつC2が0なら0、C 8 エクセルの関数で範囲のある数字を決まった数字に置き換えたい 9 エクセルで数字を希望する有効数字にまるめる方法(関数など)を教えてください。 10 IF関数とVLOOKUP関数を使って以上以下を ExcelのIF関数で複数条件に対応する方法をご紹介しています。条件が3つ、4つの場合についてそれぞれ詳しく説明しています。IF関数の中にIF関数を入れ子(ネスト)にすることで細かく条件を分岐させることができます。 A1セルにどんな値が入っていたとしても、 エクセルの仕様で、 エクセルのIF関数とかで、「10以上は 、5以上10未満は 、0以上5未満は無記入(もしくはスペース)、-5より大きく0以下は 、-5以下は×」という関数を作りたいのですが、可能ですか?できれば関数を書いて頂けるとうれしいです。 [偽の場合] ... 条件に一致しない場合の結果 例として、ある製品のテスト結果が「80」以上なら「合格」、「80」未満なら「不合格」と表示してみます。 『セルC3の結果が「80」以上』の条件式(論理式)は「C3>=80」です。[真の場合]には「"合格"」、[偽の場合] … IF関数の入れ子・ネストで、以上以下. と判断されてしまい、 「3つの数字を比較する」書き方はできません。, これを、 IF関数と組み合わせて、もしもB1が1以上でなおかつ5以下なら1、そうではなければ0とする場合は =IF(AND(B1>=1,B1<=5),1,0) となります。 図1の得点評価対応表から「70」点に対応する評価を調べます。 VLOOKUP関数の引数[検索値]に検索条件となる「70」を入力したセル「B2」、[範囲]に得点評価対応表のデータが入力されているセル「D3:F6」(「D3:E6」と指定してもOK)、[列番号]に「評価」の列「2」を指定すると、70点に対応 … 「90点以上ならA評価」といったような成績処理をエクセルで行う方法の解説です。IF関数というものを使います。最初はややこしく感じるかもしれませんが、IF関数を使えるようになるとエクセルの便利さが実感できます。 やや難しいのに加え、応用できる話でもありませんので、 IF関数は条件を判定することができます。例えば値が100以上なら〇、未満なら×のようにです。これにOR関数を組み合わせると複数の条件を指定できます。例えば、値Aか値Bのどちらかが100以上なら〇、そうでなければ×のようにです 条件式は成り立たない 【エクセル初心者】表の縦・横の項目を指定して値を検索する(INDEX、MATCH). データによって表示する値を切り替えたいときは、「IF」(イフ)関数を使いますよね。「80」以上なら「合格」、未満は「不合格」のように、1つの条件であれば簡単です。では、2つ、3つと条件が重なるときは? IF関数を入れ子(ネスト)するコツを覚えましょう。, コンパクトなのに全部入り! 通常は、「最初の2つの数字」を持ってきて計算(解釈)を行います。 A1セルに入っている値に応じて変化しますが、, どうやら、 エクセルの計算式で表現すると、 「エクセル 関数 if 以上 以下」という検索キーワードをそのまま解釈した場合は、上記のAND関数とIF関数を使った数式ですが、次のような数式を作りたいという方も「エクセル 関数 if 以上 以下」という検索をする可能性があると思っています。. Office 365 & Excel 2019にも対応した全484関数を収録。いつも手元に置いておけるExcel関数解説書の決定版。, データの内容を判定する定番の関数といえば、IF(イフ)関数ですよね。構文は以下のとおりです。, 例として、ある製品のテスト結果が「80」以上なら「合格」、「80」未満なら「不合格」と表示してみます。, 『セルC3の結果が「80」以上』の条件式(論理式)は「C3>=80」です。[真の場合]には「"合格"」、[偽の場合]には「"不合格"」と指定します。, セルC3に入力されているテスト結果を判定したいので、条件式(論理式)は「C3>=80」となります。[論理式][真の場合][偽の場合]の間は、それぞれ半角の「,」で区切って、「"合格"」と「"不合格"」を入力します。表示させる文字列は半角の「"」で囲みます。, では、「80」以上で「合格」、「70」以上で「再検査」、「70」未満は「不合格」とするにはどうしましょう? 一見難しそうですが、IF関数の入れ子(ネスト)の仕組みを理解すれば簡単です。ここではIF関数で2つ、3つと条件が重なるときのコツを紹介します。, 『「80」以上で「合格」、「70」以上で「再検査」、「70」未満は「不合格」』とすることを考えてみます。まず、先ほど入力した関数式を見てみましょう。, 先頭から「=IF(C3>=80,"合格",」の意味は、『セルC3が「80」以上なら「合格」』です。[偽の場合]の「"不合格"」をいったん削除すると、以下のようになります。, 『セルC3が「80」以上なら「合格」』の関数式はこのままでOKなので、これにつながる『「70」以上で「再検査」、「70」未満は「不合格」』の関数式を考えればいいわけです。, となります。ポイントは閉じ括弧「)」の数です。先頭から「(」を数えると2つあります。「(」と「)」の数が一致している必要があるので、末尾に「)」を追加して関数式の完成です。, 完成した関数式は『セルC3が「80」以上なら「合格」、(そうでなければ)セルC3が「70」以上なら「再検査」、「70」未満は「不合格」』という意味になります。, なお、「)」の数が不足している場合、以下のようなメッセージが表示されます。[はい]ボタンをクリックすれば「)」は補完されますが、「)」の数を意識して入力すると関数式の扱いが上達すると思います。, 「=IF(C3>=80,」に続けて、「IF(C3>=70,"再検査","不合格")」と入力します。[Enter]キーはまだ押さないでください。, 条件の追加によって結果が切り替わりましたね。ただし、この例のように数値を判定する場合は、厳しい条件から順に指定する必要があります。, 例えば「=IF(C3>=70,"再検査",IF(C3>=80,"合格","不合格"))」という関数式を考えます。セルC3が「80」だとすると、1つ目の条件「C3>=70」を満たして「再検査」と表示されてしまいます。, 今度はもう1つ条件を追加して、『「80」以上で「合格」、「70」以上で「再検査」、「60」以上で「要報告」、「60」未満は「不合格」』としてみましょう。, 3つ目の条件を指定する際の考え方も、先ほどと同じです。最終的に入力する関数式は以下になります。, 追加する条件『「60」以上で「要報告」、「60」未満は「不合格」』は、以下のようになります。, この関数式をつなげればいいわけです。先ほどと同じように、閉じ括弧「)」の数には注意です。「(」の数にあわせて「)」を2つ追加して3つにします。, 「=IF(C3>=80,"合格",IF(C3>=70,"再検査",」に続けて、「IF(C3>=60,"要報告","不合格")」と入力します。[Enter]キーはまだ押さないでください。, 結果が変更されました。「80」以上で「合格」、「70」以上で「再検査」、「60」以上で「要報告」、「60」未満は「不合格」となっていることがわかります。, 複数の条件を指定する場合、条件が1つのみの関数式を修正するのが簡単です。ここでは都度「"不合格"」を削除して関数式を修正しましたが、慣れてくればピンポイントにIF関数を組み込めるようになると思います。, 元パソコン書籍の編集者。現在は、パソコンのほか、デジタルカメラやスマートフォンなどのデジタルデバイス、Webサービスなどに関する企画・編集・執筆を中心に活動しています。お届けした情報が少しでも役立ったと思ってもらえれば幸いです。.