ここまでは「中指ルートフォーム」についてお話してきました。カンの良い方は既に気づいたかもしれませんが、「中指」以外にもスタートの指が異なる型があります。中指だけでなく、人差し指、薬指、小指から始まる各フォームが存在します。 左手のフォームということで、前回は握りこみフォームについて書きましたが今回はその続きです。筆者的には握りこみフォームが“エレキ・ベースを弾く上で最も基本かつ多用する演奏方法”であり、今回書いた内容が“フィンガリングの基本となるフォーム”だと考えています。 人差し指と中指の弦に当たる位置同じにして、音の粒を揃う. ベースという楽器を指で演奏する場合、基本的には人差し指と中指を使います。具体的に僕がオススメしている弾き方は、人差し指も中指も、弦に対して爪の側面を当てる事で… 指弾きの場合、右手の中指と人差し指を交々に、ピック弾きの場合はアップとダウンを交々に動かして弾きます。。これはオルタネイトピッンキングという、ベースを弾くときの基本的な動作です。 指弾きで疲れる原因として、ベースを構える位置も挙げられます。 初心者さんであれば、 2フィンガー奏法のフォームは2種類あります。 ベースのドレミを弾くとき右手の指の動かし方. まずはフォーフィンガーの指弾きアルペジオの基本形です。 親指→人差し指→中指→薬指と順番に音を鳴らしていきます。 割とすぐにできるようになると思いますが、bpmを早めると難しいものです。 右手首を曲げて弦に対して指が立つようにし、人差し指と中指を使って弦を弾きます。 1、2弦を弾く時はピックアップから4弦(5弦ベースの場合は5弦)に親指を移動することで演奏しやすくなります。 そんなウッドベースの押弦ですが、人差し指が一番しんどいです。 一般に小指が動かなくて練習が必要になりますが、小指は他の指のサポートを受けられます。 その点、人差し指は必ず単独で弦を押さえるため、一番しんどい指となります。 指弾きの筋トレも、2フィンガーの場合、人差し指と中指を意識して筋トレを行ってみましょう! 疲れる原因3.ベースを構える位置がズレている. そこで指弾きに関して3点ほど聞きたいことがあるのですが、 (1)皆さんは、親指の位置を固定して弾いていますか? それとも、固定せずに浮かして弾いていますか? (2)弾く時は人差し指と中指を傾けて弾いた方が良いですか? よく聞く理由が、「斜めのフォームにすると、人差し指と中指の長さが一緒になる」ってやつ。 弦に対して指がどこまで入り込むのかも同じになるから、音質や音量も同じになるらしい。 ベースの指弾き(ツーフィンガー)を始めたい方に向けた記事です。ピック弾きから指弾きに転向したいベーシストはもちろん、ベースを始めたばかりの初心者の方も参考にしてください。 今回の運指では下の画像のように、 人差し指で5fを、中指で6fを、薬指で7fを、小指で8fを押さえる形になる。 それぞれの指は長さが違うので、指ごとに円の描き方を変えるのがコツね。人差し指と小指は、指のハラが隣りの弦に軽く触れる感じ。 指弾きには種類がいくつかあります。その中で代表的な弾き方といえるのが、人差し指と中指を使う2フィンガー奏法です。ここでは、指弾き=2フィンガー奏法として解説を進めます。 2フィンガー奏法のフォーム.