マララさんの国連のスピーチが素晴らしくて何度見ても泣けるので,誰かに伝えたくて書いてます。若干16歳(日本の高校一年生と同じ)の少女が命を懸けて守ろうとしてい… 国連は、マララ・ユスフザイさん(16)の誕生日である7月12日を「マララ・デー」と名付け、世界中の若者ら約500人を集めた各種イベントを開催。 マララさんは、ニューヨークの国連本部で開かれた会合で演説し「すべての子どもに教育を受ける権利の実現を」と訴えました。 私は本を読むと同時にYouTubeでマララさんの襲撃前後の動画を見ました。 僕も、国連の場で16歳がここまで訴えられるのは素直に立派だと思うけど、残念ながら共感するまでには至らなかった。 何か響かないなーと思って、同じような年恰好で世界でスピーチをした、ノーベル平和賞受賞者マララさんのスピーチと見比べてみた。 今日は「マララ・デー」 2014年ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの誕生日でもあり、彼女がタリバーンによる銃撃から奇跡の回復を遂げ、2013年7月12日にニューヨークの国連本部にて演説をした日でもあります。 マララさんといえば、2012年10月9日に頭部に2発の銃弾を受け、意識不明の重体になるも、奇跡的に一命をとりとめ、過酷なリハビリに耐えて、そして2013年7月12日(16歳の誕生日)にニューヨーク国連本部で行ったのあの演説。 7月12日の16歳の誕生日に、国連本部(ニューヨーク)でスピーチをする。のちに、国連によって7月12日が「マララ・デー」となる。 - 2014年 ノーベル平和賞を最年少で受賞. 2013年7月12日は16歳の誕生日である。この日、マララさんは国連に招かれてニューヨークの同本部で20分のスピーチを行った。 テロリストたちは、わたしの目的を変えさせてやろう、目標をあきらめさせてやろう、と考えたのでしょう。 2019年7月12日 金曜日 今日は何の日. 同日、マララさんは、国連本部に集まった世界の若者を前にした演説で“強い信念”や“許しと慈悲”の精神を訴え、“教育”の力を強調しました。 7月12日。国連は、マララ・ユスフザイさんの16歳の誕生日を世界中の若者たちとともに祝福しました。 マララさん ノーベル平和賞授賞式スピーチ 日本語訳 全文; マララさん ノーベル平和賞受賞決定スピーチ全文; マララさん16歳誕生日の国連スピーチ全文; 検証・小保方晴子はウソつきか? 13歳の少年が核融合に成功; モーツァルトが8歳で作曲した交響曲 今日の絵本は来日されて2019 3/23 に講演されたマララ ユスフザイさんの写真絵本です。女子教育を訴えるマララさんの活動を辞めさせるためにタリバンはマララ… 男らの目的は、マララさんの口封じでした。マララさんは重体で手術をし、奇跡的に一命をとりとめました。10月13日、容疑者が逮捕され、2月2日の再手術も成功し、回復していきました。 そして、7月12日16歳の誕生日に国連で演説をすることとなります。 この日はマララさんの16歳の誕生日。国連は「マララ・デー」と題し、世界80カ国以上から約500人の若者を国連本部に招き、マララさんの回復と誕生日をともに祝福した。マララさんは「この日は私個人 … 何か響かないなーと思って、同じような年恰好で世界でスピーチをした、ノーベル平和賞受賞者マララさんのスピーチと見比べてみた。 2014年当時、彼女が17歳の頃のスピーチだ。 nakaね~、16歳のマララさんのお姿を見ていると、長く生きている自分が気恥ずかしくなりました。 マララさんの誕生日は7月12日なので12日を「マララデー」と呼ぶのだそうです。 マララデーは全ての女性や子どもたちの日だ。 この日はマララさんの16歳の誕生日。国連は「マララ・デー」と題し、世界80カ国以上から約500人の若者を国連本部に招き、マララさんの回復と誕生日をともに祝福した。マララさんは「この日は私個人 … 16歳の誕生日に米ニューヨーク(New York)の国連(UN)本部で演説するマララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)さん(2013年7月12日撮影)。 16歳とは思えないしっかりとしたスピーチで感動的でした。 画像 この日はマララさんの16歳の誕生日。国連は「マララ・デー」と題し、世界80カ国以上から約500人の若者を国連本部に招き、マララさんの回復と誕生日をともに祝福した。 マララさんは、16歳の誕生日である2013年7月12日に、ニューヨークの国連本部で国連青少年会合に向けて力強いスピーチを行いました。しかし、その翌日、パンジャーブ州知事シャバズ・シャリフさんは、以下のようにツイートしたそうです。 マララさんの国連での演説全文 パキスタンで昨年10月、女子が教育を受ける権利を訴えて武装勢力に頭を撃たれたマララ・ユスフザイさん(16)が12日午前(日本時間同日夜)、ニューヨークの国連本部で演説し、「すべての子どもに教育を受ける権利の実現を」と訴えた。 2013年7月12日、16歳の誕生日を迎えたマララさんは、国連で数百人の若者に語りかけ、教育を使って過激主義と闘おうと、次のように訴えた。「本とペンを手に取りましょう。それこそ私たちにとって最も強力な武器だからです。 そんなおそろしい目にあったのに、マララさんは活動をやめず、16歳の誕生日の7月12日に、ニューヨークの国連で演説をしたそうです。 インターネットで演説の様子を見てみましたが、私と5歳しか年の違わない少女が、世界のリーダーたちを前に堂々と演説する姿には驚き、とても感動しまし … 2013年7月12日は16歳の誕生日である。この日、マララさんは国連に招かれてニューヨークの同本部で20分のスピーチを行った。 テロリストたちは、わたしの目的を変えさせてやろう、目標をあきらめさせてやろう、と考えたのでしょう。 女性が教育を受ける権利を訴え続け、2014年に史上最年少のノーベル平和賞受賞者となった17歳の少女、マララ・ユスフザイさんをご存知でしょうか? 今回は、彼女の言葉を紹介しながら、人間としての生き方、平和に対する考え方を学びたいと思います。 12日はマララさんの16歳の誕生日。 国連はマララさんの取り組みや銃撃後の不屈の精神をたたえて「マララ・デー」と名付け、世界各地の若者リーダーのほか、国連の潘基文事務総長、国連世界教育特使のブラウン前英首相らによる会合を企画したと共同通信は伝えている。