市町村変更に伴う、合併情報、変更情報を提供。地理・人口統計データと各種の地図を提供する財団法人。 今後の市町村変更情報から、過去の変更情報まで閲覧可能. 神栖市は、平成17年(2005年)8月1日に神栖町と波崎町との市町村合併により、人口9万人余りの市として誕生しました。 合併協議の経過について. 高度経済成長期は、周辺市町村を吸収する形で都市が膨張する時代でもあった。 人口30万人以上の市に限っても、昭和35年(1960)には全国に21市であったものが、平成12年には60市を超えるまでに増加している。 こうした都市は、人口増加だけでなく、いくつかの市町村が合併をする事でも誕生したのだ… h15年9月1日. 市町村. 法人番号 4000020112119 〒367-8501 埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号 電話番号:0495-25-1111(代表) 開庁時間:午前8時30分 閉庁時間:午後5時15分 (土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く) 本庄市 … 10855 件. 3 合併市町村又は合併市町村を包括する都道府県が市町村建設計画を達成するために行う事業又は基金の積 立てに要する経費に充てるために起こす地方債については、法令の範囲内において、資金事情及び当該合併 129. 1. 市町村合併に伴う効果・課題等に関する調査(平成22年4月)(pdf:209kb) 平成19年度「鹿児島県における市町村合併の実態調査」(PDF:1,727KB) 平成18年度「鹿児島県における市町村合併の実態調査」(PDF:155KB) 合併前の市町村. 県内市町村の合併状況(平成11年から) 岩手県の市町村合併トピックス; 岩手県市町村合併推進審議会による市町村長への訪問調査; 合併市町の現状に関する調査について(平成21年度) 合併市町の現状に関する調査について(平成27年度) なお、合併後の住居表示は、各市町村へお問い合わせください。 ピックアップ. 24. 合併した市町村は、その結果どうなったでしょう。 県では、県内で合併した市町の職員の皆さんと一緒に、実際 の合併のメリットなどについて研究し、その結果を平成 19年12月に「実例から見た市町村合併」として取りまとめ ました。 合併日. 17.3.1. 市町村合併特例交付金: 市町村合併に伴い発生する電算システムの統一等の財政需要を援助するとともに,合併後のまちづくりを支援: 新しい地域づくり推進活動費補助金: 民間団体が市町村合併について調査研究や啓発事業などの事業を行う場合に補助金を交付 昭和の市町村合併. 合併後の取組. 市町村合併情報; 岩手県市町村合併支援プランによる支援実績; 県内市町村の合併状況(平成11年から) 岩手県の市町村合併トピックス; 岩手県市町村合併推進審議会による市町村長への訪問調査; 合併市町の現状に関する調査について(平成21年度) 市町村が大きくなれば地域コミュニティが形成できないということではありません。 市町村合併は、大変にむずかしい問題です。 地域の将来を左右する問題ですから、様々な意見があるのは当然のことです。 1: 伊野町、吾北村、本川村: 高知市: h17. 平成の市町村合併に関する懇談会; 市町村合併の中間評価 Pick Up. 212(218) 平成18 年 3 月 31 日現在. 市町村合併特集号 城山町との合併協議が始まります. 北海道の市町村合併の状況(平成16年以降) 平成21年10月5日現在の北海道の市町村合併の状況は次のようになっています。 合併した市町村 高知県市町村合併 県内の市町村合併の状況 高知県市町村合併推進審議会 高知県市町村合併推進構想 高知県新しいまちづくり支援交付金. 16.11.1. というかこの辺は郡が乱立しすぎ。歴史的にも1郡2村→合併して1村とか多いし。 小樽市(小樽市+余市町+仁木町+赤井川村+古平町+積丹町) ニセコ市(蘭越町+ニセコ町+真狩村+留寿都村+喜茂別町+京極町+倶知安町) 日高 64,022人 県内の市町村合併の状況. 1. 日付順一覧. 時点. 平成16年4月20日、波崎町長から神栖町長へ合併協議の申し入れがあり、8月20日には「神栖町・波崎町合併協議会」が設置され、市町村合併に関する協議がおこなわれました。 県内の市町村合併の状況 . 市町村の合併の特例等に関する法律の一部を改正する法律の内容(平成22年法律第10号) 概要; 要綱; 法律・理由; 新旧対象条文; 参照条文; 総務省から各都道府県あての文書. 130. 新潟県における平成の市町村合併誌. 政府による市町村合併推進政策により、日本全国で市町村合併が進んだ。いわゆる「平 成の大合併」である。事実、1999 年3 月31 日時点で全国に3232 あった市町村が、2014 年4 月5 日には1718 まで減少した。なお、2010 年度から2014 年度の間に減少した市町 35. 宮崎県市町村合併推進構想. 市町村再編は、管内町村の多くが自立に向けて取り組みを行っており、現時点では、新たな合併協議を始める状況には至っておりません。 帯広市では、分権時代にふさわしい自治の姿を目指し、道州制をはじめ、市町村再編等の諸課題について、関係機関と連携をはかっています。 住所表示(旧会津若松市は変更なし) 田村市. 更埴市・戸倉町・上山田町. 合併協議の経過について. 市町村合併の検討は、みんなで話し合うことから始まります。具体的な協議を行う場となるのは、合併研究会や合併協議会などの組織ですが、市町村合併の検討にあたっては、常に住民のみなさんと情報を共有しつつ、協働しながら進めていくことが大切です。 合併関連情報; 市の紹介. る自主的な市町村合併を推進。 4. 平成18年3月末. 合併後のまちづくり; 合併建設計画「新発田市新市建設計画」の変更について(平成26年3月変更) 「合併建設計画」の見直しについて(平成21年12月) 新発田市・紫雲寺町・加治川村合併; 新発田市・豊浦町合併 合併後に、住所が変更となっている場合もありますので、御注意ください。 参考資料. 市町村合併に伴う住居表示の変更について(延岡市) 2020年11月5日. 34. 2020年11月5日. 神栖町と波崎町との市町村合併. 高知県 総務部 市町村振興課; 住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号: 電話: 行政担当 088-823-9313: 選挙担当 088-823-9314 本庄市役所. 町. 1: 伊野町、吾北村、本川村: 高知市: h17. 合併した地域(10地域、29市町村) 市町名 合併期日 合併前の区域; 吾川郡いの町: h16.10. 市. 会津若松市・北会津村. 2. 千曲市. 住所表示. 第4回宮崎県市町村合併推進審議会. 連絡先. 1. 県内市町村の合併状況(平成11年から) 岩手県の市町村合併トピックス; 岩手県市町村合併推進審議会による市町村長への訪問調査; 合併市町の現状に関する調査について(平成21年度) 合併市町の現状に関する調査について(平成27年度) 合併後の取組. 須賀川市. また、市町村合併の進展等によって基礎自治体の行政体制整備が大幅に進んでいますが、個々の基礎自治体は規模、地理的条件等の事情が異なるため、事務事業によっては、広域的な連携の仕組みを積極的に活用し、複数の地方自治体が協力して実施することで、より効率的で、かつ質的にも向 合併状況. 市町村合併情報コーナー. 合併しようとする複数の市町村のうち、1個を存続法人として、それ以外の市町村を廃止して存続法人に組み入れる合併方法。 2. 合併関係市町村の議会の議員で合併市町村の議会の議員の被選挙権を有することとなる者は、合併後2年を超えない範囲で在任することができる。 次のいずれかによることができる。 戦後の急成長を経た日本各地では、都市の拡大と町村の減少が進み、市町村数は約8分の1となった。 合併に期待される地域経済の発展と、地域住民が抱える問題とはどんなものなのか? 都市が周辺を取り込んでいく 合併が大きな都市を形成 三重県では、平成10年度末に69あった市町村が、旧合併特例法下での取り組みにより、平成17年度末に29市町に再編されました。 平成22年4月に施行された新合併特例法の下でも、引き続き自主的な市町の合併を支援します。 合併状況. 合併をしようとする市町村は、地方自治法第252条の2第1項の規定により、議会の議決を経て合併協議会を設置し、マスタープランともいえる合併市町村基本計画の作成や、その他、合併に関する協議を行います(市町村の合併の特例等に関する法律(新合併特例法)第3条第1項)。 新潟県における平成の市町村合併誌. 合併前の旧市町村名が現在どこの市町村に該当するかについては、明治後期から昭和初期頃の旧町村名は旧町名一覧、平成13年以降は以下の「合併した市町村」をご覧ください。. 県内の市町村合併の状況. 市町村合併 市町村合併ををををを含含含含めためめたためた基礎的自治体めめたた 基礎的自治体のありのあり方のあり方 監査機能 監査機能ののの充実充実・・・・・強化等強化等のの最近の最近のの社会経済情勢の社会経済情勢の 更新日:2020年10月01日 . 県内の市町村合併地図; 県内の合併状況一覧(合併に伴う住所変更はこちらから確認いただけます。) 合併誌. 県内の合併市町村一覧[Excelファイル/44KB] 県内における市町村合併の経過[PDFファイル/293KB] 明治以降の県内市町村 … 2.市町村合併. 市町村合併の動き | 合併後の新住所 | 新しい合併特例法 | 関連外部リンク集. 2020年11月5日. 編入される市町村は法人格が消滅するため、その首長と議員は失職する。ただし、議員については編入した自治体の議員になることも特例として可能。首長選挙や議員選挙は … 2 / 9 市町村合併の結果、行政区域は市への集約が進み、町村数は、明治の大合併(1888~1889年) では市町村数が77.8%減少、さらに昭和の大合併(1953~1961年)では市町村数が64.8%減少 15. 21世紀を迎えた今、私たちを取り巻く社会環境は、刻々と変化しています。少子・高齢化社会への対応、環境問題への対応、公共事業の新たな見直し、地方分権の推進など、新しい時代に対応していくため、県や市町村など地方自治体は、これまで以上に力を合わせて住民の福祉を考えていかなければなりません。 こうした状況の中、全国的に市町村合併が検討され、平成17年3月末日で失効した「市町村の合併の特例に関する法律」(旧合併特例法)のもとでの取り組みにより、市町村の数は大幅に減少し … 1. 2020年11月5日. 県内の市町村合併の状況 県内の市町村 平成15年3月末. 合併した地域(10地域、29市町村) 市町名 合併期日 合併前の区域; 吾川郡いの町: h16.10. 愛知県内の市町村合併を巡る動き (ファイル名:ugoki(2011年4月1日).pdf サイズ:168.00 KB) 合併市町村ごとに合併に至るまでの経緯を記載しました。 人口(h17国調) 面積. 備考. 市町村合併. 埼玉県の市町村合併の状況. 日本の市町村の廃置分合(にほんのしちょうそんのはいちぶんごう)では、日本における市町村の分割・分立・合体・編入について説明する。地方自治法第7条の「市町村の廃置分合または市町村の境界変更」の一形態に当たる。, 市町村の合体と編入とは合わせて合併といわれ、一般には市町村合併と言われることが比較的多い。, 日本では1889年(明治22年)の市制・町村制施行以降、大局的にみれば市町村数は一貫して減少する傾向にあり、市町村合併の例が分割・分立の例に比べて圧倒的に多くなっている。, 市町村合併については、1888年(明治21年)から1889年(明治22年)までに市町村数が71,314から15,859に減少した「明治の大合併」、1953年(昭和28年)の町村合併法施行から新市町村建設促進法により1956年(昭和31年)から1961年(昭和36年)までに市町村数が9,868から3,472に減少した「昭和の大合併」、1995年(平成7年)の地方分権一括法による合併特例法の改正により1999年(平成11年)から2006年(平成18年)までに市町村数が3,232から1,821に減少した「平成の大合併」という大規模な動きがあった。, しかし2010年代に入ってからは市町村合併の動きはほとんどなくなり、2014年4月5日に栃木県栃木市が下都賀郡岩舟町を編入して以降、現在まで市町村合併は実施されていない[1]。, なお、市町村の所属都道府県の変更は「都道府県の境界変更」にあたり、地方自治法第6条に規定されている。, 明治維新後も江戸時代からの自然発生的な地縁共同体としての町村が存在し、生活の基本となっていた。当初、明治政府はこれと無関係に大区小区制を敷いたが、住民の反発が大きかったことから、1878年(明治11年)に郡区町村編制法を制定し、町村を基本単位として認め、郡制及び5町村程度を管轄する戸長役場を置いた。しかし、府県、郡役所、戸長役場、町村という複雑な4層構造になってしまったため、行政執行に適した規模の町村の再編が必要となった。, 明治政府は1888年(明治21年)に市制及び町村制を公布するとともに、内務大臣訓令で各地方長官に町村合併の推進を指示した。これに基づき強力に町村合併が進められた結果、町村数は1888年(明治21年)末の71,314から1889年(明治22年)末には15,820となり、約5分の1に減少した。このときはおおむね小学校1校の区域となる約300戸から500戸が町村の標準規模とされた。, 明治の大合併を経て、地縁共同体だった町村は近代的な意味で地域を行政統治するための地方公共団体に変貌することとなった。しかし、大きな合併を経ていない小規模町村においては現代に至るまで江戸時代からの地縁性が残っており、欧米と比較したとき、その二重性が日本の町村の特徴となっている。, 1889年(明治22年)以降も町村合併は進められ、1898年(明治31年)までにさらに2,849減少したが、1898年(明治31年)以降は漸減傾向で推移し、1918年(大正7年)までには267が減少したのみだった。, 1923年(大正12年)に郡制が廃止されたが、これをきっかけに町村合併等の機運が盛り上がり、1918年(大正7年)から1930年(昭和5年)までの12年間に、町村数は約500減少した。その後、1940年(昭和15年)に紀元2600年を記念して合併が進められた時期などがあり、1943年(昭和18年)には市数200、町村数10,476となった。, 1945年(昭和20年)、第二次世界大戦終戦直後には、市数205、町数1,797、村数8,818となっていた。, 戦後、新制中学校の設置管理、市町村消防、自治体警察の創設、社会福祉、保健衛生関係などが新たに市町村の事務とされ、増大した行政執行の財政確保のために、市町村を適正規模に拡大することが必要となった。, このため、1953年(昭和28年)に町村合併促進法が施行され、新制中学校1校を管理するのに必要な規模としておおむね8,000人以上[2]の住民を有することが標準とされた。さらに、「町村数を約3分の1に減少することを目途」とする町村合併促進基本計画(昭28年10月30日閣議決定)の達成のため、1956年(昭和31年)に新市町村建設促進法が施行され、全国的に市町村合併が推進された。, 1953年(昭和28年)の町村合併促進法施行から、新市町村建設促進法を経て、1953年(昭和28年)10月に9,868あった基礎自治体が1961年(昭和36年)には3,472になり、約3分の1に減少した。, 高度経済成長期における都市化やモータリゼーションの進展を背景とする合併の動きに対応するため、1965年(昭和40年)に「市町村の合併の特例に関する法律」(合併特例法)が制定された。郡山市・岡山市・倉敷市・富士市などの地域拠点になることを目指した合併や、新産業都市の指定を目指して平市・磐城市など14もの市町村がいわき市になるなどの大規模な合併が行われた。また、高度経済成長期には山間部の過疎が進行したため、隣接する都市が山間部を取り込むという動きもあった。静岡市などがそれに該当する。市制施行のための人口要件が緩和され、鴨川市・備前市・東予市(現・西条市)など人口3万人以上での市制施行を目指した合併も行われた。, 1965年(昭和40年)に10年の時限立法として制定された合併特例法は1975年(昭和50年)以降も10年毎に延長を繰り返して来たが、1970年代後半からは合併の動きが低調になった。1980年代末ごろから、商工会議所などの経済団体や青年会議所を中心として、市町村合併を推進する提言が各地で行われる一方、第二次臨時行政調査会最終答申や地方分権推進委員会勧告等において市町村合併の推進が提言されてきた。, このような中、1995年(平成7年)に地方分権一括法によって合併特例法の改正が行われ、住民の直接請求により法定合併協議会の設置を発議できる制度の新設や、合併特例債を中心とした財政支援措置の拡充がなされ、以降、市町村合併が政府により強力に推進されることとなった。政令指定都市への移行や、町村の市への移行のための人口要件の緩和なども、数度の改定で盛り込まれ、合併論議が加速されることになった。また、1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙では主要政党(自由民主党、新進党、民主党)いずれもが市町村合併の推進を政権公約に掲げるに至った。なお、2000年(平成12年)には、当時の与党3党(自民党・公明党・保守党)により「基礎的自治体の強化の視点で、市町村合併後の自治体数を1000を目標とする」との方針が示されている。, 市町村側にとって特に影響が大きかったのは、政府(旧自治省、現総務省)による合併特例債を中心とした手厚い財政支援と、同時期に進行した三位一体改革による地方交付税の大幅な削減であった。合併特例債は、法定合併協議会で策定する「合併市町村建設計画」に定めた事業や基金の積立に要する経費について、合併年度後10年度に限り、その財源として借り入れることができる地方債のことで、対象事業費の95%に充当でき、元利償還金の70%を後年度に普通交付税によって措置されるという破格に有利な条件であった。合併特例債等の特例が2005年(平成17年)3月31日までに合併手続きを完了した場合に限られたことから、駆け込み合併が相次いだ。一方、地方交付税の大幅な削減は、特に地方交付税への依存度が高い小規模町村にとって大きな打撃となり、財政運営の不安から合併を選択した市町村も数多い。合併自治体への手厚い財政支援の一方での地方交付税の削減は、アメとムチによる合併推進策ともいわれた。, 市町村合併の動きは2003年(平成15年)から2005年(平成17年)にかけてピークを迎え、1999年(平成11年)3月末に3,232あった市町村の数は、2006年(平成18年)4月には1,820にまで減少した。ただし小規模町村であっても、原子力発電所の立地にともなう電力事業の交付金、大企業の立地に伴う税金などにより、地方交付税への依存度が低い町村の合併は進まなかった。また、地方において概ね合併が進む一方(新潟県、富山県、愛媛県、大分県など)、都市部における合併はあまり進まない結果となった(東京都、大阪府など)。, その後は、2005年(平成17年)4月に施行された合併新法(市町村の合併の特例等に関する法律)に基づき、引き続き市町村の合併が進められた。合併新法においては、合併特例債などの財政支援措置がなくなる一方、都道府県による合併推進が盛り込まれた点に特色があるが、合併の動きは旧法下と比べて鈍いものとなっている。, 2009年(平成21年)5月26日には第29次地方制度調査会が、合併新法の期限である2010年(平成22年)3月末をもって政府主導による合併推進は一区切りとするべきとの答申を決定。2010年(平成22年)4月1日に合併新法は改正され、期限はさらに10年間延長されたが、国・都道府県による合併の推進に関する規定は削除され、市制施行の条件緩和などの特例も廃止されるなど、政府主導の合併推進運動は正式に終了することとなった。, 平成の大合併以前は全国で町の数が市の約3倍存在したが、特例措置により町村の数は減り続け、2010年(平成22年)2月1日に愛知県豊川市が宝飯郡小坂井町を、福岡県八女市が八女郡黒木町・立花町・矢部村・星野村を編入し、3町2村が減ったため、市と町の数が同じ784となった[3]。3月8日に山梨県南巨摩郡鰍沢町と増穂町が合併し富士川町となったため、1町が減り、市が町の数を上回った。2014年(平成26年)4月5日、栃木県下都賀郡岩舟町が栃木市に編入したのを最後に日本では市町村合併が行われておらず、この時点で市町村の数は1,718にまで減少した。, 市町村の合併の特例等に関する法律第2条第1項では「市町村の合併」を以下のように定義している。, この法律において「市町村の合併」とは、二以上の市町村の区域の全部若しくは一部をもって市町村を置き、又は市町村の区域の全部若しくは一部を他の市町村に編入することで市町村の数の減少を伴うものをいう。 -- 「市町村の合併の特例等に関する法律(平成十六年法律第五十九号)」『第二条第一項(定義)』, 編入(編入合併)の代わりに吸収合併、合体(新設合併)の代わりに対等合併という語が使われることがあるが、これらの語は手続ではなく理念に基づくもののため、編入(編入合併)や合体(新設合併)と同義ではない。, 合併前からの(最大規模の)市町村の名称を引き継ぐなど、実質上は吸収合併の様相を呈するケースでも、「吸収」というイメージを極力排除して、対等な関係を強調したい場合には、手続として新設合併の手法を採ることがある。このようなケースでは、合併を機に市町村の標章を変更するなど、対等な関係を強調するための手続きの変更がなされることもある。, 通常の合併は同一都道府県内の市町村同士で行われることがほとんどであるが、県境に隣接していて地理的、経済的理由などで同一都道府県内よりも他県市町村との交流が深ければ、県境を越えた合併が模索される場合がある。これを越境合併(越県合併、県境合併)と呼ぶ。, 通常の合併は、廃止された市町村のすべての区域を他市町村に編入する、または廃止された複数の市町村のすべての区域をもって新しい市町村が設置される場合が大半である。また、通常の分割は、廃止された市町村の区域内で複数の市町村が設置する、または1個の市町村の一部の区域を分離して新しい市町村が設置される場合が大半である。しかし、廃止された市町村の地区を複数に分割した上で別々の市町村と合併する場合がある。また、複数の市町村の一部を分離して、分離された地域同士で合併するパターンもある。, 「昭和の大合併」ではこの例も多かったが、「平成の大合併」では山梨県西八代郡上九一色村が唯一の例である。上九一色村は、山地を隔てて北側の梯・古関地区と、南側の富士ケ嶺・本栖・精進地区に分かれ、北側と南側では住民の生活圏が異なっていた。そのため、2006年(平成18年)3月1日に分割され、北側の2地区は東八代郡中道町と共に甲府市に編入され、南側の3地区は南都留郡富士河口湖町に編入された(→上九一色村#分割と編入の経緯)。, 上九一色村のほかにも、三重県一志郡美杉村や、栃木県上都賀郡粟野町などいくつかの地域で、同一市町村内の他の地域と生活圏が異なる地域の住民により、「分合両用」による他市町村への編入を求める声が上がったが、住民投票や議会の反対などにより実現には至らなかった(→美杉村#分村合併問題、粟野町#分町合併問題)。, このほか、岩手県下閉伊郡川井村でも盛岡市の生活圏にある村西端の門馬地区で盛岡市との合併を望む声が上がったが、広域行政圏が同じ宮古市と合併した(→川井村 (岩手県)#平成の大合併)。, 廃置分合の特殊な例として、1952年(昭和27年)の鹿児島県鹿児島郡(当時は大島郡)十島村と三島村の分割の例がある。, 前述の2村の前身となる「十島村」(じっとうそん)は、鹿児島県の上三島とトカラ列島を行政区域とする村であったが、第二次世界大戦終戦後の1946年(昭和21年)に北緯30度以南がアメリカ合衆国の占領下となり、その当時北緯30度を跨いで設置されていた町村制における大島郡十島村(じっとうそん)が日本の行政権の及ぶ上三島と、アメリカ合衆国の占領下となった下七島にこの時点で事実上分割された。, 日本の行政権下にある上三島のみが残存している「十島村」は、1946年2月11日に黒島において三島村設立委員会を開催し、村長臨時代理者と仮役場の設置を決議[4]。2月24日に十島村仮役場を村外の鹿児島県鹿児島市稲荷町に設置し[5]、鹿児島県知事によって村長臨時代理者が発令された[4]。翌年1947年の地方自治法の施行により、地方自治法による十島村となった。一方、アメリカ合衆国の統治下の十島村は日本の行政権が及ばず、引き続き町村制の適用を受けていた。, 1952年(昭和27年)2月4日になり、アメリカ合衆国の統治下となっていた十島村の下七島からなるトカラ列島が本土復帰することとなった。, トカラ列島の本土復帰のために定められたポツダム命令の一つである「昭和二十六年十二月五日附連合国最高司令官覚書「若干の外かく地域の日本からの政治上及び行政上の分離に関する件」に伴う鹿兒島県大島郡十島村に関する暫定措置に関する政令」(昭和26年政令第380号)に基づいて制定された「鹿兒島県大島郡十島村に関する地方自治法の適用及びこれに伴う経過措置に関する政令」(昭和27年政令第13号)の下記の規定によって同年2月10日から北緯30度以南(口之島を含む)、北緯29度以北の区域に地方自治法が適用され、新たに「十島村」(としまむら)が設置された。, 鹿兒島県大島郡十島村の区域で北緯二十九度から北緯三十度までの間にあるもの(口之島を含む。)に地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)及びこれに基く命令を適用する。この場合において、この政令施行の際現にその区域に適用されている法令の規定によりその区域に置かれている村は、その区域をもつて、地方自治法の規定による鹿兒島県大島郡十島村となるものとする。, 一方、日本政府の行政権に属していた上三島のみが残存する十島村については、鹿児島県告示である「大島郡十島村の境界」(昭和27年鹿児島県告示第74号)及び「大島郡十島村を三島村に変更する条例の許可」(昭和27年鹿児島県告示第75号)が鹿児島県公報に掲載された。, 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第七条第一項の規定により、鹿兒島県大島郡十島村の境界を、北緯三十度以北(口之島を除く。)の区域に変更し、昭和二十七年二月十日から施行することに定めた。, 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第三条第三項の規定により昭和二十七年二月十日から鹿兒島県大島郡十島村を.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三島村(みしまむら)(北緯三十度以北の大字竹島、大字硫黄島、大字黒島の区域)に変更する条例を許可した。, この告示の効力により、1952年(昭和27年)2月10日に日本政府の行政権に属していた十島村(初代)の境界を北緯30度以北(口之島を除く)に変更したうえで、三島村に名称変更した。, これにより十島村(初代)は解体分割によらず、ポツダム命令である政令の規定による村設置と、地方自治法第7条第1項の規定による境界変更及び同条第3条の村の名称変更の組み合わせにより、区域としては十島村と三島村に実質的に分割された[6]。, どの市町村と合併するかというのは最大の問題といえる。多くは、都市圏内、郡内などの組み合わせにより枠組みが決まっていった。枠組みを決めるに際して、地区懇談会を開催して首長が私案として提示し合意を取り付けたケース、いくつかのパターンを示してアンケートで民意を問うたケースなどがあるが、中にはこじれて住民投票にまでもつれこんだケースがある。最終的には首長の判断が問われ、合併の組み合わせと生活圏とが異なるうえに住民意向調査で反対の民意が示されたにも関わらず合併を実行させたケースもみられる。, なお、市町村の合併の議論をうながし、市町村合併を後押しするため、市町村合併が考えられる組み合わせ(パターン)として、複数のパターンを含む合併市町村の組み合わせを作成し公表した県もあった。, 新市町村の本庁の位置問題は、当該自治体間で中心地区が明確ではない場合、関係自治体の面子もあって、非常に問題となるケースがある。庁舎は自治体の中心としての意味を持つためである。秋田県にかほ市などのように、実際にこの問題で合併協議がこじれる場合もある。また滋賀県高島市のように新庁舎の位置を巡った結果、建設が予定されている場所とは別のところにある旧自治体の庁舎(旧新旭町役場)を暫定的に使用することになった自治体もある。, なお、平成期においては市町村合併が財政の健全化という文脈で語られる場合も多い上、住民も市町村役場建設などの出費には厳しい目を向けており、旧市町村の庁舎とは別に新自治体としての庁舎を新たな場所で新築しようとするケースは少なく、また市と町村で合併した自治体では合併前の財政力の違いなどから市役所と町村役場の本庁舎の規模に大きな差が生まれていることがしばしばあり、そのまま旧市役所の庁舎を本庁、旧町村役場の庁舎を分庁舎や行政センターとしている例が少なくない。前出の高島市の新庁舎も土地は取得できたものの、現時点では着工のめどは全く立っていない。さらに高島市は旧新旭町役場を拡張し市役所として永続的に使用する公約を掲げた市長が当選し、合併協定が反故にされるとの理由で旧マキノ町と新市役所が置かれるはずだった旧今津町の高島市からの分立を目指す住民運動が動きを見せ始めた。, 市町村議会議員の定数と任期の取扱いは議員にとっては身分にかかわる関心事である。しかし、地方自治法上は「合体(新設合併)における関係市町村」及び「編入(編入合併)における編入される市町村」においては市町村の法人格が消滅することから、該当する議会の議員は当然に失職することになる。, 国では合併特例法において以下の特例を定め、この制度は2005年施行の合併新法にも引き継がれている。, これらの特例を適用するかどうかは合併協議会の協議による。特例の内容は合体(新設合併)と編入(編入合併)で異なる。, 関係市町村の財政問題も当該市町村の内部ではかなり問題視された場合がある。市町村の地方債・基金の残高状況を含む財政状況そのものは対住民にも公表され、また、横の比較可能な形で決算結果は公表されている。ところが、土地開発公社の財政状況、あるいは第三セクターへの慢性的な支出金・借入金など、市町村の普通会計に属さない領域での隠れ負債があるのではないかとの疑念が生じた。, また、「貯金」といえる基金についても、「合併が決まる以前から予定されていた事業」と強弁しつつ、「新市町村に持って行かれたら損」とばかりに合併前に駆け込み事業を行ったり、地区団体に配布したりする例もみられた。, 南高来郡有家町・西有家町・布津町・深江町・有明町の5町は島原市との合併が予定されていたが、島原市への編入か(新)島原市の新設かで対立が起こり、最終的に有明町を除く4町が周辺4町と対等合併して南島原市となっている。, 合併協議会は、b:地方自治法第252条の2、合併新法第3条の規定により、関係市町村議会の議決を経て設置されるもので、関係市町村の長および議会や職員、住民の代表者らによって構成され、「法定合併協議会」とも呼ばれる。法定合併協議会において「合併市町村基本計画」や協定項目を策定することにより、合併新法に基づく制度的特例を受けることができる。, 一方、法定合併協議会を設置する前に、いわゆる「任意合併協議会」(任意協議会)を設置することが多いが、任意協議会はその名のとおり法的には設置する必要のない任意の話し合いの場であり、任意合併協議会を設置せず、「研究会」または「勉強会」での協議を経て法定合併協議会を設置するケースもある。, 市町村によっては、任意合併協議会で合併協定書記載項目のほとんどの協議を終え、法定合併協議会は形式的に設置して、2、3回程度の協議で合併協定書を締結することもある(新潟市など)。, 法定合併協議会を設置する場合の合併の手続きは以下のようになる。事前協議から合併まで、通常22ヶ月程度が標準期間といわれているが、当然一定ではない。, 1965年(昭和40年)施行の合併特例法では、法定合併協議会の設置の発議権は関係市町村の長のみが有していたが、1995年(平成7年)の改正により、有権者の50分の1以上の連署をもって、法定合併協議会の設置を市町村長に直接請求できる「住民発議制度」が創設され、2005年(平成17年)施行の合併新法にも引き継がれた。静岡市と清水市の合併は住民発議によって法定合併協議会が設置されて合併に至った例の一つである。ここは青年会議所の発議によって協議会が設置されたもので、他にも、青年会議所の組織的な住民発議で協議会が設置された事例が全国にみられるが、「あたかも住民が主張してきたかのように見えるが、中央の思惑に乗っかったもの」という見方もある。, しかし、住民発議によって法定合併協議会が設置された場合、任意合併協議会や研究会・勉強会での協議の積み重ねがないケースが大半であり、協議会を設置しても合併に至らない事例が続出した。, 合併協議会で合併協議が整うと関係市町村長による合併協定書への調印を行うことが多い。調印にあたっては、市町村長の署名押印のほか、立会人として議会議長が署名をする場合もある。, 合併協定書の調印は法的には何ら意味を持たないが、セレモニーとして、都道府県知事、地元選出の都道府県議会議員や国会議員らを招いて盛大に行われることが多い。しかし、その後に行われた市町村議会で合併関連議案が否決される事例や、合併協議会の解散に至ってしまう事例もあった。, 協議段階で紛糾した市町村では、これを避けるためか、まず市町村議会で合併関連議案を可決した後に、合併協定書の調印式を行ったり、岡山市(2005年(平成17年)3月の1次合併)のように調印式そのものを行わず、県に申請したりする事例もあった。, 住民投票で合併や分割の賛否を問う方法も、一般化する方向にある。この方法では、「合併または分割自体に賛成との前提で、合併の相手先や合併後の名称次第」とするもの、「合併または分割自体に反対である」、といった選択肢が設けられる。, 合併する際の自治体の新名称は上述の通り法定合併協議会において決められるが、その候補の選定にあたっては公募が行われることが多い。公募は特に合体(新設合併)をする場合に多く行われ、合併対象市町村の住民を対象にする場合、住民と通勤通学者、出身者を対象にする場合、居住地域を限定せず全国を対象とする場合などがある。, 合併後の新自治体の名称は、合併に加わる自治体のうちのひとつの名称を採用する場合と、新たな名称を採用する場合とに大別される。一般に、編入(編入合併)においては編入する側の自治体の名称が採用されることが多い。新たな名称を採用する場合、旧自治体名の使用を避け、旧郡名などの広域地名(例:千葉県匝瑳市やいすみ市)や合成地名(例:茨城県小美玉市)、方角地名(例:香川県東かがわ市)が採用されることが多い。対等合併で既存の自治体の名称を採用する場合、編入合併の印象を与えないよう、ときがわ町(埼玉県)やたつの市(兵庫県)のように表記が変えられることもある(ひらがな・カタカナ地名)。, 合併後の名称の問題が原因で廃案となった例は、南セントレア市(愛知県)、あっぷる市(青森県)、平泉市(岩手県)、白神市(秋田県)、はながさ市(山形県)、中央アルプス市(長野県)、武南市(埼玉県)、桜宮市(同)、彩野市(同)、安土市(滋賀県)、西和市(奈良県)、さざなみ町(長崎県)などがある(詳細は各記事参照)。, 新名称に賛否が分かれたが採用した例は、にかほ市、さいたま市、あきる野市、つくばみらい市、常総市、みどり市、西東京市、中央市、甲州市、南アルプス市、伊豆市、伊豆の国市、丹波市、四国中央市、南九州市などがある。, また、合併後に改称した例としては共に昭和の大合併時で青森県大湊田名部市(むつ市に改称)、徳島県鳴南市(鳴門市に変更)、千葉県東葛市(柏市に変更)、福岡県宇島市(豊前市に変更)がある。, 昭和二十六年十二月五日附連合国最高司令官覚書「若干の外かく地域の日本からの政治上及び行政上の分離に関する件」に伴う鹿兒島県大島郡十島村に関する暫定措置に関する政令, http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100201-OYT1T01139.htm, 平成の大合併、自治体の手応えは 福井県内の市町は大半が肯定的 | 政治・行政 | 福井のニュース, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本の市町村の廃置分合&oldid=80619287, 市町村の廃置分合又は市町村の境界変更は、関係市町村の申請に基づき、都道府県知事が当該都道府県の議会の議決を経てこれを定め、直ちにその旨を総務大臣に届け出なければならない。, 前項の規定により市の廃置分合をしようとするときは、都道府県知事は、あらかじめ総務大臣に協議し、その同意を得なければならない。, 都道府県の境界にわたる市町村の設置を伴う市町村の廃置分合又は境界の変更は、関係のある普通地方公共団体の申請に基き、総務大臣がこれを定める。, 前項の規定により都道府県の境界にわたる市町村の設置の処分を行う場合においては、当該市町村の属すべき都道府県について、関係のある普通地方公共団体の申請に基づき、総務大臣が当該処分と併せてこれを定める。, 第一項及び第三項の場合において財産処分を必要とするときは、関係市町村が協議してこれを定める。, 第一項及び前三項の申請又は協議については、関係のある普通地方公共団体の議会の議決を経なければならない。, 第一項の規定による届出を受理したとき、又は第三項若しくは第四項の規定による処分をしたときは、総務大臣は、直ちにその旨を告示するとともに、これを国の関係行政機関の長に通知しなければならない。, 第一項、第三項又は第四項の規定による処分は、前項の規定による告示によりその効力を生ずる。, A市のB地区と、C市のD地区をそれぞれ分離して、B地区とD地区が合体してE市を設置する方法。, A市のうち、B地区が分離されてC市に編入され、D地区がE市と合体してF市となる方法。, 任意合併協議会などで事前協議を行う。住民発議で法定合併協議会が設置される場合は事前協議がない場合もある。, 合併の期日、合併の方式、合併後の市町村の名称と庁舎の位置、合併後の事務事業の調整方針, 都道府県知事が「廃置分合処分の決定」を行い、決定書を関係市町村長に交付し、総務大臣に届け出る。, 島根県石見銀山市:最終候補として提案されたが、旧大田市の反発で空転した後再検討し、, 長崎県北松浦市:正式決定後、松浦市が反発、田平町の離脱を受けて協議会が解散したのち3市町で. 公開日 2010年11月24日 . 計. 1: 高知市、春野町: 高岡郡津野町: h17. 平成の大合併前後の市区町村分布を地図で比較します(平成11年3月と平成22年4月の市区町村分布比較)。 履歴情報. 本庄市役所. 平成11年から平成22年までの間、いわゆる平成の大合併が全国的に進められました。 県においても、相模原市と旧津久井郡4町(城山町、津久井町、相模湖町、藤野町)において、平成18年、19年の2度にわたり市町村合併が行われました。 合併10周年記念事業 ; 合併10年の検証について; 平成23年9月ゆるやかな合併の中間時点における検証について(合併検証) 平成22年3月31日の長岡市と川口町との合併. 合併前市町村. 1: 葉山村、東津野村: 四万十市: h17. 合併協議の申し入れ 3月30日、八木城山町長が本市を訪れ、相模原市と藤野町の合併予定期日である平成19年3月11日に合併することを目標として、合併協議を行いたいとの申し入れ書が小川市長に提出されました。 合併市町村における合併効果の主な事例、合併市町村と非合併市町村の行財政指標の比較、合併に伴い生じた課題の解決に向けた取組事例、引き続き取り組む必要があると合併市町村が考える課題についてまとめています。 新市町村名. 市町村合併マップ(平成22年3月28日、中之条町・六合村合併後) (pdf:91kb) 三重県では、平成10年度末に69あった市町村が、旧合併特例法下での取り組みにより、平成17年度末に29市町に再編されました。 平成22年4月に施行された新合併特例法の下でも、引き続き自主的な市町の合併を支援します。 1: 高知市、鏡村、土佐山村: h20. 2. 平成11 年 3 月 31 日現在. 合併後の住所表示(合併市町トップページ) 会津若松市. 1: 高知市、鏡村、土佐山村: h20. 滝根町・大越町・都路村・常葉町・船引町. 県内市町の人口、面積等の変化 (Excel97-2003:55 KB) 県内市町の行財政の状況 市町村合併状況 (Excel97-2003:666 KB) 市町村合併. 合併日. 県内市町村各種データ (PDF 140.0KB) PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。 … ョン部分をスキップし本文へ移動します。, お問い合わせは専用フォームをご利用ください。, 合併に対する現在の取り組み(平成18å¹´10月23日現在), 合併協議の状況(平成13年度から平成16年度), 合併に関する地域座談会(平成16年度). 今後の市町村変更情報 2019年05月07 「合併市町村における合併効果と課題」フォローアップ調査結果(平成21年3月31日公表) 「合併市町村における合併効果と課題」フォローアップ調査結 (PDF 123.7KB) 添付ファイル. 市町村合併. 平成の市町村合併に関する懇談会; 市町村合併の中間評価 日本の市町村の廃置分合(にほんのしちょうそんのはいちぶんごう)では、日本における市町村の分割・分立・合体・編入について説明する。地方自治法第7条の「市町村の廃置分合または市町村の境界変更」の一形態に当たる。 1. 1: 高知市、春野町: 高岡郡津野町: h17. 村. 法人番号 4000020112119 〒367-8501 埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号 電話番号:0495-25-1111(代表) 開庁時間:午前8時30分 閉庁時間:午後5時15分 154. 各地域の熱心な取組により、67市町村のうち44市町村が17市町に再編されて40市町村となり、各合併市町は、 現在、市町村建設計画に基づき、中長期的な観点から新しいまちづくりに取り組んでいる途上にあるもの。 5. 県内の市町村合併地図; 県内の合併状況一覧(合併に伴う住所変更はこちらから確認いただけます。) 合併誌. 長岡市・川口町任意合併協議会; 長岡市・川口町合併協議会; 平成18年1月1日の5 https://www.pref.ibaraki.jp/somu/shichoson/gyosei/gappei.html 市町村合併 時の話題. 180(186) 平成21 年 10 月 5 日現在. 全国都道府県別・市町村合併新旧一覧図(平成15年以降) ※図(pdf)を表示するためには Adobe Reader(無償)が必要です。 インストールされる方は Adobeのダウンロードサイト からどうぞ 明治の市町村制施行時から現在までの全国の市区町村数の遷移を一覧表にしました。 平成の大合併マップ. 15. 公開日 2009年01月06日. 北海道の市町村合併の状況(平成16年以降) 平成21年10月5日現在の北海道の市町村合併の状況は次のようになっています。 合併した市町村. 1: 葉山村、東津野村: 四万十市: h17. 80市町村(33市42町5村) 地図 【簡易版】(pdf:54kb) 【詳細版】(pdf:110kb) ↓11地域35市町村において合併が行われました. 35. 市町村合併マップ.