デイム・オリヴィア・メアリー・デ・ハヴィランド(Dame Olivia Mary de Havilland, DBE、[əˈlɪviə də ˈhævɪlənd]、1916年7月1日 - 2020年7月26日)は、アメリカ合衆国の女優。女優としてのキャリア初期には清純な娘役を演じることが多かったが、キャリア後期には存在感のある重厚な役柄を演じている[1]。, デ・ハヴィランドはイギリス人の両親の間に日本で生まれた。妹のジョーン・フォンテインも日本の生まれで、デ・ハヴィランドと同じく女優の道に進んでいる。デ・ハヴィランドの家系は、イギリス王室の祖にあたるノルマンディー公ギヨーム2世(ウィリアム1世)と共にノルマン・コンクエストに加わったノルマン人のド・アヴィル (de Haville) にさかのぼる[2]。1919年に一家は日本を離れて故国イギリスへと向かったが、旅の途中で姉妹が病にかかったため滞在中のカリフォルニアに、母子だけがそのまま移住した。, デ・ハヴィランドが出演した映画のなかでもっとも有名な作品として『風と共に去りぬ』(1939年)が挙げられる。映画作品ではエロール・フリンの相手役を演じることが多く、『ロビンフッドの冒険』(1938年)、『無法者の群 (en:Dodge City)』(1939年)、『カンサス騎兵隊』(1940年)、『壮烈第七騎兵隊』(1941年)など、8作品で共演している。, デ・ハヴィランドは『遥かなる我が子』(1946年)と『女相続人』(1949年)で、アカデミー主演女優賞を2度受賞している。妹のジョーン・フォンテインも『断崖』(1941年)でアカデミー主演女優賞を受賞しており、2013年現在時点でアカデミー主演賞を獲得した唯一の兄弟姉妹となっている。アカデミー賞のほかにデ・ハヴィランドは『蛇の穴』(1948年)でナショナル・ボード・オブ・レビュー主演女優賞、ニューヨーク映画批評家協会賞主演女優賞、ナストロ・ダルジェント賞最優秀外国女優賞、ヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞している。また、ゴールデングローブ賞では『女相続人』(1949年)で主演女優賞(ドラマ部門)を、『アナスタシア/光・ゆらめいて』(1986年)で助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)をそれぞれ受賞している。1960年には、それまでの映画界への貢献が讃えられてハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにプレートが設置された。2008年には当時のアメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュから、芸術分野の顕彰としてはアメリカ最高位の国家芸術メダル (en:National Medal of Arts) が贈られている[3]。2017年6月、大英帝国勲章(DBE)を受章した[4]。2020年7月25日、パリの自宅で亡くなった[5][6][7][8]。『風と共に去りぬ』の主要な出演者のうち、上映当時成人していた最後の存命者であった(子役を含めるとボー・ウィルクス役のミッキー・カーンが存命)。, オリヴィア・デ・ハヴィランドは、第一次世界大戦中の1916年7月1日に日本の東京(現在の東京都港区)で、イギリス人の両親の間に生まれた。, 父親のウォルター・オーガスタス・デ・ハヴィランド(1872年8月31日 - 1968年5月23日)はケンブリッジ大学出身で、東京帝国大学の英語教授として日本に招かれていたとされているが異説がある(「ジョーン・フォンテイン#幼少期」参照)。いずれにしても後にウォルターは、日本での経験を活かして特許弁護士となっている[9]。, 母親のリリアン・オーガスタ(1886年6月11日 - 1975年2月20日)は[10][11]、ロンドンの王立演劇学校出身で、夫ウォルターと来日する前には舞台女優をしていた[9]。リリアンは、娘たちが1940年代に女優として成功を収めた後に「リリアン・フォンテイン」という芸名で、再び舞台女優に復帰している。, オリヴィアの父方の従兄ジェフリー・デ・ハヴィランド (en:Geoffrey de Havilland) は、イギリス空軍の爆撃機デ・ハヴィランド・モスキートの設計を担当したことで有名で[12]、後に航空機メーカーであるデ・ハヴィランド・エアクラフトの創始者となった人物である。また、オリヴィアの父方の祖母はチャンネル諸島のガーンジー出身だった[13][14]。, オリヴィアの両親は1914年に結婚したが、ウォルターが浮気がちな男性だったために、二人の結婚生活は必ずしも幸福とはいえなかった[15]。オリヴィアの妹で、後に女優ジョーン・フォンテインとなるジョーン・デ・ハヴィランドが生まれたのは1917年10月22日だった。1919年2月に、母リリアンは病弱だった娘たちには東京の気候があっていないのではないかと考え、ウォルターを説得して一家はイギリスへと戻ることを決めた[15]。イギリスへ戻る途中にオリヴィアが気管支炎となり、高熱で倒れたために一家はカリフォルニアにしばらく滞在している。その後ジョーンも肺炎に罹患したために、リリアンは二人の娘とカリフォルニアに残る決断をし、サンフランシスコから50マイルほど離れたサラトガに移り住んだ。しかしながら父ウォルターは家族を見捨てて、後に結婚することとなる日本人家政婦とともに日本へ戻っていった[15]。オリヴィアの両親はその後別居生活となったが、二人が正式に離婚したのは1925年2月になってからだった[16]。, 母リリアンは女優をやめてかなりの年月が経っていたために専門的な知識も忘れかけていたが、娘たちにシェークスピアを読み聞かせて芸術に対する知識を教え込み[注 1]、ほかに音楽や弁論術なども娘たちに学ばせた[17]。1925年4月にウォルターとの間に正式に離婚が成立すると、リリアンは百貨店の経営者ジョージ・M・フォンテインと再婚した。ジョージは厳格な人物で、義娘となったオリヴィアとジョーンを厳しくしつけようとしたためにオリヴィアとジョーンはジョージに敵意を抱くようになった。また年子だったオリヴィアとジョーンも仲が悪くなり、この二人の不仲は生涯続いている[18]。, デ・ハヴィランドはベルモントのノートルダム高校 (Notre Dame High School) とロス・ガトス高校 (en:Los Gatos High School) で学んだ[19][20][注 2]。高校生時代のデ・ハヴィランドは口が達者なフィールド・ホッケーが得意な少女で、高校では演劇部に所属していた[21]。1933年にデ・ハヴィランドは、ルイス・キャロルの小説を原作とした、地域素人劇団の公演『不思議の国のアリス』の主役アリスで初舞台を踏んだ[21]。後にデ・ハヴィランドはこの舞台のことを次のように振り返っている。, 自分と演じている役どころが一心同体に感じられるという、なんとも不思議な体験をした最初の日でした。そのときの私はアリスそのものであり、舞台を動く私は魅力にあふれたアリスの不思議の国を本当に歩いていました。この体験以来、私は演技を楽しむだけでなく愛することができるようになったのです[21]。, 1934年に高校を卒業したデ・ハヴィランドは、サラトガ・コミュニティ劇場で上演されるシェークスピア原作の戯曲『真夏の夜の夢』の妖精パック役の出演依頼を受けた[21]。この年の夏、オーストリア人演出家マックス・ラインハルトがハリウッド・ボウルで『真夏の夜の夢』を上演するためにカリフォルニアを訪れていた。ラインハルトの助手が偶然にデ・ハヴィランドの演技を観て興味を抱き、そのことを聞いたラインハルトが自身が監督する『真夏の夜の夢』の主役ハーミアの代役にデ・ハヴィランドを指名した[22]。そしてラインハルトの『真夏の夜の夢』が開幕する一週間前に、ハーミア役の女優が映画の撮影のためにカリフォルニアを離れてしまったために、代役のデ・ハヴィランドがハーミアを演じることとなった。初日の公演でデ・ハヴィランドの演技は好評を博し、その後の4週間にわたる巡業公演でデ・ハヴィランドはハーミアを演じ続けた[22]。この巡業中にラインハルトは映画会社ワーナー・ブラザースから、ラインハルトの舞台版『真夏の夜の夢』の映画化が決またっという知らせを受け、ラインハルト自身が映画監督を担当することとなった。そしてラインハルトはデ・ハヴィランドに、舞台版と同様にこの映画でもハーミア役での出演依頼を申し出た。当時のデ・ハヴィランドは英語教師になるつもりで[22]、秋には奨学金を得てミルズ大学に入学することが決まっていたが、ラインハルトがデ・ハヴィランドを説き伏せて映画出演を承諾させている。そして18歳のデ・ハヴィランドは、ワーナー・ブラザースとの8年間の出演契約書にサインした[23]。, デ・ハヴィランドは1935年10月に公開された、マックス・ラインハルトの監督作品『真夏の夜の夢 (en:A Midsummer Night's Dream)』で映画デビューした。その後もコメディアンのジョー・E・ブラウン (en:Joe E. Brown) 主演の『ブラウンの怪投手 (en:Alibi Ike)』(1935年)、ジェームズ・キャグニー主演の『頑張れキャグニー (en:The Irish in Us)』(1935年)と、立て続けに3本のコメディ映画に出演している[23][24]。, これら3本のコメディ映画に対する評価は賛否両論であり、デ・ハヴィランドに対する観客からの反応はよくなかった[23]。ワーナー・ブラザースはデ・ハヴィランドを売り出す路線を変更することを決め、当時無名だったオーストラリアの俳優エロール・フリンの相手役として『海賊ブラッド』(1935年)に出演させるという賭けに出た。デ・ハヴィランドが起用されたのは、ワーナー・ブラザースのプロデューサーであるハル・B・ウォリスが、デ・ハヴィランドとのことを「お気に入り」で売り出したかったためだという要因もあった[25][26]。『海賊ブラッド』は大ヒットし、批評家たちも主演した二人の役者を高く評価した[27]。このため、デ・ハヴィランドとフリンの共演作品が次々と製作されることとなり、『進め龍騎兵 (en:The Charge of the Light Brigade)』(1936年)、『ロビンフッドの冒険』(1938年)、 『無法者の群 (en:Dodge City)』(1939年)、『カンサス騎兵隊 (en:Santa Fe Trail)』(1940年)、『壮烈第七騎兵隊』(1941年)など、合計8本の映画が製作されている[27]。, 1930年後半にデ・ハヴィランドは、『Call It a Day』(1937年)、『結婚スクラム (en:Four's a Crowd)』(1938年)、『Hard to Get』(1938年)などさまざまな内容の現代風ライトコメディ作品に出演している。現代風コメディ以外の作品としては『風雲児アドヴァース (en:Anthony Adverse)』(1936年)、『The Great Garrick』(1937年)などに出演しており、これらの作品では、デ・ハヴィランドの洗練された容姿と美しい台詞回しが効果的に描写されている[28]。コメディ映画でのデ・ハヴィランドの演技は批評家からも観客からも概ね好評であり、デ・ハヴィランドが演じたいと望んでいたシリアスで重厚な役どころへと踏み出すきっかけとはならなかった[28]。そのような中で『風と共に去りぬ』(1939年)のメラニー・ハミルトンは、まさしくデ・ハヴィランドが求めていたシリアスな役だった。マーガレット・ミッチェルが書いた大河小説『風と共に去りぬ』を原作とするこの映画は、大物プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックが製作した大作である。原作小説を読んだデ・ハヴィランドは、このメラニー・ハミルトンが自分にとって大きな転機となる役だと直感した。『風と共に去りぬ』の監督に起用されたジョージ・キューカーが、デ・ハヴィランドの妹ジョーン・フォンテインにこのメラニー・ハミルトン役のオーディションを受けるよう勧めたという複数の資料が存在する。しかしながら、メラニー役よりも主役のスカーレット・オハラに興味を持っていたフォンテインはキューカーの誘いを断ったとされており、自分の代わりに姉デ・ハヴィランドをキューカーに推薦したといわれている[28]。最終的にはワーナー・ブラザースの社長ジャック・ワーナー (en:Jack L. Warner) の妻アンが、デ・ハヴィランドのメラニー役起用を後押ししている[29]。そして『風と共に去りぬ』でメラニーを演じたデ・ハヴィランドは、アカデミー助演女優賞にノミネートされた[30]。しかしながらこの年のアカデミー助演女優賞を受賞したのは、同じく『風と共に去りぬ』でスカーレットの黒人の召使マミー役を演じた女優のハティ・マクダニエルだった。, 『風と共に去りぬ』のメラニー役で批評家たちから絶賛されたデ・ハヴィランドは、それまでにも増してシリアスで難しい役どころを演じてみたいと考えていた。しかしながらワーナー・ブラザースはデ・ハヴィランドの期待には応えなかった。『女王エリザベス (en:The Private Lives of Elizabeth and Essex)』(1939年)で、主役のベティ・デイヴィスとエロール・フリンに次ぐ三番目の役を演じたデ・ハヴィランドは、犯罪ドラマ映画『犯人は誰だ (en:Raffles)』(1939年)への出演を命じられて、ワーナー・ブラザース外部の映画プロデューサーのサミュエル・ゴールドウィンに預けられている。また、次作のライトコメディミュージカル映画『My Love Came Back』(1940年)の主役も決まっていた[33]。1940年代前半のデ・ハヴィランドは、演じがいがなく浅薄だと自身が思う役ばかりに起用されることに対して大きな不満を持つようになっていった[33][34]。『風と共に去りぬ』のメラニー・ハミルトン役で、シリアスな役どころも演じる能力があることを証明したと考えていたデ・ハヴィランドにとって、以前と変わらない純情な娘役や可憐な乙女役は苦痛でしかなかったのである。デ・ハヴィランドはこれまで同様の内容と配役で書かれた脚本を突き返すようになり、自身が望むやりがいのある役を積極的に探していった。さらにデ・ハヴィランドは、『カンサス騎兵隊』や『壮烈第七騎兵隊』など評判がよかったエロール・フリンとの長きにわたる共演も終わらせた。共演した最後の作品である『壮烈第七騎兵隊』はもっとも長く二人が語り合う場面が描写された作品となっている[33]。, 1940年代前半にデ・ハヴィランドが出演した映画でヒットした作品として『いちごブロンド (en:The Strawberry Blonde)』(1941年)、『Hold Back the Dawn』(1941年)、『カナリヤ姫 (en:Princess O'Rourke)』(1943年)などが挙げられる。『カナリヤ姫』で演じたマリア王女は、ワーナー・ブラザースで演じた役のうち、デ・ハヴィランドにとってもっとも満足のいく役どころだった[35][注 3]。デ・ハヴィランドは第14回アカデミー賞で、『Hold Back the Dawn』のエイミー・ブラウン役で主演女優賞にノミネートされた。, デ・ハヴィランドは、ワーナー・ブラザース作品の『男性 (en:The Male Animal)』(1942年)、『追憶の女 (en:In This Our Life)』(1942年)、『陽気な女秘書 (en:Government Girl)』(1944年)、『まごころ (en:Devotion)』(1946年)に出演した。『まごころ』の公開年は1946年だが撮影自体は1943年に終了しており、公開年としてはこの『まごころ』がデ・ハヴィランドの7年間にわたるワーナー・ブラザースとの契約における最後の出演作品となった。ワーナー・ブラザースはデ・ハヴィランドに6カ月の契約延長を告げたが、デ・ハヴィランドはこの申し入れを受け入れなかった[37]。当時の法律では、契約中の俳優が製作会社から提示された配役を拒否した場合には、その作品の撮影期間を契約期間に加算延長することを認めており、ほとんどの俳優はこの慣例のもとでの契約を受け入れていた。しかしながらこの契約形態に疑問を持つ俳優も少数ながら存在し、1930年代にベティ・デイヴィスがワーナー・ブラザースに訴訟を起こしたことがあったが最終的には敗訴している。デ・ハヴィランドは顧問弁護士の助言と全米映画俳優組合の後押しを受けて、1943年8月にワーナー・ブラザースを相手取って出演拒否に対する契約期間延長処置への訴訟を起こした。この訴訟を審理したカリフォルニア州最高裁判所はワーナー・ブラザースの異議を却下し、デ・ハヴィランドの勝訴とする判決を下した(判例 #487, 685)[38]。それまでの製作会社の絶大な権限を弱め、俳優たちにはるかに自由な創作活動の場を与えるというこの判決は、ハリウッド映画界に非常に重要で大きな影響を与えることとなった。デ・ハヴィランドが勝ち得たこの判例は、今でも「デ・ハヴィランド法 (en:De Havilland Law)」として知られている[39]。製作会社を相手取って勝訴したデ・ハヴィランドは、俳優仲間たちから敬意と賞賛の的となった。デ・ハヴィランドと不仲だった妹のジョーン・フォンテインも「ハリウッドはオリヴィアに途方もなく大きな借りがあります」とコメントしている[40]。敗訴したワーナー・ブラザースはデ・ハヴィランドに関する書簡をほかの製作会社に送りつけた。そしてデ・ハヴィランドは「ブラックリスト女優」とみなされて、その後2年間にわたって映画作品に出演することができなかった[38]。, ブロンテ姉妹の生涯を大幅に脚色した映画で、1943年に撮影が終了していたもののワーナー・ブラザースとの訴訟期間中はお蔵入りとなっていた『まごころ』の公開後、デ・ハヴィランドはパラマウント映画と3本の映画に出演する契約を交わした。そしてこれらの映画で演じたさまざまな役柄への演技が、その後のデ・ハヴィランドの女優としてのキャリアを決定付ける先駆けとなった。ジェームズ・エイジーは『暗い鏡 (en:The Dark Mirror)』(1946年)について、デ・ハヴィランドがつねに「もっとも可憐な映画女優の一人だった」としつつ、近年の映画では優れた演技力を持つ女優であることも証明して見せたとしている。そして「その優れた才能」を表に出していない場面でさえも、デ・ハヴィランドの演技力が「思慮深く、内に秘めた細やかな演技を保ち続けている」と指摘した。さらにエイジーは、デ・ハヴィランドの演技が「豊かな才能だけでなく、(デ・ハヴィランドの)心身ともに健全で好ましい内面によるところが大きい。観ているだけで嬉しくなってしまう」と結んでいる[41]。デ・ハヴィランドは『遥かなる我が子』(1946年)のジョゼフィン・ノリス役でアカデミー主演女優賞を受賞し、さらに『女相続人』(1949年)のキャサリン・スローパー役でアカデミー主演女優賞、ニューヨーク映画批評家協会主演女優賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)を受賞した。『蛇の穴』(1948年)のヴァージニア・スチュアート・カニンガム役も高く評価され、アカデミー主演女優賞にノミネートされている。この『蛇の穴』は精神疾患を正面から描いた最初期の映画の一つで、「陰惨な精神病院の実態を暴き出した、ハリウッドの歴史に残る重要な作品」といわれている[12]。デ・ハヴィランドがそれまでの美女役とはまったくかけ離れた役を演じた意欲と、議論が巻き起こるであろう作品に真っ向から取り組んだ姿勢は高く評価された。デ・ハヴィランドはこの『蛇の穴』でニューヨーク映画批評家協会主演女優賞、ナストロ・ダルジェント最優秀外国人女優賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー主演女優賞を受賞している。, この時期のデ・ハヴィランドは確固たる自由主義者で、民主党のフランクリン・ルーズベルトとハリー・S・トルーマンの支持者だった[42]。自由主義への共産主義の浸透を憂慮していたデ・ハヴィランドは、1946年にある騒動を巻き起こし、マスコミにも大きく報道された。スターリン主義による残虐行為に関する報告会の場で、ハリウッド美術科学専門職の独立市民委員会が事前に用意した演説原稿から、親共産主義と思われる箇所を飛ばして読み上げたのである。この独立市民委員会は後に共産主義者の偽装組織だと認定されている[43]。デ・ハヴィランドは、独立市民委員会の自由主義会員たちが一握りの上層部の共産主義会員に操られているのではないかと危惧するようになった。そして、1946年の中間選挙で民主党が大勝すれば、独立市民委員会の親ソヴィエト的な言動を抑制できると考えた。デ・ハヴィランドは、独立市民委員会を共産主義者から取り戻すための活動を始めたが、最終的にはこの活動は失敗し、デ・ハヴィランドに共鳴して改革派に加わったハリウッド業界人たちの多くが離脱するという結果となった。デ・ハヴィランドに説得されて改革派に加わっていた俳優にロナルド・レーガンがおり、その後1952年以降のレーガンの政治活動は劇的に変化していった[42]。デ・ハヴィランドが自由主義の改革活動をあまりに主張したために、赤狩りの舞台となった下院非米活動委員会に1958年に召還されたこともあったが、女優としてのキャリアに傷がつくことはなかった[42]。, 1950年代以降、デ・ハヴィランドの映画出演は散発的になっていった。1951年に公開予定だった映画『欲望という名の電車』の主役ブランチ・デュボアを提示されたが、デ・ハヴィランドはこのオファーを断っている。このブランチ・デュボア役を拒否した理由について、脚本の内容が生理的に受け入れられなかったことと、口にしたくない台詞が多くあったためだといわれてきた。しかしながらデ・ハヴィランドは2006年にこの噂を否定し、幼い子供の世話に追われていたために役を受けることができなかったと語っている[44]。最終的にブランチ・デュボア役は『風と共に去りぬ』でデ・ハヴィランドと共演したヴィヴィアン・リーが、ロンドンでの舞台版『欲望という名の電車』でブランチ役で演じたのに引き続いて映画版のブランチ役を受け、二度目のアカデミー主演女優賞を獲得した[45]。, デ・ハヴィランドが1960年代に出演した数少ない作品の中で、もっともよく知られているのが『不意打ち』(1964年)で、デ・ハヴィランドはエレベーターに閉じ込められて乱入者に脅される未亡人コーネリア・ヒリヤード役を演じている。ほかの作品としてロバート・アルドリッチ監督作品『ふるえて眠れ』(1964年)、キャサリン・アン・ポーター (en:Katherine Anne Porter) の小説をサム・ペキンパー監督でテレビドラマ化した『昼酒 ( en:Noon Wine)』(1966年)が有名である。1965年にデ・ハヴィランドは、カンヌ国際映画祭で初の女性審査委員長に任命された。, デ・ハヴィランドは1970年代後半まで映画女優を続け、その後テレビ番組へと舞台を移して1980年代後半まで活動を続けた。1986年に出演したテレビ映画『アナスタシア/光・ゆらめいて』ではロシア皇后マリア・フョードロヴナを演じ、ゴールデングローブ助演女優賞 (ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞している。, デ・ハヴィランドは1953年以来、フランスのパリ市内に居住し、セーヌ川左岸地域、及び60年代以降、同右岸パリ16区ロンシャン通り界隈に亡くなる時まで居住した[46]。2000年以降のデ・ハヴィランドが公の場に姿を見せることはほとんどなかった。, 2003年に第75回アカデミー賞授賞式にプレゼンターとして表れたときには、1分間にもおよぶスタンディングオベーションで迎えられた。2006年6月に、映画芸術科学アカデミーとロサンゼルス州立美術館がデ・ハヴィランドの90歳の誕生日を祝う式典を開催し、デ・ハヴィランドもこの式典に出席している。, 2004年にターナー・クラシック・ムービーズが「思い出のメラニー (Melanie Remembers)」というテレビ番組を制作した。この番組は『風と共に去りぬ』の公開65周年の回顧記念番組の一つで、デ・ハヴィランドのインタビューを中心として構成されていた。『思い出のメラニー』が公開されたときに『風と共に去りぬ』の主要キャストで存命中だった人物としてデ・ハヴィランドのほかに、インディア・ウィルクス役のアリシア・レット、メイベル・メリーウェザー役のメアリー・アンダーソン (en:Mary Anderson)、ボー・ウィルクス役のミッキー・カーン (en:Mickey Kuhn) がいる。存命の俳優として最年長のデ・ハヴィランドはインタビューでメラニー役のことや撮影中のことなどを今でもはっきり覚えていると語っている。40分にわたるこの番組は、4枚組のDVDの一部として発売された。, 2008年11月17日に、92歳だったデ・ハヴィランドは芸術分野の顕彰としてはアメリカ最高位の国家芸術メダル (en:National Medal of Arts) を受章した。メダルをデ・ハヴィランドに授与した大統領のジョージ・W・ブッシュは、「シェークスピアのハーミアからマーガレット・ミッチェルのメラニーまで幅広い役柄を演じ分ける、その説得力にあふれた人をひきつけて離さない演技力に対して。彼女が持つ独立心、誠実さ、優雅さが豊かな創造力を解き放ち、素晴らしい映画女優として大成功させたのです」と演説した[47]。, 2009年に、デ・ハヴィランドはドキュメント番組『I Remember Better When I Paint』のナレーターを担当した[48]。この番組は、芸術分野におけるアルツハイマー型認知症の重要性を描いた作品だった[49]。2011年にはパリで開催された特別上映会にも出席している[50]。, 2010年9月9日に、デ・ハヴィランドはフランスの最高勲章であるレジオンドヌール勲章シュヴァリエ賞を授与された。勲章を授与したフランス大統領ニコラ・サルコジは、「フランスを(住居として)選んでくださったことを誇りに思います」と語った[51]。, 2011年2月1日に、デ・ハヴィランドはフランスの映画賞セザール賞授与式に姿を見せた。式典の代表を務めた女優のジョディ・フォスターが紹介すると、会場はスタンディングオベーションでデ・ハヴィランドを迎えた[52]。, 2014年1月3日、インディア・ウィルクス役のアリシア・レットが亡くなる。レットの死により、デ・ハヴィランドは存命している『風と共に去りぬ』出演者中、最年長となる[53]。, 2016年2月に、デ・ハヴィランドは風刺雑誌『オールディ』 (en:The Oldie) によって、「今年のオールディ」に選定された。フランスの自宅からロンドンの授賞式まで賞を受け取りに出向くことはできなかったが、録音されたメッセージの中で、「大変嬉しく思います」と話した[54]。, 8本の作品で共演したデ・ハヴィランドとエロール・フリンは、ハリウッド屈指のカップルといわれていたが、私生活で恋愛関係になったことはなかった。デ・ハヴィランドはフリンについて, 私(デ・ハヴィランド)が恋心を抱いていたなどとは、彼(フリン)も思っていなかったでしょう。互いにそのような感情はありませんでした。私は何かで、映画『進め龍騎兵』の撮影中だった1935年に、彼が私にラブレターを書いたことがあるという記述を読んだことがあります。これには驚きました。何本もの作品で恋人役を演じてきましたが、彼が私に心を動かされたことは一度もなく、こんな手紙をもらったことはなかったからです[56]。, しかしながらデ・ハヴィランドは他のインタビューで、二人は互いに好意を抱いておりフリンが求婚したことがあったが、デ・ハヴィランドは当時のフリンが女優リリ・ダミタ (en:Lili Damita) と結婚していたために、この求婚を断ったとも語っている[57]。1939年12月から1942年3月まで、デ・ハヴィランドは俳優ジェームズ・ステュアートと交際していた。デ・ハヴィランドの代理人アイリーン・メイヤー・セルズニックが、1939年12月19日にニューヨークのアスター劇場で開催される『風と共に去りぬ』のプレミア試写会で、ステュアートにデ・ハヴィランドのエスコート役を頼んだことがある。この依頼を引き受けたステュアートは数日間にわたって複数の劇場でデ・ハヴィランドのエスコート役を務め、有名なレストランの21クラブにもデ・ハヴィランドと同行した[58]。ステュアートがアメリカ空軍へ志願するために飛行訓練を受けていたロサンゼルスでも二人の逢瀬は続いた。デ・ハヴィランドは、1940年にステュアートが求婚したが、まだステュアートには結婚の心積もりが出来ていないと感じて断ったことがあるとしている[58]。二人の関係は1941年3月にステュアートが空軍に入隊したことにより中断した。それでも1942年まで3月まで断続的にではあるが二人の関係は続いていたが、デ・ハヴィランドが映画監督ジョン・ヒューストンに惹かれていったために、ステュアートとの関係は終わりを告げている[59]。, デ・ハヴィランドは、作家で脚本家でもあった退役海軍軍人マーカス・グッドリッチ (en:Marcus Goodrich) と1946年1月24日に結婚した。二人の間には1949年12月1日に一人息子ベンジャミン・グッドリッチが生まれたが、1952年に離婚している。息子ベンジャミンは癌のために、父マーカスが死去する三週間前の1991年10月1日に41歳で死去した[60]。, デ・ハヴィランドが、ジャーナリストでフランスの雑誌『パリ・マッチ (en:Paris Match)』の編集者ピエール・ギャラント (fr:Pierre Galante) と再婚したのは1955年4月2日である。二人の間には1956年7月18日に一人娘ジゼル・ギャラントが生まれた。この結婚を期にパリへの移住と人生の再設計を決意したと、デ・ハヴィランドの回想録『Every Frenchman Has One』には記されている。1962年から二人は別居していたが、正式に離婚したのは1979年のことだった[61]。, 『恋愛合戦 (en:It's Love I'm After)』(1937年)、『女王エリザベス』(1939年)、『追憶の女』(1942年)、『ふるえて眠れ』(1964年)で共演した女優ベティ・デイヴィスは、その生涯にわたってデ・ハヴィランドの親友だった。ほかにもグロリア・スチュアートは2010年に100歳で死去するまでデ・ハヴィランドの親友だった女優である。2008年4月には、ロサンゼルスで行われた俳優チャールトン・ヘストンの葬儀に参列していた。またこの年には、アカデミー賞の主催団体である映画芸術科学アカデミーが企画したベティ・デイヴィス生誕100周年記念式典にサプライズ・ゲストとして招かれている[62]。, オリヴィア・デ・ハヴィランドと妹のジョーン・フォンテインは、アカデミー主演賞を受賞した史上唯一の兄弟姉妹である。最初に女優の道を選んだのはデ・ハヴィランドで、妹のフォンテインも姉に続いて女優になろうとした。言い伝えによると、二人の母親リリアンはデ・ハヴィランドのほうを可愛がっており、フォンテインが女優になっても「デ・ハヴィランド」という名前を使うことを許さなかったといわれている。このためフォンテインは別の芸名をつけざるを得なくなり、最初にジョーン・バーフィールド、後にジョーン・フォンテインという名前で芸能活動を続けることとなった。伝記作家のチャールズ・ハイアム (en:Charles Higham) は、この姉妹が幼いころからいつも喧嘩をしていたと指摘しており、フォンテインはデ・ハヴィランドのお下がりの服を与えられていたが、デ・ハヴィランドがフォンテインに渡す服をわざと破ったために、フォンテインはその服を縫い直して着なければならなかったというエピソードを紹介している。この姉妹はお互いに対して大きな憤りを感じているといわれており、フォンテインがデ・ハヴィランドを嫌うようになったのは、母親がデ・ハヴィランドばかりを可愛がったことが原因だとされている[63]。, 1942年にデ・ハヴィランドとフォンテインは、同時にアカデミー主演女優賞にノミネートされた。対象となったのは、デ・ハヴィランドが『Hold Back the Dawn』のエイミー・ブラウン役、フォンテインがアルフレッド・ヒッチコック監督作品『断崖』のリナ・マクレイドロウ役で、主演女優賞を獲得したのは妹のフォンテインだった。チャールズ・ハイアムはこのときのフォンテインが「女優という仕事に心身を捧げていない自分が賞を獲得したことに対して後ろめたく感じていた」としている。また、ハイアムはこのときのアカデミー授賞式で、主演女優賞を受け取るために歩き出したフォンテインがデ・ハヴィランドからの祝福をあからさまに拒絶したために、デ・ハヴィランドは気分を害して当惑して見えたと記述している。, ハイアムはフォンテインが自分の娘とも疎遠になったとしており、おそらく娘が伯母であるデ・ハヴィランドと隠れて連絡を取り合っていたためではないかと指摘している[63]。デ・ハヴィランドもフォンテインも自分たちの関係を公言したことはほとんどない。ただしフォンテインは1979年のインタビューで、自分たち姉妹が口をきかなくなったのは、癌に苦しんでいた母親に外科手術を受けさせようとしたデ・ハヴィランドと、当時88歳の母親には手術は無理だと考えていた自分との間で意見が対立したことが原因だと語ったことがある。そしてフォンテインは、母リリアンが死去したときにデ・ハヴィランドが、当時舞台巡業公演で各地を回っていた自分を探そうとしなかったと主張している。デ・ハヴィランドは母の死を知らせる電報をフォンテインに送ったが、この電報をフォンテインが目にしたのは二週間後で、フォンテインが母の死を知ったのは次の公演地に移動してからのことだった[64]。, 姉妹の確執は2013年12月のフォンテインの死で終焉を迎えた。フォンテインは生前に「私のほうがオリヴィアよりも先に結婚し、先にアカデミー賞を受賞しました。もし私のほうが先に死去することがあれば、すべてにおいて私に出し抜かれたと知って彼女は間違なく激怒することでしょう」と語っていた[65]。デ・ハヴィランドは妹の死のニュースに「衝撃を受け、悲しみに襲われています」との声明を発表した[66]。, デ・ハヴィランドは1960年に回顧録『Every Frenchman Has One』を出版した。また、ジョン・リッチフィールドによるとデ・ハヴィランドが自叙伝を執筆中で、2009年9月には初稿を完成させたいとしている[67]。2015年1月のインタビューでデ・ハヴィランドは自叙伝の執筆に取り組んでいると述べた[68]。, 2017年6月30日の自身の誕生日前日にドラマシリーズ『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』のテレビ局FX及びプロデューサーのライアン・マーフィーに対して訴訟を起こした。ドラマはタイトルの通り、デ・ハヴィランドの旧友ベティ・デイヴィスと『何がジェーンに起ったか?』の共演者ジョーン・クロフォードの確執を描いたもので、キャサリン・ゼタ=ジョーンズがデ・ハヴィランドとして登場している。, このドラマにて前述にある通り妹ジョーン・フォンテインとの本人の関係にも触れられ、そのシーンでデ・ハヴィランドがフォンテインを"bitch"と侮辱したように描かれている。このシーンがデ・ハヴィランドのイメージを大いに傷つけるとして訴訟を起こした。しかし、FXやマーフィー側は過去にデ・ハヴィランドが出演した映画やドラマにおける下品な表現"God damn it"や"son of a bitch"、また彼女の著書の中から"I don't play bitches"という引用を示し対抗している。, 2018年3月、カリフォルニア州裁判所は「制作者側は表現の自由を定めた米憲法で守られる」として訴えを退けた。デ・ハヴィランドは上訴したが、2019年1月7日に連邦最高裁判所は棄却した[69]。, 当初のデ・ハヴィランドは『カナリヤ姫』のマリア王女役を拒否しており、社長ジャック・ワーナーが製作を中断させたといういきさつがある. 「風と共に去りぬ」のメラニー役で知られる米女優オリビア・デ・ハビランドさんが7月26日(現地時間)、仏パリの自宅で死去した。104歳だった。 "Marcus Aurelius Goodrich, 93, Writer Known for Naval Stories. 発売から80年以上、 風と共に去りぬ は、ハリウッドで最も有名な映画の1つであり続け、最も偏光されている映画の1つでもあります。 1940アカデミー賞で8つのアカデミー賞を受賞し、南北戦争中に南軍が南部で撮影した映画を見た 風と共に去りぬ その人種差別的なステレオタイプのために2020年6月に論争に巻き込まれ、その結果、この映画はストリーミングサービスHBO Maxから一時的に除外され、免責事項とともに返されました。, この論争の時点で、1939年のクラシックの唯一の生き残った星は、運命のある南​​ベルメラニーハミルトンウィルクスを描いたオリビアデハビランドでした。 1916年に東京で生まれたデハビランドはカリフォルニアで育ち、彼女と彼女の姉妹(ジョーンフォンテーンの名前を使用する)は演技のキャリアを追求しました。 バイオグラフィー。 2020年7月1日、de Havillandは1950年代以来の故郷であるパリで104歳の誕生日を祝いました。しかし、数週間後、ドハビランドは彼女の睡眠の中で安らかに亡くなりました。 エンターテインメントウィークリー、7月25日。, 1930年代から1988年にテレビで制作された映画で彼女の最後の役職にまで及ぶスクリーンキャリアを経て、後半の2回のオスカー受賞者がシルバースクリーンで彼女の成績を残したことは否定できません。そして、彼女はオールドハリウッドのアイコンの辞書の定義でしたが、オリビアデハビランドの人生とキャリアについてはまだ学ぶべきことがたくさんあります。, 長年にわたっていくつかの伝説的なハリウッドの確執がありましたが、その間の敵意に匹敵するものはほとんどありません 風と共に去りぬ スターオリビアデハビランド(写真、左)と姉妹のジョアンフォンテーヌ(写真、右)。による バイオグラフィー、兄弟の競争は子供の頃に始まり、決して衰えることはありませんでした。 1978年の回想録を宣伝しながら、 バラのベッドなし、フォンテーヌは彼らとの関係を説明しました 人。 「私は子供の頃からオリビアからの親切な行為を一度も覚えていなかったことを後悔している」と彼女は嘆いた。フォンテーヌは当時の関係を尋ねられ、「あなたはあなたの姉妹だけでなく、夫と離婚することができます。私はまったく彼女に会いませんし、するつもりもありません。」, 2人の兄弟が1942アカデミー賞で最高の女優に指名されたとき、競争はその頂点に達しました。フォンテーヌが勝利したとき、彼女は回想録で思い出した( USAトゥデイ」、「オリビアがテーブルを飛び越えて髪の毛をつかんでいるのを感じました。4歳のときに姉に直面しているのを感じました。くそー、もう一度怒りを被ったのです!」, と話す AP通信 ドハビランドは妹の死から数年後の2016年、彼らの関係を振り返りました。 「私の側では、それは常に愛していた」と彼女は言った USAトゥデイ)、「しかし、時々疎遠になり、晩年には断絶された。」, 2017年、エリビアベス2世女王から女王指揮官に指名されたオリビアデハビランドは、珍しい王室の両方から栄誉を受けました。 100歳で、 風と共に去りぬ スターは、その区別を受ける史上最年長の人物として歴史を作りました。声明で 人、彼女は自分自身を「女王が私に大英帝国騎士団の司令官を任命したことを非常に誇りに思っている」と宣言した。 「私の101歳の誕生日が近づいたときにこの名誉を受け取ることは、誕生日プレゼントの最も満足のいくものです。」, しかし、de Havillandは翌年まで実際にDBEを受け取っておらず、女王と直接会うことはありませんでした。彼女がメールで書いたように オールディー、この調査は彼女のパリの家で行われ、「完全に最愛のフランス大使、ルウェリン卿が私にプレゼンテーションをするように求めた」。, 奇妙な偶然の一致で、デハビランドの最後の演技の1つは、彼女をダムの司令官にした女性の母親を描いていました。なので ワシントンポスト 当時の報道によると、彼女は1982年にテレビで製作された映画で、女王の母であるエリザベス女王を演じた チャールズとダイアナの王室ロマンス。, 1950年代半ばまでに、オリビアデハビランドは40歳に近づきました。この時代の女優たちは、賞味期限をはるかに過ぎていたと考えられていました。それでも、彼女の2つのオスカーを称え、 風と共に去りぬ 女優は、1955年にロサンゼルスで株式を取得し、結婚してパリに引っ越したとき、まだ銀行のスターでした パリマッチ 編集者のピエール・ガランテ。, ドハビランドが言ったように バニティフェア 2016年、彼女はハリウッドの巧妙さとパリの信頼性との対照に衝撃を受けました。 「キャンバスでできた建物ではなく、実際の建物、城、教会の周りにいるのが好きでした」と彼女は説明しました。 「本当の石畳がありました。どういうわけか、石畳は私を驚かせました。私が王子や公爵に会うとき、彼は本当の王子、本当の公爵でした。」, 1962年、ドハビランドは、光の都市に住んでいる元ハリウッドのスターとして、彼女の回想録を書いて、水中での魚の体験を記録しました、 すべてのフランス人は1つを持っています。本が2016年に再発行されて、デハビランドの100歳の誕生日を記念して、 流行 新しいポストスクリプトを引用して、60年間パリでフランス人女性から学んだことを明らかにした。 「タクト、拘束、微妙さの重要性」と彼女は答えた、「そして虚構の回避」。, 風と共に去りぬ アカデミー賞の1940年版では、オリビアデハビランドに彼女の最初のオスカー指名—最高のサポート女優–をもたらしました。また、同じカテゴリーで指名されたのは、優しい奴隷マミーを演じたハッティ・マクダニエルでした。マクダニエルが賞を受賞したとき、彼女はこれまでにオスカーを獲得した色の最初の人物として歴史を作りました。, マクダニエルの歴史的な勝利に対するデハビランドの最初の反応は、極端な失望でした。 「私がオスカーの夜に23歳で帰国して賞を失ったとき、私は神はいないと確信していました」と彼女は言った。 エンターテインメントウィークリー しかし、2015年にデハビランドは損失を見通しに入れることができ、それを説明するための合理化さえ考え出しました。彼女は単に間違ったカテゴリにノミネートされたため、最高の女優に選ばれるべきでした。, 「約2週間後、私は目を覚まして、「ああ、なんと素晴らしいことでしょう。私は支持女優ではなく、ハッティは素晴らしかったです。彼女は勝ちました。これらの祝福された有権者は1分間惑わされませんでした」とde Havillandは付け加えました「 『私はむしろ、助演女優である誰かが、主役を演じている星である誰かに勝つような世界に住みたいです!…結局のところ、神がいます!』」, 風と共に去りぬ スターオリビアデハビランドは、他の映画スターのジミースチュワートや航空界の大御所ハワードヒューズなど、著名な人物が彼女の1日にいた。彼女と頻繁に共演するErrol Flynnは恐ろしい事件を起こしたとの噂も続いています。主に彼らが共演した8つの映画の画面上の化学反応に基づいた推測です。, しかし、ドハビランドはいくつかの場面で彼女とフリンとの関係について真っ直ぐに記録を設定し、それが複雑な力学であったと認めました。 「私がエロールフリンに感じたのは些細なことではありませんでした。彼にひどく惹かれました。そして、私はまだそれを感じています。今でも彼に非常に親しく感じています」と彼女は言った 独立した しかし、フリンは女優のリリダミタと結婚しており、ドハビランドは故郷の犯人になるつもりがなかったので、その魅力は何も生まれませんでした。, 彼女はその年のインタビューで詳しく述べた 電信、「私たちは恋に落ちましたが、これは私たちの間の画面の化学反応で明白であると信じています。」デ・ハビランドは続けて、「私はそれについてはあまり話しませんでしたが、関係は完全ではありませんでした。しかし、化学はそこにありました。それはありました。」, 1940年代初頭までに 風と共に去りぬ star Olivia de Havillandは、自分の役割に不満を感じていました。当時のハリウッドスタジオシステムでは、俳優は自分たちの生活のあらゆる側面を管理する独占契約を強いられました。ドハビランドが言ったように 独立した、「あなたは素晴らしい有名人でしたが、奴隷でもありました」と映画を繰り広げながら、「あなたが残した私生活はあなた自身ではなく、スタジオの広報担当者のものでした」。, 1943年、デハビランドはハリウッドの設立に立ち向かい、カリフォルニアの反侵略法に基づいてワーナーブラザーズを訴えました。 「ハリウッドの誰もが私が負けることを知っていたが、私が勝つことを知っていた」と父親が弁護士だったドハビランドは説明した。 「私は法律を読んだ。スタジオが何をしているのかが間違っていることを知っていた」, による ロイター、裁判所はド・ハビランドを味方にした。カリフォルニア控訴裁判所は、彼女が契約から7年を超えて働くことを強制することはできないと判決し、判決は州法となった。 「それ以来、自分の素材を選んで、本当に興味を持った役割を果たすことができた」と彼女は語った。 独立した。 「私の勝利の直後、 それぞれ自分自身に 一緒に来て、アカデミー賞の3回目のノミネートだけでなく、最初のオスカーもくれました。」, オリビアデハビランドが彼女の魅力に基づいてエロールフリンを共演することはありませんでしたが、彼女の最初の本当のロマンスの1つは、仲間の映画スタージミースチュワートでした。 2016年のインタビューで 人、彼女はスチュワートとの関係について話しました。スチュワートは、1940アカデミー賞で彼女の最初のオスカー指名を受け取ったときに彼女の日付でした 風と共に去りぬ。, 数年前のセレブのペアリング、 人、しかしスチュワートが1941年に米軍に入隊する前に解散した。第二次世界大戦後のスチュワートがハリウッドに戻ったとき、民間人としての彼の最初の映画の役割は、彼の最も象徴的なものの1つになるであろう:ホリデークラシックのジョージ・ベイリー、 素晴らしい人生だ。, ドハビランドが言ったように 人、彼女はジョージの妻の役割を与えられました…しかし断りました。 「それは、戦争の本拠地であるジミー・スチュワートの反対側でプレーすることを意味していました。終わらせたある種の高校前のロマンスで私たちが何ヶ月も一緒にいたので、彼と一緒に働くのは厄介だと私は知っていました」スチュワートを「非常に複雑な男 [who] 非常に少数の人々に自分自身を明らかにした。」, 2つのオスカーを獲得し、イギリスの女王によって大英帝国のダムの司令官に指名されることは、授与される唯一の称賛ではありません 風と共に去りぬ スターオリビアデハビランド。 2008年、女優は当時のジョージWブッシュ大統領から国立芸術勲章を授与されました。この賞は、全米芸術基金に言及し、「女優としての彼女の生涯の成果とアメリカ文化への貢献」を認めた。, 2015年のインタビューで エンターテインメントウィークリー、最後の画面上での役割からほぼ30年後、de Havillandは、映画芸術科学アカデミーの会費支払いメンバーであることを明らかにし、毎年「非常に興味を持って」ノミネートされました。しかし、彼女の視力は衰え始め、彼女はもはや映画を見たり投票したりしなかったことを認めました。, しかし、デ・ハビランドは確かに老後の弱さを嘆いてはいませんでした。豪華なパリのホテルに住んでいる彼女は、毎朝自分のスイートに提供されるルームサービスを楽しんでいることを思い出しました。 「この世の何人の女性が豪華な若い男性によって毎朝ベッドで朝食をとられていますか?私はそうです」と前の女優は宣言しました。 「それで、私は高齢についてどう感じますか?それについてクレイジーです!何とでも交換しないでしょう!」, ビクトリアアマドールは13歳でウィスコンシン州の田舎に住んでいたと報告しました サバンナモーニングニュース、彼女がファンレターを送ったとき 風と共に去りぬ スターオリビアデハビランド。数週間後、フランスの消印の付いた手紙が届き、メラニーハミルトンウィルクスとしてのハビランドの直筆写真が含まれています。アマドールとデハビランドは何十年にもわたって対応を続け、最終的にアマドールは自分で女優を訪ねることができるかどうか尋ね、デハビランドは絶えずそれらの要求を断りました。, アマドールはクリエイティブライティングとアメリカ文学の博士号を取得し、大学の教授になりました。 1990年代半ばにエディンバラで教えていた彼女は、ドハビランドが彼女のパリの家を訪問するように誘ったとき、彼女が望んでいた応答をようやく受け取りました。その時点で、彼らは43年間対応していた。, アマドールが新聞に語ったように、彼女はその後数年間でドハビランドとさらに4回会い、何時間も続いたチャット中にシャンパンを飲んだり、カナッペで軽食をとったりしました。アマドールはドハビランドに、自分の人生についての本を書くつもりだと伝え、女優は反対しませんでした。結果の本、 オリビア・デ・ハビランド:勝利の女神、2019年5月に発行されました。アマドールは本のコピーをデハビランドに送信しましたが、その6月の時点で返信がありませんでした。, G風と共に スターオリビアデハビランドは103歳で、オートクチュールの豊富なコレクションを手に入れる時がやってきました。なので 町と国 報告によると、デ・ハビランドはイブ・サンローランやクリスチャン・ディオールなどのデザイナーから衣料品を長年収集しており、ディオール自身がデザインしたものも含まれていた。, による T&C、de Havillandは、Hindmanの2019オートクチュール&ラグジュアリーフォールファッションオークションを通じて、彼女の豊富なコレクションをオークションにかけ、1954年から1973年までの27のロットに分けました。 」と語った、クチュールラグジュアリーアクセサリー部門のディレクター、ティモシーロング。 「詳細が曖昧である可能性がある場所で出所が正確であることを確認するために、私たちはそれらから質問を跳ね返すことができました。」, T&C 1962年の映画で着用された2つのディオールアンサンブルデハビランドを含む、オークションに出品されているアイテムの一部は、実際に女優が画面に着用していたことに注意してください 広場の光 (写真上)、1964年の心理ホラークラシックで着用した緑色のシフォンドレスとお揃いの靴、 静けさ…静けさ、甘いシャーロット。, オリビアデハビランドのメラニーハミルトンウィルクスの描写 風と共に去りぬ 5つのアカデミー賞のノミネートのうち最初の彼女を獲得しました。彼女は続けて2つのオスカーを獲得し、1947年に彼女のパフォーマンスで最優秀女優賞を受賞しました。 それぞれ自分自身に、そして1950年に再び最高の女優を獲得しました 相続人。元女優が2020年7月1日に彼女の104歳の誕生日を祝ったとき、彼女は最古の生きているオスカーの勝者としての記録を保持しました。, ドハビランドがオスカー賞を受賞したとき 相続人、それは以前の炎であるジミー・スチュワートから他の何者にも贈られなかった瞬間がさらに特別になった。 「あなたの賞 それぞれ自分自身に、 私が取った ドハビランドは受け入れスピーチで次のように述べています。「私が完全に失敗したわけではないという非常に寛大な保証に感謝します。」, 2番目のオスカーを受賞してから60年以上経ったドハビランドは、75周年記念式典でアカデミー賞に戻り、1分間近く続くスタンディングオベーションで挨拶しました。 「今夜は私にとって思い出深いものです」と彼女はスターを散りばめた聴衆に語り、その後、現役のオスカー優勝者の75周年記念再会を紹介しました。, 2017 FXミニシリーズ Feud:ベットとジョーン 1964年のホラーヒットを撮影しながら、ハリウッドスターの決闘者であるベットデイビスとジョーンクロフォード(それぞれスーザンサランドンとジェシカランゲが演じます)の間の骨の折れる関係を記録しました、 なんでも 赤ちゃんジェーンに起こった。小さな役割で、キャサリン・ゼタ=ジョーンズは 風と共に去りぬ 描写に非常に不満だったスターオリビアデハビランドは、 ハゲタカ、彼女が訴えた。, デハビランドの弁護士によると、プロデューサーは「彼女の名前と身元を使用する許可」を得ようとせず、「偽りの光の中で」彼女を「うわさ話」と描写しました。彼女が言ったように ニューヨークタイムズ、「その後、オリビアデハビランドのキャラクターが妹のジョーンを ‘b ** ch’と呼んでいることを知り、ベットデイビスとジョーンクロフォードの個人的および私的な関係についておしゃべりしたとき、私は深く腹を立てました。」, 最終的に、報告された 締め切り、ド・ハビランドの訴訟により、最高裁判所に至るまでのすべての手続きが行われ、最終的に彼女の請願は却下された。 「ある日、ハリウッドの利益のために不当に扱われる誰かが、ミスデハビランドの肩の上に立ち、意図的に同意されていない搾取と虚偽から彼らの名誉と遺産を守る権利のために戦う勇気を持つでしょう」と彼女の弁護士SCOTUSの決定について語った。, 風と共に去りぬ スターオリビア・デ・ハビランドは確かに典型的な百年主義ではなかった。 2016年に、女優は言った エンターテインメントウィークリー 「ああ、私はそれを待つことができません。私は確かに1世紀を生きるという考えを楽しんでいます。あなたはそれを想像できますか?なんという成果です。」, デハビランドが104歳の誕生日を祝った日(2020年7月25日を過ぎる数週間前)に、女優のミアファロウは、自転車に乗っているデハビランドの写真を共有するためにTwitterに行きました。 「今日104歳になったハッピーバースデーオリビアデハビランド。自転車に乗っているらしい」ファロー 書きました。女優のロザンナアークエットもスナップショットについてコメントしました、 ツイート、「すごい。苦味なしに生きる!」, ハリウッドの最後の残りの星の1つであるデハビランドは、年をとるにつれて速度を落とすことを明らかに拒否し、仲間から称賛を得て、自然の原因が死ぬまで見出しを書きました。実際に、映画のアイコンは以前、地球上の最後の瞬間をどのようにしたいかについて彼女の考えを共有していました バニティフェア2005年のプルーストアンケート。「私は永遠に完全な健康で暮らしたいのですが、いつかこの人生を離れなければならない場合は、長椅子に身を包み、香りをつけて、ベルベットのローブと真珠のイヤリング。シャンパンのフルートがそばにあり、イギリスの不可解なクロスワードの最後の問題に対する答えを見つけたところです。」.

インスタ 出会い 危ない, ユナイテッドシネマ シネプレックス 共通 映画鑑賞券 買取, 富山 ドローン スポット, イオンシネマ Vive Audio 値段, 池袋 オムライス たまごけん, エポキシ 酸無水物 反応機構, 東京 公園 大きい,