マリーゴールドの花言葉と由来. マリーゴールドの花言葉は? マリーゴールド全般の花言葉 マリーゴールドの全般的な花言葉は、 「可憐な愛情」「変わらぬ愛」「勇者」 です。 一方、よくないイメージの花言葉には、 「嫉妬」「絶望」「悲嘆」 などがあります。 。明るい花のイメージに合わない言葉ばかりですよ 黄色系の花には不吉をほのめかす花言葉が多く、マリーゴールドにも「嫉妬」「絶望」「悲しみ」の花言葉がつけられました。. 花言葉は国によって違ったりしますが、マリーゴールドの日本での花言葉を中心に、色別や種類別でご紹介します。またマリーゴールドの基本的な情報も一緒にお伝えしますので、プレゼントで贈る際や、ご自身で栽培する際の参考になさってください。 「勇者」もまた、神話のアポロンからきた言葉と言われています。. 科名:キク科 和名:千寿菊(センジュギク)、万寿菊(マンジュギク) マリーゴールドの花言葉は?色によって違う意味や由来・英語版もご紹介!マリーゴールドはオレンジ色や黄色の明るい色の花を付け、夏の花として人気があります。そんなマリーゴールドには、色や種類によって様々な花言葉があります。 ・「嫉妬」「悲しみ」「絶望」. 黄色いマリーゴールドには「健康」というプラスな花言葉もありますが「下品な心」というマイナスな花言葉も存在します。 この “クリスティの神話” から、マリーゴールドの 「妬み・嫉妬・絶望・下品な心、可憐な愛情・別れの悲しみ・悲嘆」 マリーゴールドの花言葉をご存知ですか?そのかわいらしい見た目に反して、嫉妬や絶望などネガティブな花言葉も持っています。一方で色や種類によっては明るく前向きなものも持っています。街の花壇でも頻繁に見かけるなじみ深い 最近は、フラワーギフトを贈る際などに、花言葉にこだわる方が増えています。花言葉とは、花姿、色、香り、雰囲気、伝説、神話、風習など、その植物にまつわるさまざまな情報から、それぞれの植物に独自の象徴的な意味を持たせるために与えられた言葉です。もともとは、花に思いを込め、花を使って人にメッセージを伝えるヨーロッパの古い風習から来ています。たくさんある花言葉の中から、ここではマリーゴールドの花言葉について詳しく紹介しておきましょう。花言葉は国や時代によって、また提唱する人によっても若干変わってきますので、ここでは日本における代表的な花言葉を取り上げます。, マリーゴールドの基本データ この記事では、マリーゴールドの花言葉やその由来を紹介しています。また、色・品種別や花言葉の由来についてもまとめているので、気になった方は合わせてチェックしていってください。 花言葉【マリーゴールド】の意味 「マリーゴールド」の花言葉には、良いイメージのものと悪いイメージのものが存在しています。 「マリーゴールド」の一般的な花言葉は、絶望、健康、別れの悲しみ、変わらぬ愛、嫉妬などです。 マリーゴールド花言葉(全般と色別) この後種類とかも見ていくわけですが、先ずは花言葉から見ていきましょう。 <マリーゴールドの花言葉 (全般)> 嫉妬 絶望 悲しみ <色別花言葉> 黄色いマリーゴールド 健康 マリーゴールドの英語の花言葉 は「jealousy(嫉妬)」「despair(絶望)」「grief(悲嘆)」です。. 「可憐な愛情」ぴったりな花言葉ですね。. 「嫉妬」の意味を持つ花一覧です。また、花言葉辞典では、バラやガーベラ、ひまわりの花言葉から、「希望」や「感謝」などの意味を持つ花などの逆引きも調べることが出来ます。 絶望・嫉妬の意味を持つマリーゴールドの花言葉 基本的なマリーゴールドの花言葉は「濃厚な愛情」 マリーゴールドは原産地が中米で、6月から10月頃に開花すると言われています。 エキゾチックで明るい色の花、そして身近でよく見かけるこのマリーゴールドには悲恋の他にも「嫉妬」という花言葉もあります。 「嫉妬」は恋人関係だけではなく、女性同士の妬みや嫉み、人間の醜い部分が出るのが「嫉妬心」です。 マリーゴールドが「健康」を意味し敬老の日にぴったりとされる一方で、マリーゴールドのもつ花言葉が贈り物にはふさわしくないとされていることが多いです。 マリーゴールド/花言葉の由来. ちなみに、白色のマリーゴールドは品種改良で誕生したばかりで、まだ色別の意味は持っていません。それでは、マリーゴールドの花言葉の1つ1つの意味を見ていきましょう。, 「絶望」という悲しい花言葉をもつのが「マリーゴールド」です。 【花言葉】絶望、嫉妬などネガティブな意味を持つ花一覧をご紹介!贈る際は要注意! 2019.04.22 Cloverチャット占い 悩める恋は、チャット占いで相談。 時間や場所にとらわれることなく、いつでも専門の先生に相談ができます。 属名:タゲテス(マンジュギク)属 鮮やかなオレンジや黄色の花を咲かせるマリーゴールド。虫を寄せ付けないコンパニオンプランツとして有名でガーデニングに欠かせないお花の1つです。今回は、そんなマリーゴールドの花言葉やアフリカン、レモン、フレンチなどの種類についてご紹介します。 記載されている内容は2017年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 学校の花壇や役所などで良くみかけるマリーゴールド。このマリーゴールドには良い意味と悪い意味の両極端の意味をもつ花言葉ももっています。「嫉妬」などの悲恋からきた花言葉や「変わらなぬ愛情」その両極端の意味をもつマリーゴールドの花言葉について調べてみました。, マリーゴールドの由来は1人の女性が恋人のいる人を好きになったことで、嫉妬心から狂い、その後マリーゴールドになって生まれ変わったとされ、「嫉妬」「悲しみ」などの花言葉が生まれました。 水の妖精クリスティは、太陽神アポロンに恋をしていましたが、その時アポロンには王女レウトコエという恋人がいました。 2人の関係に嫉妬したクリスティは、レウトコエの父親である王様に、2人が恋人同志であることを告げ口します。 花言葉は、 『嫉妬』『信頼』『悲しみ』『友情』『健康』 など。 よい花言葉と、よくないイメージの花言葉がありますね。 マリーゴールドは古くからヨーロッパで愛されている花なので、神話にまつわるお話が多く、なかでもギリシャ神話の太陽神・アポロンに関わるお話が有名です。 嫉妬心の花言葉 マリーゴールドには、愛する人への熱い思いを表すという情熱的な愛の花言葉があります。しかしその一方では、嫉妬心という恐ろしい花言葉も持ちあわせています。情熱的に愛するがゆえに嫉妬の炎も燃え上がるということなのでしょうか。 マリーゴールドの花言葉には、じつはよいイメージの言葉と、あまりよくないイメージの言葉があります。よくないイメージの花言葉は「嫉妬」「絶望」「悲嘆」などです。こんなに明るい花のイメージには、あまり合わない言葉ばかりですよ フレンチ・マリーゴールドの花言葉には「嫉妬」「悲哀」「勇者」「悪を挫く」「友情」「予言」「変わらぬ愛」「別れの悲しみ」などがあります。フレンチ・マリーゴールドのさらに詳しい花言葉の意味やエピソードをまとめて解説しています。 そのマリーゴールドの花言葉ですが、あまり良くない花言葉が付いています。「嫉妬」や「絶望」「悲嘆」「悲しみ」に「変わらぬ愛」などの花言葉があるのを知っていますか。明るいイメージのマリーゴールドに、なぜそのような花言葉が付いているのでしょうか。 開花期:4~10月 神話のクリスティーが一途にアポロンを想う気持ちから生まれた花言葉です。. 学名:Tagetes 神話のカルタのアポロンへの気持ちを表していると言われています。. 「嫉妬」は恋人関係だけではなく、女性同士の妬みや嫉み、人間の醜い部分が出るのが「嫉妬心」です。, マリーゴールドの花言葉も悪い意味ばかりではありません。マリーゴールドの良い意味に「生命の輝き」という花言葉もあります。由来はギリシャ神話からですが、「生命の輝き」という力強く素敵な言葉から来ています。, 橙色のマリーゴールドの花言葉には「真心」という良い意味をもつ花言葉がつけられています。これは、ギリシャ神話のアポロンクリムノンという少年の話から名づけられた花言葉です。 マリーゴールドの花言葉は、明るくポジティブなものと、「嫉妬」や「下品な心」のように贈答品としてふさわしくないものが混じっています。 マリーゴールドをプレゼントにしたいときには、花言葉をチェックして、誤解のないようにメッセージを添えるなどしたほうが良いでしょう。 マリーゴールドは観賞用やハーブティとして利用されたりします。, マリーゴールドの花言葉は全体の意味として良く使われているのは、「嫉妬」「絶望」「悲しみ」「健康」「生命」「真心」などがあり、悲恋の花言葉が有名です。ただ、色別では全く真逆の良い意味を持っています。 花色:オレンジ、黄色、白、複色, 春~夏の花壇で、元気いっぱいにオレンジ色や黄色の花を咲かせているマリーゴールド。近年では、切り花としても人気が高まっています。太陽を思わせる鮮やかな色合いと、群を抜くもちのよさ、細くてやわらかな花びらがくしゅくしゅと集まるキュートな花形が、愛される秘密なのでしょう。最近では、大輪タイプや一重咲きタイプも登場しています。, その意味など詳しい解説は「3.マリーゴールドの花名や花言葉の由来は?」でご紹介します。, マリーゴールドには、いくつかの種類があります。草丈が低くて枝分かれの多いフレンチ・マリーゴールド、草丈が高くて大輪のアフリカン・マリーゴールド、同属の近縁種で強い柑橘系の香りがあるレモン・マリーゴールドなどです。それぞれの種類によっても花言葉が違います。, フレンチ・マリーゴールドはフランス王室の庭で栽培されていたことからこの名がつきました。アフリカン・マリーゴールドはアフリカで栽培されていたものが16~17世紀にヨーロッパに持ち込まれたものです。ほかにも、ひと重咲きの品種が多いメキシカン・マリーゴールド、レモン・マリーゴールド同様、近縁種で香りの強いミント・マリーゴールドなどもあります。, ※花言葉はその花の特質などに合わせて象徴的な意味を持たせたもので、明確な根拠があるものではありません。前述したように、監修する人や国、文化などによって、選ばれる言葉が違うこともよくあります。, マリーゴールドの名前の由来は、聖母マリアにあります。聖母マリアの祝日にいつも咲いていることから、「マリア様の黄金の花=マリーゴールド」と呼ばれるようになったそうです。その聖母マリアの祝日ですが、キリスト教の宗派によって、春から冬にかけて年5~10回もあります。そんなにも長い期間ずっと咲いている、ということは、この花が古くから1年を通じて咲く花として知られ、非常に丈夫な花であることを示すものだと言えるでしょう。日本名の千寿菊、万寿菊も、キク科のなかでも開花期間が長いことから命名されていますし、開花期間の長さ(花の丈夫さ)は黄色いマリーゴールドの花言葉「健康」の由来にもつながります。, ちなみに、学名のTagetes(タゲテス)は紀元前8世紀~紀元前1世紀ごろに、イタリア半島中部にあった都市国家群エトルリアの神話に登場し、エトルリアに占術を伝えたターゲス(Tages)の名前に由来するとも言われます。, マリーゴールドの誕生には、こんな逸話があります。カルタという美しい少女が、太陽神アポロンに恋をしました。彼女の生きがいはアポロンの側にいて、アポロンを見つめることだけ。燃え立つ朝日が登るのを、日々野原で待ち焦がれているうち、恋の炎に焼かれるように徐々にカルタは衰弱し、体が消え、やがて魂だけになってしまいました。カルタの魂はかげろうのように太陽に吸い込まれ、その跡に1本のマリーゴールドが咲いていた、というものです。, マリーゴールドの花言葉には、じつはよいイメージの言葉と、あまりよくないイメージの言葉があります。よくないイメージの花言葉は「嫉妬」「絶望」「悲嘆」などです。こんなに明るい花のイメージには、あまり合わない言葉ばかりですよね? 反対に、よいイメージの花言葉が「勇者」「可憐な愛情」です。どうしてこんなに両極端の花言葉をもつようになったのでしょうか? そこには、いずれも太陽神アポロンが関わっています。, 水の妖精クリスティは太陽神アポロンに激しい恋心を抱いていました。しかし、アポロンにはすでに王女レウトコエという恋人がいます。嫉妬したクリスティは、王女の父である国王にふたりの仲を告げ口します。すると、王は怒りのあまり、レウトコエを生き埋めにしてしまったのです。クリスティは自分のしたことによって、ひとりの女性が命を落としたことを深く後悔し、9日間に渡ってアポロンを見つめ続けました。やがてクリスティの体が黄色い花に変わり、太陽に向かって咲くマリーゴールドになったのです。ここから「嫉妬」「絶望」「悲嘆」といった花言葉がうまれました。同時に、クリスティが一途にアポロンを思う気持ちから、「可憐な愛情」というよい意味の花言葉もうまれたのです。「勇者」という花言葉もまた、太陽神アポロンから来ています。, このように、黄色やオレンジ色の花をつけるマリーゴールドは、ヒマワリと同じように太陽に結びつくイメージをもつ花なのです。実際に、ヒマワリが「太陽の花」と呼ばれるようになる前は、マリーゴールドが「太陽の花」と呼ばれていたようです。日が昇ると花が開き、日が落ちると閉じる、規則正しさと華やかさからこんな別名がついたのでしょう。, ちなみに、種類を問わず、黄色い花はみな不吉な意味をもつ花言葉を与えられています。これは黄色がイエス・キリストを裏切ったユダの衣の色であることからきています。花にはまったく罪がないのに、かわいそうになりますよね。, 黄色いマリーゴールドの花言葉「健康」は、花期の長さと、やはり太陽神アポロンのイメージからきています。, オレンジ色のマリーゴールドの花言葉「予言」は、名前の由来となった聖母マリアにちなんでいます。, オレンジ色のもうひとつの花言葉「真心」には、また別の由来があります。これもまたアポロンに関係のある逸話です。アポロンは非常に美しく男らしい神なので、女性だけでなく、男性からも慕われていました。美少年クレムノンもそのひとりで、毎日太陽(アポロン)を見つめることに幸せを感じていたのです。アポロンもまた、そんなクレムノンを愛しく思うようになりました。しかし、それを知った雲の神が嫉妬し、太陽(アポロン)を雲で隠してしまいました。何日もアポロンに会えなくなったクレムノンは嘆き悲しみ、最後には死んでしまいます。そのひたむきな愛情に心打たれたアポロンは、クレムノンをオレンジ色のマリーゴールドに変身させて、その姿を愛でるようになったそうです。アポロンは太陽を司る神であり、多くの人々から愛され、敬われる偉大な存在だけに、たくさんの恋の物語、それもなぜか悲恋の物語を生み出しているのかもしれません。, マリーゴールドの英語名は「marigold」。英語での花言葉は「jealousy(嫉妬)」「despair(絶望)」「grief(悲嘆)」など、日本のものと変わりません。ちなみに、マリーゴールドはアラブ首長国連邦の国花であり、原産地のメキシコでは「死者の日」という日本のお盆に似た祝日に供える花とされています。, 花言葉の世界はいかがでしたか? 花言葉にはさまざまな物語が隠れていますよね。ただし、花言葉は明確な根拠があるものではないので、あまりこだわりすぎないことも大切です。花を買うときには、自分の好きな色、そのときにビビッと来た色の花を選ぶのが、いちばんよいのではないでしょうか。, マリーゴールドを主役にした、ギフトの紹介はこちらへ。⇒「マリーゴールドのフラワーギフト(プレゼント)、選び方とおすすめ10選」, マリーゴールドの扱い方、飾り方は「マリーゴールドのおしゃれな生け方・飾り方。 フラワーアレンジメントで長もちさせるコツ」、ドライフラワーにしたいときは「マリーゴールドの、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ」をご覧ください。, マリーゴールドのおしゃれな生け方・飾り方。 フラワーアレンジメントで長もちさせるコツ. 原産地:メキシコ ・「勇者」「可憐な愛情」. マリーゴールド全体の花言葉は、 「嫉妬」、「絶望」、「悲しみ」と黄色やオレンジの明るい色と花姿とは裏腹な感じですよね。 では、詳しく見ていきましょう。 マリーゴールドの良くないイメージの花言葉 嫉妬 絶望 悲しみ 悲観 悲嘆 下品 悲しい意味合いが多く、「嫉妬心」や「別れの悲しみ」「絶望」「悲哀」な意味合いをもつからです。, エキゾチックで明るい色の花、そして身近でよく見かけるこのマリーゴールドには悲恋の他にも「嫉妬」という花言葉もあります。 「真心」には「偽りや飾りのない心」「真剣につくす心」という意味があり、「真っすぐな愛で、変わらず愛する」という深い愛からくるのではないかと言われています。. マリーゴールドの花言葉はとてもたくさんあります。 まずいちばんよく知られているのが「勇者」です。 これはマリーゴールドが「太陽の花」と呼ばれていることに由来していると言われています。 マリーゴールドは本当にまるで小さな太陽のような花姿をしていますよね。 太陽というのは「力強い者」や「善」「英雄」の象徴だと考えられています。 そういったことによりマリーゴールドには「勇者」という力強い花言葉が与えられているのです。 また、マリーゴールドには「可憐な愛情」という花言葉 … マリーゴールドの英語名の花言葉も、日本のものと変わらず、英語でdespair (絶望)、grief (悲しみ)、jealousy (嫉妬)となります。 アフリカン・マリーゴールドの花言葉には「嫉妬」「悲哀」「勇者」「悪を挫く」「友情」「予言」「変わらぬ愛」「別れの悲しみ」などがあります。アフリカン・マリーゴールドのさらに詳しい花言葉の意味やエピソードをまとめて解説しています。 日本では「菊」のような役割を果たしているのがマリーゴールドです。, マリーゴールドには良いイメージの花言葉と悪い意味の花言葉があります。両極端の意味合いの花言葉をもつのがマリーゴールドです。 怖い花言葉(悪い意味、裏切り、嘘、偽り、嫉妬、狂気、死、など)をご紹介します。 花は出回り時期(周年、春、夏、秋、冬)ごとにまとめています。 古くから花色も花言葉に影響をあたえ、特に黄色い花には不吉な花言葉が多くつけ 憎しみ・嫉妬・絶望・悲嘆・悲しみ この一列に並べるとめっちゃくちゃ可愛い、マリーゴールドの花言葉。この花言葉は、ある女性が男性に恋をした話が由来だと言われています。怖いですが見ていきましょう。ある日、1人の女性がとある男性に恋をしました。 マリーゴールド全般の花言葉 は「嫉妬」「絶望」「悲しみ」。. マリーゴールドの花言葉とその「意味」や「由来」を解説します。またマリーゴールドは花の「色別」や「種類別」にも花言葉が存在しますので併せてご紹介しますね。そのほか「マリーゴールドの花情報」や「名前の由来」もお届けしますのでお楽しみに。 よく学校の花壇や、役所、また家でも栽培している人もいます。 英名:marigold マリーゴールドの花言葉も、パッと聞いてポジティブな感じの「健康」や「変わらぬ愛」等もあれば、ネガティブな「絶望」「嫉妬」等ありましたね。しかし「変わらぬ愛」も見方を変えれば「絶望」や「嫉妬」と隣り合わせと考えられます。 花の色による花言葉もあります。. マリーゴールドの花言葉と由来 マリーゴールドは、黄色やオレンジ色の花を咲かせる可憐で可愛らしい花です。 比較的育てやすく家庭の花壇やプランターで育てている方も多く、人気の高い花となっています。 そんなマリーゴールドの花言葉を紹介しましょう。 マリーゴールドの花言葉 マリーゴールドは「嫉妬・絶望・憎しみ・悲しみ・変らぬ愛」などの花言葉を持ちます。 また、花の色によっても異なる花言葉があり、黄色の花は「健康」、オレンジの花は「予言・真心」といった意味があるそうです。

名古屋 顔合わせ 中華, 名前 由来 外国, ベース チューニング 種類, ドンキホーテ コスプレ メンズ, 春ドラマ 2020 再開, キング牧師 英語 教科書, カネスエ 小牧 清水 屋 店 チラシ, プロコン 電源 入れ方, ラブリラン ドラマ あらすじ,