個人的には様々な国を訪れましたが「 ダッカの治安は悪くない 」という感覚を持っています。 バングラデシュ人民共和国に対する新型コロナウイルス危機対応のための緊急支援(円借款)(令和2年8月5日) バングラデシュに対する感染症対策及び保健・医療体制整備並びに若手行政官等育成のための支援(無償資金協力)(令和2年7月16日) 今回はバングラデシュへの旅行を検討している方のために知っておきたい治安情報や外務省による治安情報などを詳しく紹介していきます。またおすすめの観光スポットなども紹介するので、バングラデシュへの旅行を検討しているという方はぜひチェックしてみて下さい。 バングラデシュは日本から10時間以上かかる国ですが、世界遺産もあり訪れたい国の1つでしょう。旅行するにあたって心配なのが治安です。バングラデシュでは日本人が被害を受けた事件もあります。治安がどれだけ悪いのか注意すべきことは何かについて紹介します。 タイのビーチリゾート「パタヤ」 日本人観光客も多いタイが危険な旅行先なんて、意外ですよね。バンコクやチェンマイではほとんど危険を感じません。しかし、南部に位置するソンクラー、ヤラ、ナラーティワートとパタヤは注意が必要。特にパタヤはバイクに乗った泥棒が多く、暴力団による観光客襲撃事件も発生しています。その暴力団は若い男性で構成されているそうです。 海外旅行に便利な世界治安ランキング一覧です!外務省の危険度をまとめたもので治安が良い安全な国と治安が悪い危険な国が一覧で分かります。国ごとの平和度、政府腐敗度、平均年収、ビックマック価格など、観光にも便利! そんな過去のテロ事件もあり、外務省は現在でも危険レベル2に設定しており、観光にはまだ危険な国であるという認識があります。 2019最新のバングラデシュの治安で気をつけること8選 ダッカ観光の口コミを集めました!ダッカのグルメ、ショヒド ミナールなどの観光スポット、季節ごとのイベント、ダッカ観光のモデルコース、人気スポットを一挙公開!ダッカのホテル、入場券、レストラン予約はトリップアドバイザーで一括管理! 筆者がバングラデシュ人と結婚して20年以上経ちますが、2016年にバングラデシュのダッカ市で日本人7名を含む23名が殺害されたテロ事件は、現地の治安の根底を覆す大変悲しい事件でした。そこで今回は、現地の治安事情について詳しくご紹介します。 【危険度】 ダッカ管区及びチッタゴン(チョットグラム)丘陵地帯(カグラチャリ県,ランガマティ県,バンドルボン県) レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続) 上記を除くバングラデシュ … 更新日:2019.09.08 / 公開日:2019.06.14 海外での生活の上でどうしても気になるのが「 治安 」です。 バングラデシュに駐在する外国人ビジネスマンが生活の拠点とする事の多い 首都ダッカ を考えてみましょう。. バングラデシュの治安情勢は、現在も政府が日々警戒し情報を発信し続けています。そして日本人がプライベートでバングラデシュへ旅行する際に気を付けるべきことがたくさんあります。バングラデシュへ渡航予定のある人に向けて、治安のことや注意するべきことなどを発信します。 バングラデシュとは「ベンガル人の国」の意。世界最高の人口密度を誇り、労働力にも恵まれていることから海外企業が著しく進出しています。そんなバングラデシュの観光名所もやはり進化しているようです。どんなところがあるのかご一緒に覗いてみましょう。 【海外安全】バングラデシュに対する日本・アメリカ・イギリス・オーストラリア政府の最新のトラベルアドバイス類をまとめたページです。 当ページに記載の情報は、各国政府の発表内容及び「海外安全.jp」が信頼に足ると判断した各種メディア情報を踏まえて掲載しているものです。 バングラデシュといえば、ファーストリテーリングやGUといった、日本でもおなじみのアパレル企業が、安価な労働力を求めバングラデシュに生産拠点を置いていたり、JICA(独立行政法人国際協力機構)が昔からずっと支援を続けている国であったり、実は日本と馴染みの深い国ではあります。 しかしながら、「カオス」「貧困」「洪水」「汚職」「汚い」などネガティブなイメージを持つ方も多いと思います。 更に2016年… 『kl発券最終回は、1人旅のフットワークを活かしてklから未踏の国バングラディシュへgo。バングラディシュは2年前のテロで危険度が増して外国人旅行者は激減したみた...』ダッカ(バングラデシュ)旅行についてあいぼんさんの旅行記です。 地球の歩き方がおすすめの観光スポットや旅行情報をご紹介いたします。バングラデシュの天気や通貨、治安などの現地情報に加え、格安航空券、最安値ツアー、ホテル予約まで、バングラデシュの旅行・観光情報も満載。バングラデシュ旅行に関する情報は地球の歩き方におまかせ下さい。 せかいじゅう編集部, アジア最貧国とも呼ばれるバングラデシュを訪れるにあたり、ましてや移住して生活するなんてことになれば、治安は不安なところだと思います。, ここでは、現地に在住して3年になる筆者がバングラデシュ・ダッカの治安事情や安全対策などについて紹介します。, バングラデシュといえば、ファーストリテーリングやGUといった、日本でもおなじみのアパレル企業が、安価な労働力を求めバングラデシュに生産拠点を置いていたり、JICA(独立行政法人国際協力機構)が昔からずっと支援を続けている国であったり、実は日本と馴染みの深い国ではあります。, しかしながら、「カオス」「貧困」「洪水」「汚職」「汚い」などネガティブなイメージを持つ方も多いと思います。, 更に2016年7月には、日本人が犠牲になったテロ事件が首都ダッカのレストランで発生しました。, このことから「バングラデシュは危ないのではないか?」と思う人も多いかもしれませんが、反面、前述した通りJICAの支援もありバングラデシュは親日国として有名であり、日本人の事が大好きな国なのです。, バングラデシュの外務省の海外安全ホームページでの危険度は、「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」と設定されており、観光に訪れるには少し二の足を踏む気持ちになる国になっています。, 確かに、バングラデシュでのテロが起きた2016年頃は、ISISの活動が世界的に激しく、テロ事件直後はバングラデシュへの渡航はやめたほうがいい、という空気が現地でも流れていました。, 危険度も引き続きレベル2のままではありますが、「レベル2は少し行き過ぎでは?」と現地在住日本人は誰しもが口を揃えて言っています。, そのため、バングラデシュを訪れたり移住するにあたって、治安についてそこまで危険だとは言えませんが、それでも宗教色が強く、貧困も根強いこの国、最低限の注意事項だけ頭に入れて、観光しましょう。, まずは一番怖いテロに巻き込まれないために、モスクなど「宗教色の強い場所」や、イベント会場やスポーツスタジアム、ショッピングモールなど「人が多く集まる場所」は避けるべきでしょう。, 「宗教色の強い場所」に関しては、イスラム教徒の国バングラデシュはモスクは神聖な場所として扱われ、街のいたるところに位置しています。, しかしながら、ごく稀に、他宗教の過激派がモスク付近で暴動を起こしたりと危険な一面があったりします。, また、イベント会場やスポーツスタジアム、ショッピングモールといった「人が多く集まる場所」でも、無差別殺傷を狙ったテロ事件が起きた実績があるため、気を緩めてはいけない場所です。, 観光地になっているモスクやスタジアムもあるため、訪れるなとは言いませんが、滞在時間はなるべく短くした方が賢明かもしれません。, 何か不審な動きがあればすぐに退散できるよう、逃げ道を確認しておくなど、心構えをして訪れるほうが良いでしょう。, また、テロとは種類が違いますが、「政党の拠点」といったところも、バングラデシュでは与党と野党の争いが激しく、選挙日付近は特にいつ暴動が起こるかわからないところがあります。, 政党の拠点だけとは言わず、政治色あふれるような場所は避けることが賢明だと言えると思います。, 「ラマダン月の最後の日」 バングラデシュ(首都:ダッカ)の治安・危険度情報をご紹介。バングラデシュ(首都:ダッカ)でのテロ、犯罪・誘拐、病気・感染症、自然災害に関する詳細情報を各国の政府機関情報を基にご紹介しています。渡航(旅行)・滞在する際の参考情報にオススメです。 「与党の党首などビッグネームの裁判がある日」, など、宗教や政治的に大きな意味を持つ日は、何かしらテロに近い事件だったり暴動が起こる可能性がいつもより高いため、場所を問わずあまり出かけない方が良いと思っています。, 事実、2016年のラマダン月の最後の日に、日本人が巻き込まれたテロ事件が引き起こされました。, ちなみに、こういった場所や時期に起因する気をつけたほうが良い情報というのは、日本外務省の「たびレジ」という海外安全情報サービスに登録しておけば、何か注意すべき事項がある場合、また危険な事案が発生した場合、随時その情報が登録したメールアドレスに届くようになっています。, この情報を元に安全に気をつけた行動をすることができて便利であるため、登録をお勧めします。, さらに、場所や時期だけでなく、海外、特に発展途上国に出かける際は一般的に注意した方が良いと言われている下記のことも頭に留めておくと良いです。, ダッカで住む場所を選ぶ際に、安全のために意識して欲しいことは、外国人が多く滞在しているエリアを選ぶ、ということです。, 外国人が滞在に選んでいるエリアというだけで、ある程度セキュリティや治安の良さは確保されていると言っていいでしょう。, とまた、近くに外国人向けの食料などが売っているスーパーや、日本食レストランなど便利なショップが多いところも魅力です。, バングラデシュ・ダッカに住むとしたら、一番のおススメは、バナニおよびグルシャン周辺です。, このエリアは、ダッカのビジネス中心地及び高級住宅街として位置しており、外国人も多めで、セキュリティのレベルも高いです。, 中でもオススメなのは、日本でいう原宿のような、若者が集う「Banani Road11」。, バナニ・グルシャンエリアの中でも、おそらく一番のファッションストリートで、多くの人で賑わっています。, また、グルシャン2サークル近くに位置する「ユニマート」には、外国人向けの食料がたくさん置いてあるスーパーマーケットだけでなく、様々なジャンルのレストランが入っている綺麗なフードコートもあり、外国人御用達です。, 他、もう少しローカル感を感じたいのであれば、グルシャン1サークルの「DCCCマーケット」もオススメできます。, こちらは2階建てのマーケットで、家具から生活用品、雑貨、服、食品など何でも売っています。きちんと値札が付いていることが少ないので、ぜひ値段交渉にチャレンジしてみてください。, 上記で紹介したバナニ・グルシャンエリアのすぐ東に位置するバリダラは完全にDiplomaticエリアで、多くの国の大使館なども位置する、閑静なハイセキュリティエリアです。, そのエリアに入るための道路にはセキュリティゲートがあり、通過する人は必ずチェックされるようになっています。, 車でゲートを通過する際は、乗客が外国人でも、車の中を外からチェックしたり、トランクを開けたり、というような確認作業が行われる場合があります。, ここがダッカで一番、安心して滞在できるハイセキュリティな場所と言って過言ではないでしょう。, そしてゲートでのチェックが厳しい分、誰でも気軽に入れるわけではないので、バリダラエリアはダッカにしては珍しく、ゴミ一つないエリアになっています。, こちらはゴミの問題が小さくないバングラデシュで滞在するに当たって嬉しいポイントです。, 以上のように、外出する際、住む場所、そして普段の小さなことだけでも気をつけるだけで、バングラデシュに滞在するに当たってのリスクは少しでも減らせると思います。, バングラデシュで異なる文化や人々に触れ、知見を広げることができるのは本当に貴重な経験ですが、同時に、安全対策にもしっかり細心の注意を払って、何事もなくこの地で過ごしていけるよう、準備はできる限り行うようにしてくださいね。, ↑バングラデシュ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のバングラデシュの記事一覧はこちら, せかいじゅうREPは、世界中の現地在住日本人担当者が企業の海外ビジネス活動を支援します。, コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。, せかいじゅうは「海外へ出たい日本人」と「海外で暮らす日本人」が繋がるコミュニティマーケットプレイスです。世界で暮らす日本人が提案する移住プランやサポートを利用して、「いつでも、どこの国にも移り住む可能性が開ける。」“せかいじゅう”はそんなスタイルを提案します。, ご登録いただくとせかいじゅうの機能が利用可能になります。(海外サポーターへの応募の場合も、はじめにメンバー登録ください)登録後、認証URLを記載したメールが送られますので、パスワードを設定してください。※認証メールが迷惑メールボックスに入っている場合があります。あわせてご確認ください。, ※登録を行いますと、せかいじゅうの利用規約、プライバシーポリシーに同意したことになります。, せかいじゅうは「海外へ出たい日本人」と「海外で暮らす日本人」が繋がるコミュニティマーケットプレイスです。, 「一人の人生、一つの国。」そんな時代は終わった。 日本だけでしか、暮らしたことがないなんて、つまらない。 海を越え、世界へ移動し、生きる。 多くの未知なる体験と挑戦、大いなる喜びと温かい家族、 新しい人生がそこには待っている。, 世界中に住む日本人すべてがプランナーとなり、各国でのライフプランを直接せかいじゅうメンバーへ提案する、そんな面白い時代を一緒に作りましょう。, 治安についてそこまで危険だとは言えませんが、それでも宗教色が強く、貧困も根強いこの国、最低限の注意事項だけ頭に入れて、観光しましょう。, モスクなど「宗教色の強い場所」や、イベント会場やスポーツスタジアム、ショッピングモールなど「人が多く集まる場所」は避けるべきでしょう, 移動は近距離以外、基本はUberなどタクシーで。(近距離ならリキシャ(人力車)でも良いです), 外で目立った見た目や行動はしない。例えば、ムスリムの国なので、外でアルコールを見える形で持ち歩いたり、ましてや飲んだりしない。また女性は足首や胸元、できれば肩も隠れるような服装をする。大切なのは”外国人”として広く認識されるようなことをしないこと。. バングラデシュの一大経済都市:ダッカの旅行に関する最新の旅行情報を、現地のhis バングラデシュ支店がご紹介します。文明の交差点と言われ民族と宗教が多様に交じるダッカの観光スポットのご紹介や、日本人にもおすすめのレストランやホテルをご予約手配致します。 バングラデシュ人民共和国と日本の時差は、3時間です。 日本の方がバングラデシュ人民共和国より、3時間進んでいます。 バングラデシュ人民共和国の治安は?安全?危険? バングラデシュの治安はそこまでよく無いでしょう。 外務省の海外安全ホームページでの危険度も「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」と設定され、近年のisisによる南・東南アジアでのテロ激化もあり、バングラデシュへの渡航は、残念ながら今はオススメとは言えません。 地球の歩き方がバングラデシュの安全、防犯、トラブルに関する治安情報をご案内。旅行時に巻き込まれやすい犯罪やトラブルの際の注意事項、緊急時の連絡先など、いざという時のために、安全に旅行を楽しむために役立つ情報満載です。 バングラデシュのイスラム教は危険か? 先日のアルジェリアにおける人質拘束事件で、なんどか日本から「イ スラム国であるバングラデシュの安全性はどうなのか? 」という話を受けます。 「選挙日」 バングラデシュの観光スポットまとめ。ごちゃっとした街並みを歩くと、初めてきたのにどこか懐かしいような、でもちょっとだけカオス感が味わえるのがバングラデシュの特徴。東南アジア好きにはたまらないバングラデシュの観光スポットをご紹介します。 ダッカの治安. 空港や観光名所で親しげに声を掛けてくる人物にはついていかない。また,荷物を運ばせない。 旅先で出会ったバングラデシュ人の家に招待された際は十分に警戒する。また,安易に査証(ビザ)発給のための保証人にならない。 また、バングラデシュの治安の危険度に関する様々な情報が行き交っているのです。 そのため、バングラデシュ旅行の前には、しっかり治安の危険度や観光の際の注意点などを把握しておく必要があります。 自分が考えるバングラデシュの魅力は 1.国民性が親切で人懐っこいのでたくさんの方との触れ合いができる 2.親日国なので歓迎度がハンパない 3.外国人観光客がいないから観光地化されていない 4.外国人観光客がいないから注目される žã«ãŠã‘るデング熱の流行(感染が疑われる場合には、早期に医療機関を受診してください。)(その2), 狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ. 外国人がいない国・カオスの国といわれるバングラデシュ。未知なる部分が多いですがどんな国なのでしょうか。危険で治安が悪いという印象の方も多いのでは?今回はバングラデシュの治安や注意すること、女性は旅しやすいのか、などについて詳しく掘り下げてお伝えします。 生活 バングラデシュは日本人観光客も少なく、あまり華やかなイメージはないかもしれませんが、バングラデシュの人は親切な人が多いです。 現地の習慣や文化を理解して、バングラデシュの人々と交流してみるのもいいでしょう。 C、C、C、Crazy!?!? 「クレイジージャーニー?何それ?美味しいの???」 そんな状態なら今すぐに動画サイト、DVD購入してみましょう!すぐに映画「スラムドッグ$ミリオネア」の挿入歌が頭の中で再生されますね。是非、曲を聴きながらこの記事を読んでみてください! バングラデシュ