福井県に注目した、警察庁が発表している、2008年(平成20年)から2019年(令和元年)までの毎年の交通事故による死者数と人口10万人当たりの死者数の推移を都道府県別に一覧にしました。 10月の交通事故発生件数は、前年同月比87%となり、前年同月との減少幅が3月以降で最も小さくなった。(図表1) 1月から10月までの全国の交通事故発生件数累計では、前年(2019年)の312,503件に対して、今年(2020年)は249,106件で前年比80%。 HOME » 交通事故の基礎知識 » 交通事故は減っている?交通事故件数は減少傾向続く。死者数は?, 警察庁統計によると、日本の交通事故による死者数のピークは1970年の16,765人。当時は“交通戦争”と呼ばれる、事故が多発していた時代でした。 *[参考] 全国移動人口動向の10月前年同週比(V-RESAS)=第1週▲13%、第2週▲12%、第3週▲11%、第4週▲10%, 本記事のPDF版はここからダウンロードして下さい。 交通事故件数や特徴を知り事故抑止 「交通事故日報・月報」等から、交通事故の発生状況を掲載。当事者にならないために! 2020年のデーターは暫定数で修正される場合があります。 コロナ禍での交通事故の発生状況-10月 交通事故発生件数と死者数の推移. ※取り上げてほしいテーマ/情報等がありましたら、または、ご質問、ご意見は、当ページの右上、または最下部のお問い合わせからお願い致します。, 〒102-0074東京都千代田区九段南2-3-18トヨタ九段ビル電話:03-3264-6021FAX:0332642636. Copyright © Gendai Mobility Research Co., Ltd. All rights reserved. 中部における事業用自動車の人身事故発生件数の推移 ※出典:(公財)交通事故総合分析センター(イタルダ)及び中部運輸局資料 5 (h30指標) 119 (h30指標) 895 (h30指標) 2,148 3,213 3,328 3,313 3,134 3,038 3,087 2,720 2,594 2,544 2,630 2,000 2,200 2,400 2,600 2,800 3,000 3,200 3,400 3,600 【交通事故死者数(24時間死者数),交通事故発生件数,負傷者数の推移】 昭和45年に交通事故死者数は,史上最悪の1万6,765人を記録. 第14回 増えるか、モビリティ企業の「なでしこ銘柄」 https://www.police.pref.saitama.lg.jp/f0011/kotsu/kotutokei.html 交通死亡事故発生カレンダー2020年版(pdf:84.9kb) 2019年中の岐阜県内における「交通死亡事故の発生状況」や過去の交通死亡事故発生日等から分析した「交通死亡事故発生危険日」を2020年版のカレ … もっとも事故の発生する都道府県と発生しにくい都道府県を比較すると、5倍以上も頻度が変わってくる。 自分の住んでいる地域が交通事故の起こりやすいところかどうか知っておくことが大事だ。もし起こりやすい地域とわかっていれば、より注意して運転するようになるからだ。 保有台数は平成30年8月末時点における「自動車検査登録情報協会」のデータがベースになっている。 さらに詳しく市町村別に交通事故死者数を知 … 公益財団法人交通事故総合分析センター(itarda)が発表した交通事故統計年報によると、12月は1年のうちで最も交通事故の発生件数が多い月である。12月にはどのような交通事故が発生しているのだろうか。その特徴や傾向を分析し、原因や予防策について考えてみよう。 【交通事故死者数(24時間死者数),交通事故発生件数,負傷者数の推移】 昭和45年に交通事故死者数は,史上最悪の1万6,765人を記録. 一方で、交通事故発生件数のピークは、2004年の952,720件です。 交通安全対策基本法が45年に制定され,同法に基づく交通安全基本計画を46年以降5年ごとに策定。 (別途Adobe Acrobat Readerが必要になります), 我が国の省庁等、政府系機関からは日々多種多様な情報が発信されます。(株)現代文化研究所はその中から広くモビリティに関する注目情報を所定期間にわたりピックアップ、テーマを設定しその切り口から関連情報を整理し、お伝えするものです。, 直近5回の配信内容 警察庁は9月10日、8月の交通事故発生件数が前年同月比20.1%減の2万4693件と発表した。依然として減少傾向にある。 第12回 2020年度4-6月の国内旅行消費額は前年同期比83%減 Top > Blog > ドローンの飛行許可申請件数と事故報告件数の推移(2020年10月末時点) 作成日:2020年10月20日15:58, 更新日:2020年12月1日16:00 ... 2020/12/01 国土交通省のデータを10月末時点の物に修 … 第13回 コロナ禍での交通事故の発生状況-9月 事業用トラックが第1当事者となる死亡事故件数(令和2年10月末現在) (2020/11/17) 令和2年(1~6月)の交通事故統計分析結果(発生地別) (2019/10/26) 事業用トラックが第1当事者となる死亡事故件数(令和2年9月末現在) (2020/10/15) 事業用トラックが第1当事者となる死亡事故件数(令 … 2020/08/21: タクシー交通事故の推移 タクシー交通事故件数(都道府県別、~2019年) タクシー走行キロ当たり交通事故の推移(~2015年) 事業用自動車の重大事故発生状況の推移(~2018年) 2020/08/21: 健康状態に起因する事故、「過労死」等 グラフィック・図解: 2019年に全国で起きた交通事故による死者数が前年比317人(9.0%)減の3215人だったことが6日、警察庁のまとめで分かった。 更新日:2020年10月7日 ... 年推移 2010年 2011年 2012年 ... 都内における高齢運転者が第1当事者となる交通事故発生件数は10年前に比べ減少していますが、高齢運転者による事故の割合は年々増加傾向にあ … 18~2020~22 (77) (75) 10 (100) 16~18 死者数 5 48,546 6~8 2~4 143 309 (1) 交通事故発生件数等の推移(各年12月末の数値) (2) 時間帯別死者数 計 16 6 14 15 9 1 都内の交通事故発生状況 11 18 13 発生件数 死者数 32,412 (指数) (77) 軽傷者数 (指数) 区 別 48,855 月別では、交通事故件数は1~3月、2万7000件台で推移していたが、緊急事態宣言が出された4月は、2万805件と約7000件も減った。 1.事故件数 ・2019年の死亡事故件数は239件で、2018年(対前年)より 14件、2011年より 108件減少している。 ・死亡事故件数は減少傾向にある。 ・営業用トラック1,316,028台(2019年12月末現在、トレーラ及び軽自動車を除く)に対する1万台当たり死亡事故件数 交通事故死者数と交通事故発生件数、ギャップがあり一見不釣り合いに見える2つの数字が残っている背景には、何があるのでしょうか?, 交通事故による死亡者数は、2000(平成12)年を境にして14年連続で減少していました。2015(平成27)年に死亡者数は4,117人となり、わずか4人ながら前年度から増加に転じました。, 一方で、交通事故件数は2004(平成16)年以降、減少傾向にあります。2015年は前年より37,053件減少し、536,789件を記録しています。, 交通事故件数の減少に対して、交通事故死亡者数が増加した要因を、警察庁は「事故に遭った際の致死率が高い高齢者の人口が増加している」と指摘しています。, 政府統計「道路の交通に関する統計」によると、2015(平成27)年の高齢者の死者数は前年の2014年から54人増加しています。, 死者数に占める高齢者の割合も54%を超えており、内閣府は交通安全対策として「高齢者や歩行者の安全確保を図るための交通安全教育や街頭活動、悪質・危険な違反の取り締まり、計画的な交通安全施設の整備などの総合的な交通事故防止策を強力に推進」することを発表しています。, しかしわずかに増えたとはいえ、大きな流れを見ると、交通事故による死亡者数は減少傾向にあることは確かです。, 近年の交通事故死亡者数は、昭和40年代(1965~74年)の“交通戦争”と呼ばれた交通事故が多発していた時期と比較すると、約4分の1にまで減っています。, 交通事故死亡者のピークは1970年の16,765人で、その後減少を続け1979年には8,466人とほぼ半減します。, しかしその後一旦増加に転じ、1988年には再び1万人を超えて1992年には11,452人となり、また20年以上かけて約3分の1程度にまで減少しています。, 一方で交通事故発生件数に焦点を当ててみると、死亡者数とは違う経緯をたどっていることが分かります。, 死亡者数がピークの1970年の発生件数は718,080件、その後1977年に460,649件まで減少しますが、その後2000年代にかけて増加の一途をたどり、ピークは2004年の952,720件となっています。, 2015年の発生件数は536,789件と大幅に減少してきていますが、“交通戦争”の時代の4分の3程度にまで改善されたに過ぎません。, 事故発生、死亡者数の推移の背景には、自動車の安全性能向上や、交通状況の整備、警察による取り締まり強化に加え、国民の年齢構成の変化などが複雑に絡み合っているようです。, しかしながら、全体として交通事故が減少しているのは確かです。交通の安全に寄与していると考えられる事由をいくつか取り上げてみましょう。, 自動車の安全性能向上は、日本国内だけでなく世界中の自動車メーカーが取り組んでいることです。, シートベルト着用を始め、エアバック装着や自動ブレーキシステムといった分かりやすい安全機能の他にも、事故を起こした場合にボディが潰れることで衝撃を吸収し、乗っている人間への衝撃を和らげる車体構造など、昔と同じ状況で事故を起こしたとしても運転者や同乗者への衝撃を低減させる取り組みがなされています。, 交通事故死者数が年間10,000人を超え、“第二次交通戦争”とも呼ばれる1988年以降、たとえ事故を起こしてしまったとしても、なるべく運転手や同乗者の命を守りたい、後遺障害が起こらないような車を選びたい、という機運が生まれました。, 国土交通省と自動車事故対策機構は、安全な車が作られ選ばれることを目的に、「自動車アセスメント(JNCAP=Japan New Car Assessment Program)」を1995年から実施しています。, 市販車の安全性について、さまざまな試験を行い評価し、その結果を公表することで、車選びの判断材料とすることが狙いで、試験項目は年を追うごとに追加されています。, この試験には、乗員保護性能評価(複数のシチュエーションを模擬した衝突試験、感電保護性能評価試験など)、歩行者保護性能試験(頭部保護性能試験、脚部保護性能試験)、座席ベルトの非着用時警報装置評価試験、後席シートベルト使用性評価試験、ブレーキ性能試験などがあります。, これらの結果は総合的に評価され、☆の数で車種ごとに公表されていますので、安全性を重視して車を購入したいと考える場合に参考になるでしょう。, 自動車事故対策機構は、自動ブレーキや車線はみ出し警報など先進安全技術の普及を踏まえ、2014年からは予防安全性能アセスメントの公表も始めています。, これは被害軽減ブレーキ(AEBS=Autonomous Emergency Braking System)や車線逸脱警報装置(LDWS=Lane Departure Warning System)の試験を行い、総合評価で点数が付けられるものです。, 最新技術を応用したレーダーやカメラなどを組み合わせたこれらの取り組みにより、衝突などの自動車事故を減らし、運転手や同乗者、歩行者の安全性を高めることが期待されています。, 自動車の技術・性能博覧会とも言える「東京モーターショー」では、数年前までの省エネ性を競う風潮から、安全性向上技術がより重視されるようになり、自動運転の実現に向けた技術開発も多く発表されています。, 警察による交通違反取り締まりの強化と、違反者に対する刑罰の厳罰化も、交通事故死亡者数減少の理由となるのでしょうか。, 交通事故ゼロを目指す警察は、交通事故発生防止のためにさまざまな取り締まりを行っています。, 長年のノウハウによって事故が発生しやすいポイントを押さえた、より効率的な取り締まりが行われるなど、交通事故減少の一役を担っていると言えます。, しかし一方で、警察庁の発表データによると、交通違反取り締まりの件数は減少しています。, 交通違反取り締まり件数を1979(昭和54)年を100とした指数で見ると、1984年の120をピークにして減少傾向となり、1989年に77と100を下回り、多少の増減はあるものの2014年には64と指数算出以来最低水準になっているのです。, 2006年の道路交通法改正により、違法駐車の取り締まりが民間に開放されましたが、特に取り締まり件数が増減した様子はありません。, 1999年には運転中の携帯電話の通話とカーナビの操作が禁止となり、翌年にはチャイルドシートが義務化されました。, 大きな変化としては2002年の道路交通法改正で、危険運転致死傷ができ、飲酒運転の厳罰化が行われました。, また2006年には放置違反金がスタートし、翌年には飲酒運転の罰則が新設されています。, 特に飲酒運転の罰則は強化が続けられていて、酒酔い運転は2002年5月までは“2年以下の懲役または10万円の罰金”だったものが、同年6月からは“3年以下の懲役または50万円以下の罰金”、2007年9月からは“5年以下の懲役または100万円以下の罰金”となっています。, また飲酒運転の罰則として、車両提供罪、酒類提供罪、同乗罪、飲酒検知拒否罪が新設され、2009年には免許欠格期間の延長などでさらに厳罰化されて現在に至ります。, その結果、2014年までの10年間で飲酒事故件数は13,878件から4,155件へ、飲酒死亡事故件数は709件から227件へと大幅に減少しました。, 高齢者人口の増加やシートベルト着用率の頭打ち、飲酒運転による交通事故件数の下げ止まりによって、死者数が減りにくい状況だとも指摘されています。, 一方で中央交通安全対策会議では、2020年までに交通事故死者数を2,500人以下とし、世界一安全な道路交通を実現するという、第10次交通安全基本計画をスタートさせました。, 先端技術や情報の積極的な活用で、道路交通の安全が期待されるところですが、飲酒運転やシートベルトをしないというのは、運転手の意識が低いままだということです。普通に生活して外に出る限り、交通事故に巻き込まれる可能性は誰にでもあります。, 交通事故死者数減少の大きな流れを断ち切ってしまわないように、交通安全に関する意識を高めることが必要でしょう。, 「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。, 24時間365日ご相談受付 【春の全国交通安全運動期間中の交通事故発生状況】 春の全国交通安全運動期間中における交通事故の発生状況について公表しています。 令和 2 年(2020) 公表日:令和 2年4月17日 令和 元 年(2019) 公表日:令和 元年5月21日 警察庁は2020年2月14日付で、2019年中の交通事故の状況を精査した報告書となる「令和元年における交通死亡事故の発生状況等について」を公開した(【警察庁リリース発表ページ】)。今回はこの公開値を基に、年齢階層別の交通事故による死者数を複数の切り口でグラフ化した上で 交通安全白書は、交通安全対策基本法(昭和45年法律第110号)第13条の規定に基づき、毎年国会に提出することとされている年次報告書。昭和46年から報告しており、今回は50回目となる。 (参考)交通安全対策基本法第13条 交通事故件数の推移 2019年中に発生した交通事故全体の件数(人身事故件数)は381,237件であり、そのうち、事業用自動車の交 通事故件数は27,884件となった。 令和2年12月10日現在の交通事故発生状況; 区分 発生件数 死者数 負傷者数; 令和2年12月10日: 49件: 0人: 56人: 本年累計: 12,006件 【交通事故死者数(24時間死者数),交通事故発生件数,負傷者数の推移】 昭和45年に交通事故死者数は,史上最悪の1万6,765人を記録. 着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。, 交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。. 道路の交通に関する統計は、道路交通法第2条第1項第1号に規定する道路上において、車両、路面電車及び列車の交通によって起こされた人の死亡又は負傷を伴う事故を対象とし、全国の都道府県警察から報告された資料により作成した公的統計です。 道路の交通に関する統計は、道路交通法第2条第1項第1号に規定する道路上において、車両、路面電車及び列車の交通によって起こされた人の死亡又は負傷を伴う事故を対象とし、全国の都道府県警察から報告された資料により作成した公的統計です。 4-8 業態別の疑わしい取引の届出件数の推移(平成26~30年) [第5章関連] 5-1 交通事故発生状況の推移(昭和41~平成30年) 5-2 都道府県別の交通事故発生状況(平成30年) 5-3 昼夜別・道路種類別の死亡事故件数(平成30年) 第15回 「ビヨンド・ゼロ(温暖化ガスゼロ)」実現に向けて 交通事故の発生状況(2019年) 発生件数は3万0836件、負傷者数は3万7011人 死者数は156人 発生状況(2020年) 人身事故件数 発生数 発生数 10月末-216 増減数-8.5-27.8 24,045 7 交 通 部 令和2年11 月11 日 交通死亡事故発生状況 10月中 死亡事故は、123件 127人で 増減率 令和2年10月末の交通事故 期 間 (令和2年10月末 確定数) 増減率 12月 ・ 10月11月 合 計 ・ ・ 10月の交通事故発生件数は、前年同月比87%となり、前年同月との減少幅が3月以降で最も小さくなった。(図表1) 1月から10月までの全国の交通事故発生件数累計では、前年(2019年)の312,503件に対して、今年(2020年)は249,106件で前年比80%。 1.事故件数 ・2020年1~6月の死亡事故件数は103件となっている。 ・当該ペースで死亡事故件数が推移し、年間206件(103件×2)となった場合、営業用トラック1,316,867台(2020年4月 通事故件数は30,818件となった。(事業用自動車が第一当事者である人身事故件数) 各モードとも交通事故件数は減少しているが、減少率の低下が見られる。 交通事故全体と事業自動車の交通事故の推移 各モードの交通事故の推移 出典:警察庁「交通統計」 警察庁は、2019年の交通事故死者数に関する統計資料を発表した。それによると、2019年の死者数は3215人。2018年の3532人と比較すると317人減少した。一方、高齢者の死者数は減少しているものの、全体の5割以上を占めている。 道路の交通に関する統計は、道路交通法第2条第1項第1号に規定する道路上において、車両、路面電車及び列車の交通によって起こされた人の死亡又は負傷を伴う事故を対象とし、全国の都道府県警察から報告された資料により作成した公的統計です。 交通安全白書とは. 表1-1 交通事故発生状況 表1-2 月別交通事故発生状況 表2-1 月別死者数の推移 増減数 増減率 増減数 増減率 発生件数(速報値) 24,693 -6,203 -20.1 195,131 -54,308 -21.8 うち死亡事故件数(確定値) 193 -76 -28.3 1,712 -161 -8.6 死者数(確定値) 197 -81 -29.1 1,745 -180 -9.4 交通安全対策基本法が45年に制定され,同法に基づく交通安全基本計画を46年以降5年ごとに策定。 市場分析・マーケティングの現代文化研究所 - ニュース&モビリティレポート - コロナ禍での交通事故の発生状況-10月, 現在の交通事故発生件数の推移とコロナ禍による外出率低下(*)の状況等から、年間の交通事故発生件数は昨年を下回るのは、ほぼ確実だが、秋から冬にかけては日没が早くなり、夕暮れ時の事故が増える傾向にある。日が沈み、薄暮となる夕暮れ時は、視認性が低下するため、運転する側からは「歩行者や自転車を見つけにくい」「他のクルマとの距離が読みとりにくい」といった要因により、年間を通して一日のうちで最も交通事故が発生しやすい時間帯でもある。地域や年代を問わず、日頃にも増して安全運転が求められる。 テレビやネットなどのニュースでは高齢者の自動車事故がよく取り上げてられているのですが、高齢者の自動車事故の統計と原因、対策と推移や事故率、事故件数を詳しくまとめましたので最新の年齢別の事故データを元に紹介します。高齢者と年齢別の交通死亡事故 第11回 内閣府の宇宙利用に関する懇談会が報告書を発表 交通事故による死亡者数は、2000(平成12)年を境にして14年連続で減少していました。2015(平成27)年に死亡者数は4,117人となり、わずか4人ながら前年度から増加 … 事業用トラックが第1当事者となる死亡事故件数(令和2年10月末現在) (2020/11/17) 令和2年(1~6月)の交通事故統計分析結果(発生地別) (2019/10/26) 事業用トラックが第1当事者となる死亡事故件数(令和2年9月末現在) (2020/10/15) 事業用トラックが第1当事者となる死亡事故件数(令 … 当日発生件数:4件 ; 累計件数:5,708件(-1,398) 交通事故関係統計・分析 (※) はじめてご利用される方は、「ご利用上の注意」をお読みください。 日報 令和2年12月13日現在(概数) 発生件数. 10月の交通事故発生件数は、前年同月比87%となり、前年同月との減少幅が3月以降で最も小さくなった。(図表1), 1月から10月までの全国の交通事故発生件数累計では、前年(2019年)の312,503件に対して、今年(2020年)は249,106件で前年比80%。(図表2-左上棒グラフ), 都道府県別の交通事故発生件数(1~10月累計)の対前年比は、秋田、神奈川、新潟、岡山で86%以上だが、山梨、沖縄では70%以下となっている。(図表2-都道府県別地図). 交通事故は、いつの時代もなくならないものです。けれども、2017年の交通事故発生件数は472,165件で、昭和30年代の交通戦争と呼ばれた時期と比べると実は大幅に減少しているのです。これはいったいどういうわけなのでしょうか。今回は、交通事故 交通事故による死亡者数は、2000(平成12)年を境にして14年連続で減少していました。2015(平成27)年に死亡者数は4,117人となり、わずか4人ながら前年度から増加に転じました。 一方で、交通事故件数は2004(平成16)年以降、減少傾向にあります。2015年は前年より37,053件減少し、536,789件を記録しています。 交通事故件数の減少に対して、交通事故死亡者数が増加した要因を、警察庁は「事故に遭った際の致死 …